ブラタモリ #94 東京・吉祥寺

『ブラタモリ』(英称:BURATAMORI、通称:ブラタモ)は、NHK総合テレビで2008年から断続的に放送されている日本の紀行・バラエティ番組。司会を務めるタモリの冠番組でもある。ステレオ放送、解説放送・ステレオ2音声(2016年4月30日放送分から実施)、文字多重放送、ハイビジョン放送を実施[※ 1]。 レギュラー版の放送時間は、第3シリーズまでは毎週木曜22:00 - 22:48[※ 2]であったが、第4シリーズからは毎週土曜19:30 - 20:15(いずれもJST)へと変更された。パイロット版や特番の放送時間は#番組の推移節などを参照。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年12月23日(土) 19:30~20:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

今日は吉祥寺で住みたい街No.1の謎を調べる。20年吉祥寺を研究している高橋さんに案内してもらう。

オープニング映像。

オープニングテーマ「女神」井上陽水

キーワード
吉祥寺(東京)
JR吉祥寺駅
京王線
井の頭線
関東 住みたい街ランキング
リクルート
井の頭公園
井上陽水
女神

#94 東京・吉祥寺 (バラエティ/情報)
19:35~

まずは井の頭公園へ向かう。タモリさんは吉祥寺という寺が無いことを話した。駅から300m歩き井の頭公園の入り口へたどり着いた。

5~6mほどある結構な段差を歩き、公演が低いなどと語った。また正式名称は井の頭恩賜公園で皇室から賜り、日本初の郊外公園として開園したと説明した。

江戸時代に描かれた井の頭公園の様子は、相当な行楽地で当時の人は井の頭弁財天へ参拝に来ていたという。ここは昔から湧水で弁天様が祀られていた。ここの湧き水は飲水として利用され暮らしの支えとなっていて池が信仰対象だった。当時の神田上水の流路説明書を読み現在地を確認した。

なぜここで水が湧いたかについて専門家の真貝さんに教えてもらう。地形が大きく関係しており、雨が染み込んだ水が低い方へ地中に流れ滞り井の頭池に湧き出たという。現在でも武蔵野市では水道水の80%を地下水で賄っている。

水源として親しまれた井の頭池だが、戦後外来生物により水質が悪化した。そこで地域の人らで池の水を抜いて外来生物の駆除を行った。

駆除によりイノカシラフラスコモが60年ぶりに野生復活し水質が改善されてきた。今も周辺住民によって井の頭池は魅力を増している。

続いて公園の外に出て、吉祥寺には水があるのに江戸時代人が住んでいなかったと説明した。

吉祥寺に人が住んでいなかった理由は、窪地のため利用しようがなかったという。しかし江戸時代に状況が一変したという。

再び井の頭公園に入り人口水路の玉川上水を発見した。江戸時代に人口増加で水不足のため多摩川の水を流し解消させた。これにより吉祥寺で水が得やすくなったという。

タモリさんらが上水沿いの道を歩いてみると地形が高くなっていた。理由は高さを稼いで水を流すためだという。また水を得るのにも便利で分水が取りやすくなったという。

タモリさんらは吉祥寺駅前に戻り、吉祥寺に人が住むきっかけは明暦の大火で、吉祥寺という寺が焼失し周辺住民が家を失い。幕府が吉祥寺に土地を提供して村人は吉祥寺村と名付けた。

吉祥寺は商店街で有名で、どう開発されていったか商店街を歩いて調査する。タモリさんは道が駅に対して斜めになっていることを指摘した。

商店街の道が斜めになっている理由は、駅が後にできたからで五日市街道を基準に土地を区分けしたため線路に対し道が斜めになっている。

江戸時代の特徴を見るため五日市街道の脇の道を注目しながら歩いて行く、どこの脇道も長い直線になっており、これは街道沿いに細長い土地を与え開墾させていった痕跡だという。

江戸時代の家の奥行きを調べるために一直線の道を歩く。15分経過し行き止まりに到着し、20分経過し約1140m歩き、これが1軒分の敷地だという。敷地の端には玉川上水の分水・千川上水が流れていた。

上水沿いに地元の野菜を売る農産物直売所と畑を発見した。江戸時代には1キロ先まで畑が続いていてウドが本場だったという。

明治以降吉祥寺は甲武鉄道開通により急速に発展し、多くの人が訪れた。しかし駅開業には問題があった。

また吉祥寺駅前に戻り、安藤さんに吉祥寺の歴史を教えてもらう。元々ここに吉祥寺駅は作られる予定はなく、五日市街道が交差する場所に作る予定だった。しかし周辺住民が反対し作られなかった。

なぜ駅が今の場所になったか商店街を歩いて調べる。すると月窓禅寺という寺を発見した。

五日市街道沿いに4つの寺が隣り合っている。いずれも明暦の大火のあとにここにやってきた。周辺の土地の持ち主はお寺になっている。

江戸時代、お寺にも住民と同じく短冊状の土地が与えられた。駅の開設場所が問題となった時にお寺が土地を申し出て、今の場所に吉祥寺駅ができた。関東大震災以降、被害が少ない吉祥寺に注目が集まった。短冊状の土地は分譲しやすく人が増え、駅前が栄えていった。お寺さんの観音様の縁日に合わせて商店街もバーゲンをやっている。

キーワード
吉祥寺(東京)
井の頭公園
井の頭恩賜公園
江戸時代
井の頭池弁天の社
歌川広重
都立中央図書館特別文庫室
井の頭池
神田上水
江戸城
神田川
井の頭弁財天
弁天様
神田上水々元繪圖
日本橋
新宿(東京)
アメリカザリガニ
イノカシラフラスコモ
玉保国絵図 武蔵国
国土地理院
吉祥寺駅
玉川上水
多摩川
ツバキ
江戸火事図巻(明暦の大火)
東京都江戸東京博物館
東京都歴史文化財団イメージ アーカイブ
明暦の大火
吉祥寺
ハモニカ横丁
五日市街道
江戸
千川上水
ウド
神田
明治
甲武鉄道
新宿
八王子
月窓寺
安養寺
蓮乗寺
光専寺
明治前期・昭和前期 東京都市地図2 東京北部
柏書房
大正
関東大震災
住みたい街
月窓禅寺

エンディング (その他)
20:13~

タモリは「井の頭公園をお歩いていると住みたいという気持ちが増してくる」とコメントした。吉祥寺駅は公園のそばだからできたワケではなかった。

エンディング映像が流れた。

井上陽水♪「瞬き」が流れた。

キーワード
吉祥寺(東京)
井の頭公園
吉祥寺駅
住みたい街
瞬き
井上陽水

スポット

レジャー/交通

吉祥寺駅
井の頭公園
神田
井の頭恩賜公園
JR吉祥寺駅
東京都江戸東京博物館
新宿
八王子

宗教

安養寺
月窓寺
蓮乗寺
井の頭弁財天
光専寺

流通

ハモニカ横丁

趣味/スポーツ

都立中央図書館特別文庫室
  1. 前回の放送
  2. 12月23日 放送
  3. 次回の放送