先どり きょうの健康 「最新トピックス 腸の病気 これって過敏性腸症候群?」

放送日 2019年9月21日(土) 3:50~ 4:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

今回のテーマは最新トピックス 腸の病気。これって過敏性腸症候群?解説は札幌医科大学の仲瀬裕志。

キーワード
札幌医科大学
仲瀬裕志
過敏性腸症候群

先どり きょうの健康 (バラエティ/情報)
03:51~

NHK健康チャンネルのテロップ。

「きょうの健康」の番組宣伝。

今回のテーマは過敏性腸症候群。過敏性腸症候群とは腸が過敏になり、痛みや便通の異常がでることで、日本人の10~13%にみられる。原因の多くはストレスとされる。

過敏性腸症候群の主な症状は、腹痛など。これは脳と腸の動きの乱れによって引き起こされる。セロトニンの異常によって、過敏性腸症候群が起こるが、腸の粘膜の炎症や腸内細菌のバランスの崩れなどの組み合わせによって発症する。過敏性腸症候群はまじめで完璧主義で神経質、ストレスの多い人などがなりやすい。大事なのは十分な睡眠、規則正しい生活など。

過敏性腸症候群の検査の流れ。下痢などの兆候に加え、体重減少などの危険因子がある患者に対し、大腸内視鏡検査を行う。大腸がんなどの異常がなければ血液検査、便検査を行い、甲状腺機能異常などがなければ、過敏性腸症候群と診断される。

「きょうの健康」の番組宣伝。

NHK健康チャンネルのテロップ。

過敏性腸症候群の治療の基本は生活改善。食物繊維などを摂取したりする。生活改善でも症状が良くならなければ、下痢に治する5-HT3拮抗薬など、症状に合わせた治療を行う。また薬剤に加えて、プロバイオティクスで腸内環境を調える。これでもダメなら、食物アレルギー薬、抗うつ薬などの投与も考えるが、精神科医などと連携しながら行う。

「きょうの健康」の番組宣伝。

キーワード
NHK健康チャンネル
過敏性腸症候群
腹痛
下痢
便秘
セロトニン
大腸内視鏡検査
国立がん研究センター
甲状腺機能異常症
カルプロテクチン
大腸がん
5-HT3拮抗薬
抗コリン薬
粘膜上皮機能変容薬
食物繊維
プロバイオティクス
大建中湯

エンディング (その他)
04:04~

「きょうの健康テキスト」の案内。問い合わせはNHK出版(電話0570-000-321)まで。電子版も特設サイトから購入可能。

「きょうの健康」の番組宣伝。

出演者らによるエンディングの挨拶。

キーワード
きょうの健康テキスト
NHK出版
電子版
  1. 前回の放送
  2. 9月21日 放送
  3. 次回の放送