今夜も生でさだまさし 久慈だョ!じぇじぇじぇん員集合

『今夜も生でさだまさし』(こんやもなまでさだまさし)は、季節の節目ごと(2010年代からはほぼ毎月)にNHK総合テレビで未明(・早朝)に生放送するバラエティ番組。さだまさしの冠番組でもある。略称は「生さだ」「こんなま」。2006年元日から放送開始。2009年4月以降『今夜も生でさだまさし』の通しタイトル(シリーズ名)が用いられるようになった。本稿では、毎年年始の『年の初めはさだまさし』(としのはじめ-)や、通しタイトルが定められる以前の内容についても記す。海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されているが、第34弾までは番組編成の関係上、撮って出し形式による録画での放送(数日遅れ)がほとんどであった。その後、2011年5月1日放送の第35弾以降は日本国内とサイマル放送されるようになった(新春の放送はそれ以前から日本国内と同時放送されている)。2009年の第14弾以降はNHKオンデマンドでも放送後10日間(後に2週間に延長)、インターネットを通じて随時見ることができたが、2013年度からは配信が廃止された。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月24日(日) 0:05~ 1:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:05~

さだまさしらが電車内から挨拶をして、三陸鉄道の駒木健次駅長が登場した。駅には当選した人たちがおり、さだらを出迎えてタイトルコールを行った。

オープニング映像。さだまさしらは会場へ向かう。

キーワード
あまちゃん
三陸鉄道

久慈だョ!じぇじぇじぇん員集合 (バラエティ/情報)
00:08~

スタジオへ移動したさだまさしらは改めて挨拶した。今回は久慈駅の待合室から生放送していると紹介した。

八戸市に住んでいた人からのお便り、住んでいた時にとても美味しいものが多いが「ところ」という食べ物が不思議であると紹介。味は苦くて若者らは食べていないと会場の人は話す。また、幼い頃によく遊んだ友だちに呼びかけてほしいという依頼のお便りを紹介。他にも海女をしている人からお便りで、9月末まで海女の実演をやっていると話した。

久慈市巡りをしたばかりという方からお便り。巡っていた時、三陸鉄道を乗ろうとしたら地元の高校生らが一歩下がり、観光客を先に乗せてくれたなど紹介。昔の魚屋で炭火焼きで食べたやウニやマツタケをたくさんもらっていたなどのお便りを紹介。

鉄道旅行が趣味の人からお便り。東北6県を巡りを行っており三陸鉄道の久慈駅に出身地を貼れるシールがあり貼ったや三陸鉄道でまだ復興していないと状態で運賃表にも見て分かると紹介された。岩手で麺類が多いという話になりわんこそばでさだまさしは66杯食べたと明かした。

神奈川県に住んでいる人からのお便り、東北は「東日本大震災」や台風による水害で大きな被害が起きたが実家や友人宅は多くのボランティアや義援金でとても助かったと話していたと聞いていると紹介。

近隣に外国人の方が住んでいてもおかしくなくなったというお便りを紹介。近所に住んでいる中国系の人はとてもフレンドリーである日、家を訪ねてきてぶどうをくれたが「会社のワイロだから大丈夫」と言われたと紹介。

仕事の研修で入ったお店で思わずありがとうと言いたくなった事というテーマで話し合ったという方からお便りを紹介。ある人がファミマで「ガリガリ君」を買った時、袋をいらないと言ったらガリガリ君の中身を取り出して手渡されたと話した。

盛岡局からのPR。三陸鉄道について「東日本大震災」によりJR山田線はまだ断線の状態であるが、2018年からその部分も三陸鉄道になり一つの路線になるや「こたつ列車」が冬に運行するなど伝えた。また、昨年まで海女として活動していた根井さんを紹介し、「あまちゃん」の関連イベントについて紹介した。24日には「久慈あまちゃんマラソン」が行われ、ゲストランナーは猫ひろしで近くを走っていた猫ひろしが登場した。

席に戻るとスタジオでウニを言っていたら視聴者の人がウニを届けてくれたと紹介した。

高校教師をしていたの姉を持つ方からのお便り、姉が同僚とヨーロッパ旅行をしていた時、タクシーに乗る時行先をジェスチャーで伝えて伝わったなど紹介。小学生が鼻くそをほじくっていて先生に見つかった時、そのまま戻したというお便りや映画を見に行った時、エンドロールの時にスマホを取り出したおばさんがおり、隣に10歳位の娘が静かに下げさせていたなど紹介。

中学1年生の方からお便りで母親の誕生日を祝って欲しいというお便りを紹介。小学6年生の方からさだまさしの歌詞から想像を膨らませるのが好きで自由研究でさだまさしの歌詞を題材にやったがクラスメイトはさだまさしを知っている人は少なく、親御からしぶいなどの感想をもらったなど紹介。

秋の味覚である「さんま」について高騰し庶民の味じゃないという報道があったというお便りを紹介。さんまを諦めようと考えていると飼い猫が焼けたさんまを咥えていたという。妻が100kmマラソンに挑戦するという方からお便りでエールを送ってほしいと依頼。

歯科検診へ通っている方からお便り、親子がおり子供が「妹が歯並びが悪いから去勢する」と話すと、母親が間髪入れず「去勢は犬でしょ」とツッコミ、歯科検診で治療中で吹き出してしまったという。前回の放送は2時間で大満足だったという方からお便りを紹介するとさだまさしは2時間は長いと話した。

前回の放送でコーナーがとても面白かったというお便りを紹介。さだまさしのアルバムの配達を待っていたという方からのお便りで配達の確認の電話があり、その時は商品名を言われずホッとしたが、いざ受け取ったとき女性配達員の方から自分も購入していて、話がはずんだなど紹介した。他にもコンサートが楽しみであるや鹿を上手く描ける方法を教えてほしいというお便りがあり、画伯がレクチャーした。

さだまさしが「避難所の少年」を披露した。

シベリア抑留を経験した父親を持つ方からのお便り、父親は「マラリア」にかかり死を意識したが、回復して部隊に戻ったが間もなく終戦し、シベリアに送られたという。父親は戦争の話をあまりしない人だったなどと話す。

今夜も生でさだまさしの次回予告。

キーワード
久慈駅
あまちゃん
海女
ところ
八戸市(青森県)
久慈市(岩手)
小袖漁港
三陸鉄道
東日本大震災
冷麺
わんこそば
神奈川県
ポリープ
ファミマ
ガリガリ君
NHK盛岡
JR山田線
こたつ列車
なもみ
久慈あまちゃんマラソン
ウニ
方丈記
つば九郎
避難所の少年
さんま
シベリア抑留
マラリア

エンディング (その他)
01:34~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 9月24日 放送
  3. 次回の放送