先どり きょうの健康 増える血液がん 慢性骨髄性白血病

放送日 2015年3月7日(土) 4:15~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:15~

オープニング映像。

増える血液がん 慢性骨髄性白血病 (バラエティ/情報)
04:15~

慢性骨髄性白血病について伝える。慢性骨髄性白血病は現在は薬で治せる病気で、仕事も続けることができると伝えた。血液がんは高齢化によって増えてきており、代表的な血液がんを取り上げると伝えた。今日の専門家は浜松医科大学の大西一功だと伝えた。

慢性骨髄性白血病の治療で現在は飲み薬でコントロールすることができると伝えた。そこで白血病について伝える。血液を作っている仕組みについて伝えた。白血病は血液の生産ラインにエラーが起きて、異常な白血球が作られるようになるのが白血病だと伝えた。慢性骨髄性白血病の場合は造血幹細胞に異常が出ることで発症すると伝えた。ただ急性骨髄性白血病の場合だと週単位で症状が進行すると伝えた。

Eテレで放送中の「きょうの健康」、今後の放送予定をテロップ表示。

慢性骨髄性白血病の検診する場合の検査では遺伝子検査や染色体検査、骨髄検査、血液検査などを行うと伝えた。そこでそれぞれの検査の方法や詳細について伝えた。

慢性骨髄性白血病の治療について伝える。慢性骨髄性白血病では異常な細胞が作れなくなるようにタンパク質に分子標的薬を結合させる方法があると伝えた。分子標的薬は複数あり、現在はボスチニブという薬が2014年に出てきたと伝えた。またポナチニブという新しい薬も申請中だと伝えた。分子標的薬は飲み薬なので通院治療が可能だと伝えた。ただ副作用があり、貧血や発疹やむくみなどがあると伝えた。

NHKの健康情報WEBサイト「マイ健康」の告知テロップ。

Eテレで放送中の「きょうの健康」、今後の放送予定をテ ロップ表示。

Eテレ「きょうの健康」の次回放送の番組宣伝テロップ。

キーワード
慢性骨髄性白血病
浜松医科大学
急性骨髄性白血病
分子標的薬
ボスチニブ
ポナチニブ
マイ健康 ホームページ

エンディング (その他)
04:29~

放送内容が掲載されている「きょうの健康」テキストの告知。書店にない場合はNHK出版0570-000-321まで。電子版は、NHKテキスト電子版のホームページにて。

キーワード
NHKテキスト電子版
きょうの健康
  1. 前回の放送
  2. 3月7日 放送
  3. 次回の放送