今夜も生でさだまさし ヒロシまさしのお好みナイト!

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年2月4日(日) 0:05~ 1:37
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

さだまさしは番組のスタッフが放送開始のカウントダウンをしてからオープニングトークをするのを初めて見たと語り、寒い中で集まってくれたファンに感謝した。

オープニング映像。

キーワード
NHK
長崎市(長崎)
NHK広島放送局

ヒロシまさしのお好みナイト! (バラエティ/情報)
00:07~

放送作家の井上知幸はスタッフによるオープニングについて、芸人のヒロシにオファーしたが結婚式のため、流れてしまったと明かした。今回の舞台はNHK広島放送局の一階、メディアプラザからお届けする。観覧客の中には広島カープファンがいて、ヤクルトファンのさだは「昨シーズンのような体たらくなく、Bクラスを抜け出そうと精一杯やっております」と訴えた。既にヤクルトスワローズの投手陣と決起集会を行い、やる気に満ち満ちているという。次にさだは百観音明治寺で節分会を行ったこと、スーパー・ブルー・ブラッドムーンの写真、上述した決起集会で書き記した決意のサインを紹介。井上は「ここ、広島なんですけど」とツッコミ。すると、カープ担当の職員がユニフォーム姿で登場した。

カナダ・トロントからのお手紙を紹介。なお、手紙は表面が湿った状態にあり、、その手紙を受け取った郵便局からはなるべく乾燥させたが、大切な郵便物をこのような状態で郵送することを深くお詫び申し上げますと綴られ、さだまさしは日本郵便の心遣いに感謝した。次の手紙は元祖カープ女子を自称する方からで、さだまさしは仲が良かった高橋慶彦の結婚式の司会を務め、歌も披露したと明かした。その前日、前々日にもプロ野球選手の結婚式があったという。また、長崎弁を標準語を思っていた経験について、さだは「なおすを標準語と思っていた」と吐露。意味は「片付ける」だが、何かが壊れていたのかと思われたという。

さだまさしは節分ということで観客に向けて豆撒き(袋詰)を行った。放送作家の井上知幸と職員の方は外で待っているファンにも豆まき。お便りの紹介を再開したところ、さだが読み上げたハガキの送り主が観覧客の女性の知り合いだった。広島のある地域ではサメが食されているようで、「ワニ」と呼称されるという。井上知幸、住吉昇はサメはないが、ワニの肉を食べたことがあると明かした。

広島市の方からのお便りは2007年にさだまさしのコンサートを鑑賞したという内容で、映像で加山雄三の背中にアブラゼミが止まっていたのを発見したという。さだも当時のことを覚えていた。岐阜・岐阜市の方からのお手紙は広島の特産品に牡蠣があるが、県民500人を対象にした調査で牡蠣を正しく書けたのは3人に1人だったという。広島市の方からのお手紙は広島市ではつばめタクシーがカープの絵柄で走っているという。さだは江藤愼一、衣笠祥雄、張本勲の飲み会に囲まれて酒を飲んだエピソードを語り、野球談義で盛り上がったと述べた。

NHK広島放送局から見た、広島市内の現在の映像が流れた。

千葉・鎌ヶ谷市の中学生からの手紙には冬休みに作った俳句が記され、「朝ごはん 家族全員 会話なし」というもの。さだまさしは母親はいつ寝ているのかと思っていたというエピソードから働き方改革に言及し、NHKの会長には「私の働き方改革は?」と物申した。さらにさだはインフルエンザに罹った場合、番組は誰が代行してくれるのかと疑問を呈し、歌が歌えて、ハガキを読める人材は誰かを考え、前者は若旦那、後者を柳家一琴が担当することを提案。さらにヒロシ風の寸劇を披露した。

東京・町田市の方からの手紙は血管推定年齢が99歳で驚いたところ、測定した機械に年齢を95歳と誤入力していたというオチ。兵庫・神戸市の方からは40年前の中学進学が今も印象に残っているという内容で、さだは受験生に向けてエールを送り、無遠慮に咳やくしゃみをする人に苦言を呈し、「侍だったら斬ってる」と述べた。また、高校の恩師が三島由紀夫、岩波書店のファンで、さだは岩波の図書に連載を始めたところ、祝福してくれたと明かした。広島市の方からの手紙は前方を走っていた車のカーナンバーが偶然にもへそくり口座の暗証番号で、肝を冷やしたというもの。

長崎・佐世保市からの手紙から、さだまさしは「ホームランバー」に良く当たったエピソードを紹介。埼玉・北区の方からの手紙は1月の大雪で、金柑の葉に氷柱ができていて驚いたという内容で、当日、さだはいち早く冬タイヤに交換して置いたと明かした。放送作家の井上知幸は首都高速道路を走行して家に向かおうと思ったが、嫌な予感がして回避して正解だったと振り返った。さだは視聴者に向け、体調管理に気をつけてと呼びかけた。広島市の小学4年生からの手紙は朝三暮四という四字熟語を母親が小三模試と聞き間違えたり、夜空の月を地球と言い間違えたりしているという。

