ブラタモリ #116 有田焼

『ブラタモリ』(英称:BURATAMORI、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。ステレオ放送、解説放送・ステレオ2音声(2016年4月30日放送分から実施)、文字多重放送、ハイビジョン放送を実施[※ 1]。 レギュラー版の放送時間は、第3シリーズまでは毎週木曜22:00 - 22:48[※ 2]であったが、第4シリーズからは毎週土曜19:30 - 20:15(いずれもJST)へと変更された。パイロット版や特番の放送時間は#番組の推移節などを参照。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月30日(火) 23:55~ 0:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:55~

タモリが訪れた佐賀県有田は有田焼の産地。タモテバコから「なぜ“世界の有田焼”になった?」というお題を受け取り、佐賀県立九州陶磁文化館館長・鈴田由紀夫さんがツヴィンガー宮殿と有田焼には密接な関係がある事を話した。宮殿に住んでいたアウグスト2世は有田焼のファンでよく似た焼き物を作ろうとして生まれたのがマイセン窯だった。1993年、観光施設「有田ポーセリンパーク」がオープンし園内には焼き物づくりの体験コーナーもある。

なぜ“世界の有田焼”になった?

キーワード
有田焼
有田(佐賀)
アウグスト2世
ツヴィンガー宮殿
マイセン窯

ブラタモリ 有田焼 (バラエティ/情報)
00:00~

焼き物のタイプには陶器と磁器があり有田焼は磁器。有田焼は他の焼き物より叩いたときの音が高い。江戸時代のはじめ頃、日本では作られておらず有田が日本で最初に磁器を作った。アジアとの貿易を目的とした世界初の株式会社で長崎に支店を持ち鎖国中の日本とも取引したオランダ東インド会社のマークが付いた有田焼は海外に向けて特別に作られたもので、長崎を出発した船は8~10ヵ月かかった。ドイツの300年前の宮殿には東洋から有田焼が集められ白い黄金と呼ばれた。

鈴田由紀夫さんは選んだ有田焼で性格判断が出来ると話し、タモリが選んだ有田焼を見て「傷つきやすいタイプかもしれない」、林田理沙が選んだ有田焼を見て「格式が高い」と性格判断をした。その後、最大級の1m85cmの「染付蒔絵富士山御所車文大花瓶」を見せてくれた。1873年のウィーン万国博覧会に出品され日本館の入り口に設置された。手の長さ以上のものを作るとき、継ぎ足ししていく。この技術にヨーロッパの人たちは驚いたという。

タモリたちは有田焼の原点の地へ向かう。磁器の原料は陶石という石で、陶石を細かく砕いて水と混ぜ、うわずみを布でこしとることで真っ白な粘土ができる。「泉山磁石場」が、日本ではじめて大量の陶石が見つかった場所で、内部には採石の痕跡が残っている。流紋岩という石に含まれる鉄分が、温泉による熱水で洗い流され、変質流紋岩火砕岩と呼ばれる白くて磁器に適した陶石ができたという。

タモリたちは、陶石と温泉の関係が分かる場所へ向かう。「泉山磁石場」には割れ目のある壁が存在していて、この割れ目に熱水が入り込んだことで、流紋岩が陶石に変わったという。「泉山磁石場」は割れ目のあるところだけでなく、見渡す限りが陶石になっているが、これは隣にある火山が関わっていて、約250万年前に隣の火山が噴火し、流れ出た流紋岩が「泉山磁石場」のあたりに覆いかぶさり蓋をした。この蓋があることによって温泉水が上に抜けることなく全体が白い陶石へと変化したという。

タモリたちは、有田焼を生んだ町に向かう。町には焼き物の町の象徴ともいえる煙突がのこっている。有田の町は山と山の間にあるという特徴的な地形で、この地形が有田焼づくりに関係しているという。川の中には小屋を建てた痕跡が残っており、この小屋では水を利用して陶石を砕く唐臼という装置で陶石を砕く作業が行われていたという。川になっているのは、火山と火山のやますそが隣り合う部分であり、火山から溶岩が流れ出て流紋岩の岩盤を作り、その岩盤によって唐臼小屋がたてやすくなったという。

独特の地形をいかして大量に有田焼をつくる工夫は他にもあるということで、タモリたちは有田の市街地へ。有田の地には流紋岩の山だけではなく凝灰角礫岩と呼ばれる岩も存在していて、この凝灰角礫岩が川の流れで削られたことでなだらかな斜面になった。大量に磁器を焼くことのできる登り窯という装置には、地形の傾斜が必要だったため、凝灰角礫岩が削られてできた斜面が利用された。

タモリたちは、有田焼の制作現場へ向かう。たどり着いてのは「柿右衛門窯」。15代目の酒井田柿右衛門と合流し、工房を案内してもらうことになった。今回はここまで。次回は「なぜ世界の有田焼になったのか?」さらなる秘密に迫る。

キーワード
有田焼
オランダ東インド会社
染付蒔絵富士山御所車文大花瓶
ウィーン万国博覧会
秀吉
流紋岩
変質流紋岩火砕岩
陶石
長崎県窯業技術センター
泉山
英山
佐賀大学 教育学部
唐臼
有田町教育委員会 文化財課
トンバイ塀
登り窯
凝灰岩
凝灰角礫岩

エンディング (その他)
00:38~

エンディング映像。

エンディングテーマ:瞬き/井上陽水

旅のルートは番組HPで。

NHKオンデマンドで配信します。ご案内はdボタンで。

ブラタモリの次回予告。

キーワード
井上陽水
瞬き
番組HP
NHKオンデマンド
dボタン
  1. 前回の放送
  2. 10月30日 放送
  3. 次回の放送