先どり きょうの健康 「糖尿病 一人一人の対策 まさか 私も糖尿病に?」

放送日 2019年8月24日(土) 4:15~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:15~

オープニング映像。テーマは糖尿病。推してくれるのは京都大学大学院教授の稲垣暢也。

キーワード
糖尿病
京都大学大学院
稲垣暢也

先どり きょうの健康 (バラエティ/情報)
04:15~

「きょうの健康」の番組宣伝。

今週は糖尿病の対策。教えてくれるのは京都大学大学院の稲垣教授。糖尿病は血糖値が異常に高くなる病気で、放置すると目・腎臓・神経の障害、心筋梗塞、脳梗塞になりやすくなる。糖尿病の患者は約1000万、予備軍も1000万人もいる。糖尿病は誰が発症してもおかしくない病気で、定期的に検査をすることが重要。国立国際医療研究センターなどが開発した糖尿病リスク予測ツールを使用すれば、3年以内に糖尿病を発症する予測をだしてくれる。

糖尿病には1型と2型があるが、ツールが予測するのは、約9割を占める2型で、利用できるのは30~59歳まで。Aさんのケース。糖尿病は肥満が重要な原因になるが、脂肪が血糖値を下げるインスリンの効きを悪くしてしまう。内臓脂肪型肥満は、高血圧、脂質異常症なども発症しやすくなり、これらが重なるとメタボリックシンドロームにつながる。また喫煙は糖尿病のリスクを38%上昇させると言われる。Aさんの場合は、食べすぎで運動不足で肥満がリスクを上げている。

「きょうの健康」の番組宣伝。

Bさんのケース。Bさんに肥満はないが、父親が長く糖尿病を患い、網膜症になり、心筋梗塞で死亡。また姉が最近糖尿病と診断された。両親か兄弟姉妹に1人でも糖尿病の人がいる場合、男性は2.0倍、女性は2.7倍、糖尿病を発症しやすいと言われている。2型糖尿病の発症には環境要因と遺伝要因が密接につながっている。遺伝する体質で重要なのが、血糖値を差が得るインスリンの分泌不足がある。糖尿病になりやすい体質であると自覚して、肥満にならないような食事や運動療法を心がける。

NHK健康チャンネルのテロップ。

糖尿病は血液検査で早期発見できる。空腹時の血糖値、随時血糖値、HbA1cの検査がよく行われる。家族が糖尿病をわずらっていたり、本人が肥満の場合は、糖尿病の診断基準より低い値をみて、ブドウ糖質負荷試験を受けることがおすすめ。

「きょうの健康」の番組宣伝。

キーワード
国立国際医療研究センター
糖尿病
糖尿病リスク予測ツール
心筋梗塞
脳梗塞
京都大学大学院
肥満
インスリン
メタボリックシンドローム
網膜症
NHK健康チャンネル
HbA1c
血糖値
ブドウ糖負荷試験

エンディング (その他)
04:29~

「きょうの健康 テキスト」の告知。

「きょうの健康」の番組宣伝。

エンディング。

キーワード
きょうの健康 テキスト
電子版
NHK出版
  1. 前回の放送
  2. 8月24日 放送
  3. 次回の放送