ブラタモリ 「#123 水の街・ローマ」

『ブラタモリ』(英称:BURATAMORI、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。ステレオ放送、解説放送・ステレオ2音声(2016年4月30日放送分から実施)、文字多重放送、ハイビジョン放送を実施[※ 1]。 レギュラー版の放送時間は、第3シリーズまでは毎週木曜22:00 - 22:48[※ 2]であったが、第4シリーズからは毎週土曜19:30 - 20:15(いずれもJST)へと変更された。パイロット版や特番の放送時間は#番組の推移節などを参照。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月19日(土) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今回はイタリア・ローマを紹介する。タモリさんは滞在3日目にして「結構イタリアに慣れてきました」とした。そして、トレビの泉の到着した。トレビの泉はローマで一番大きい泉で、大人気の観光スポットである。また、トレビの泉で後ろ向きにコインを投げれば、ローマを再訪できるという言い伝えがある。タモリさんもコインを投げた。

今回のテーマは「ローマは水なしにしてならず!?」である。ローマは噴水が多くあり900か所以上あるという。タモリさんは先週に2000年前の遺跡で古代の技術力を知ったことから、トレビの泉は1762年に造られたものと聞き「こっちじゃまぁ大したことない」と話した。古代のローマは巨大帝国として繁栄していた。

ローマの街を歩いて水の恵みを感じることにした。水道水が流しっぱなしになっている所があり、24時間飲むことができる。こうした装置は2500か所ほどあるとのことで、誰もが自由に使える水道を造ろうと1874年にローマ市長の発案で設置された。

今回はイタリア・ローマを紹介する。ローマはグルメはもちろん、古代遺跡などを目当てに年間1530万人もの観光客が訪れる。さらに、街を彩る噴水も大人気で、水こそローマの街の歴史を紐解くカギである。

オープニングテーマの井上陽水「女神」が流れた。

キーワード
トレビの泉
ローマ(イタリア)
女神
井上陽水

水の街・ローマ (バラエティ/情報)
19:36~

トレビの泉から車で約30分のところにある古代の水道橋を見に行った。約80km先の水源から水を運んだ2000年前の水道の痕跡である。凝灰岩が水道橋の材料に使われ、こしょう(pepe)がかかったような見た目から、イタリアではこの岩を”ペペリーノ”と呼んでいる。この水道橋は毎秒4トンもの水が流れていたとのことで、高低差を利用して水を運んだため、くぼんた場所に水道橋を造り水路の勾配を一定に保った。水道橋は当時の10分の1ほどが残っている。水道橋内は上下に水路があり、別の水源から引いた2本の水道が、途中から同じ水道橋を使っていた。他にも水道はあり合計で11本にもなるという。

水道が多くあった理由として、ローマには人が多く住み水が必要であったからである。2000年前のローマは100万人以上の人々が住んでいたとされている。また、皇帝たちは水のおかげもあって権力を誇示することができた。水道橋の痕跡はローマの街中にも残っている。水道橋の門の前にある建物は墓で、浮き彫りを見ると墓の主がどんな人物であるか分かるという。この墓は奴隷から大金持ちになったパン屋さんの男性のものであった。ここは街道が合流する交通の要衝で、自身の功績を残そうと目立つ場所に墓を建てた。

タモリたちは、次に古代ローマのお風呂の痕跡へ。専門家によれば、古代ローマの公衆浴場では大量の水を使用していたという。タモリたちは古代の壁など街にのこされた浴場の痕跡をみてまわった。この浴場は、6世紀の戦争で水道橋が破壊されたことで水不足になり廃墟になったという。6世紀にローマの人工は減少し、そこからローマの街が復活をとげるまで1000年もの時間がかかった。教会の力で16世紀にローマは復活した。復活の立役者ミケランジェロは、廃墟だった浴場をリフォームして教会をつくった。

水道橋にあるこの墓は19世紀の発掘まで1500年以上見えなかったという。3世紀の終わり頃、異民族が攻撃してきたことからローマの街の周りに城壁が築かれた。墓のある位置は街の東の入り口にあたり、2本の街道が通る重要な場所であることから、門も墓も砦の一部となった。現在でも城壁の一部が残っている。繁栄の象徴であった水道橋が防壁の壁となっていた。

タモリたちは浴場をリフォームした教会内部へ。専門家によればミケランジェロは、浴場の構造をできるだけ利用して教会をつくったという。タモリたちは専門家から建物の構造などについて説明を受けた。

タモリたちは次にスペイン広場へ。広場には、1620年代に当時のローマ教皇の依頼で造られた「バルカッチャの噴水」があった。ルネサンス以降こうした噴水がローマの街の中に沢山造られたという。この噴水ではいまだに古代の水道がつかわれている。

タモリたちは2000年前にできた古代の水道へ。この水道は「処女の水道」と呼ばれていて、水源を発見したのが清らかな乙女だったことからこの名前がついたという。この水道は何度も行われてきた修復のおかげで、現在も使われているという。タモリたちは修復のあとをみてまわった。

キーワード
トレビの泉
ローマ(イタリア)
マルクス・ウェルギリウス・エウリュサケス
テルマエ・ロマエ
ロバ
キリスト
ペトロ
ミケランジェロ
スペイン広場
ローマの休日
オードリー・ヘップバーン
バルカッチャの噴水

エンディング (その他)
20:13~

エンディングテーマ「瞬き」井上陽水。

エンディング映像。

NHKオンデマンドで配信します ご案内はdボタンで。

「ブラタモリ」の次回予告。

キーワード
瞬き
井上陽水
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月19日 放送
  3. 次回の放送