開局90周年を迎えた広島放送局のPR。広島人は広島カープの試合に熱狂していて、同放送局でパブリックビューイングをすることもある。そんな広島の特産品はお好み焼きで、基本形は「肉玉そば」と呼ばれる。また、広島弁「たちまち」の意味は「とりあえず」。また、NHK広島放送局は原爆投下の影響を受けていて、死者も出した。だが、原爆投下から24時間後には放送を再開したという。今夏には「夕凪の街 桜の国2018」が放送される。3月10日に「NHK交響楽団 呉公演」、29日には「レッドシンフォニー ~”赤”につながる音の旅~」が開催。

埼玉・川口市の方からのお手紙は原爆投下の記憶が風化しつつあるというもので、長崎出身のさだまさしは長崎の方からのお手紙を紹介。原爆投下の時間には野球の試合中でも中断となり、黙祷が捧げられる。また、原爆資料館では子供に配慮して悲惨さを物語る展示物を控えるということについて、さだは「放射能災害は世界中にあるが、戦争で核兵器を使われたということを伝えていかねばならないことは長崎県民として思っている」と語った。また、オバマ前大統領の広島訪問には涙が止まらなかったといい、さだは長崎訪問も希望した。

岐阜・大垣市の方からは月の満ち欠けに関する内容で、さだは先のスーパー・ブルー・ブラッドムーンに感嘆したという。お便りの中にはファミリーマートの入店音の歌詞「生まれたてのさだまさし」に関するものがあった。ある投稿者は入店時に歌詞を思い出して爆笑を禁じ得ず、防犯カメラに捉えられて要注意人物として認定されることを危惧して、セブンイレブンで用を済ませているという。

年の暮れに車に衝突され、療養中の女性からのお手紙を紹介し、さだはご自愛くださいと語った。医療関係の手紙が続き、さだまさしは健康対策として5分毎に水分を摂取すると、風邪菌が胃酸で溶けてしまうらしいと語った。また、お茶でうがいもオススメだという。東京・あきる野市からの投稿者は特別養護老人ホームに勤務していて、さだは昨夜は節分のイベントをやったのだろうと思いを馳せた。すると節分の掛け声を考察し、「福は外にあり、鬼は内にある。人間の心を言うのだろう」と語った。そして、人手不足に苦しむ中で高齢者に粉骨砕身する介護についても語り、さだは「一部の変な奴が変なことをすると、全部が悪いと言われてしまう」と述べた。

さだまさしは「いにしへ」を披露した。

さだはギターを弾くと爪が削れてしまうことがあり、全ての指にマニキュアを塗っていると明かした。また、小指について良く聞かれることがあるが、野球で骨折したためだという。

広島市の方のお手紙は音響効果の住吉昇を絶賛するもので、スタッフの皆さんによって成り立っている番組と綴られていた。また、2007年、原爆投下日に広島でコンサートを開催してくれたのは感無量だったという。そして、核はあってはならない存在とも記載されていた。

今夜も生でさだまさしスペシャル ~さだフェス2018~の番組宣伝。

東京・江戸川区の方は地図製作に携わっていて、大手企業の工場が海外移転にするに伴い、地図から工場を消すときは胸が痛むという。跡地にできるのは高層マンションなどで、日本の人口が減少している中で投資目的に建設されるマンションはバブルが弾けた時に心配になるという。また、不足するトラックドライバーについても思いを馳せている。さだは「日本は何を売ろうとしているのか。私たちが求めている便利と引き換えに何を失えばいいんでしょうか」と語り、「3月の放送でお目にかかりましょう」と締めくくった。だが、残り20秒あり、観覧客に体調に注意するよう呼びかけた。

キーワード
ヒロシ
NHK広島放送局
広島カープ
ヤクルトスワローズ
石川雅規
百観音明治寺
節分会
スーパー・ブルー・ブラッドムーン
トロント(カナダ)
日本郵便
高橋慶彦
長嶋清幸
川口和久
広島市(広島)
節分
三好市(広島)
ワニガメ
サメ
ワニ
安芸高田市(広島)
加山雄三
岐阜市(岐阜)
牡蠣
つばめタクシー
江藤愼一
衣笠祥雄
張本勲
原爆ドーム
鎌ヶ谷市(千葉)
マツダスタジアム
働き方改革
インフルエンザ
若旦那
柳家一琴
町田市(東京)
神戸市(兵庫)
三島由紀夫
岩波書店
ホームランバー
佐世保市(長崎)
甲府市(山梨)
北区(埼玉)
羽田空港
首都高速道路
お好み焼き
夕凪の街 桜の国2018
こうの史代
NHK交響楽団 呉公演
レッドシンフォニー ~”赤”につながる音の旅~
川口市(埼玉)
原爆
原爆資料館
オバマ大統領
大垣市(岐阜)
大阪府
ファミリーマート
セブンイレブン
セブン-イレブン
佐倉市(栃木)
高田郡(静岡)
あきる野市(東京)
いにしへ
ICAN
今夜も生でさだまさし ホームページ
江戸川区(東京)
  1. 前回の放送
  2. 2月4日 放送
  3. 次回の放送