ブラタモリ 「熊野〜なぜ熊野は日本の聖地になった?〜」

『ブラタモリ』(英称:BURATAMORI、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。ステレオ放送、解説放送・ステレオ2音声(2016年4月30日放送分から実施)、文字多重放送、ハイビジョン放送を実施[※ 1]。 レギュラー版の放送時間は、第3シリーズまでは毎週木曜22:00 - 22:48[※ 2]であったが、第4シリーズからは毎週土曜19:30 - 20:15(いずれもJST)へと変更された。パイロット版や特番の放送時間は#番組の推移節などを参照。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月20日(土) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

熊野 (バラエティ/情報)
19:30~

今回は舞台は熊野。和歌山県の那智勝浦を訪れた。熊野古道の大門坂の入り口で、タモリは「なぜ熊野は日本の聖地になった?」というテーマを受け取った。熊野の歴史を調べて40年の山本殖生さんが登場。この地では古くから熊野三山を参拝する熊野詣でが行われてきた。京都から片道300km。往復1か月近くかかる道のりだった。全国から参拝者が訪れ、蟻の熊野詣でと呼ばれた。

キーワード
熊野古道
世界遺産
大門坂
那智勝浦町(和歌山)

オープニング (その他)
19:34~

オープニング映像。

♪オープニングテーマ「女神」井上陽水

キーワード
女神
井上陽水

熊野 (バラエティ/情報)
19:36~

今回訪ねるのは熊野那智大社一帯。聖地誕生のカギを探して大門坂を上る。大門坂に使われている石は砂岩で、江戸時代に再整備されたものだという。十一文関跡の向かいには那智の滝が見える。那智の滝こそ、聖地熊野の誕生の秘密を解き明かす大きなカギだという。

一行は那智の滝に到着。那智の滝は熊野那智大社の御神体で、神の住む熊野に行けば、現世の罪が許されると人々は信じたという。タモリは、古道の砂岩と滝の岩壁が違うことに気がついた。そこで滝と崖のスペシャリスト、田原敬治さんが登場。

那智の滝の崖がなぜできたのかを探る。滝の岩壁は流紋岩で、大門坂の周りは砂岩。那智の滝は流紋岩と砂岩の境目にあり、砂岩の部分が侵食されて滝ができたという。

熊野那智大社

キーワード
熊野那智大社
大門坂
那智勝浦町(和歌山)
那智の滝
島田一の介
井上竜夫
吉本新喜劇
チャーリー浜
那智滝図
南紀高等学校
大迫勇也
  1. 前回の放送
  2. 4月20日 放送
  3. 次回の放送