ニュース 日イラン首脳共同記者発表

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月12日(水) 23:50~ 0:15
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
23:50~

イラン・テヘランにて安倍総理大臣はロウハニ大統領との首脳会談に臨んだ。日本の総理大臣がイランを訪問するのは41年ぶり。安倍総理はエネルギーを依存する日本にとって、中東地域の平和と安定は死活的に重要だとして、偶発的な武力衝突などを避けるため、緊張緩和に向けアメリカとの対話など、建設的な対応を取るよう働きかけたとみられる。また、イランをめぐる核合意からアメリカが一方的に離脱し、制裁を強化していることに対し、イランが強く反発し、合意の一部を履行しないことを表明したことを踏まえて、核合意への支持を伝え着実な履行を求めているものとみられる。

イラン・テヘランにて安倍総理大臣はロウハニ大統領との首脳会談に臨んだ。トランプ大統領との親密な関係、イランとの伝統的な友好関係を活かし、緊張緩和に向けた働きかけを行う考え。大統領はイランとの戦争、体制転換は望まないとしているという。対して、イランは国際社会から孤立していないことをアピールする場と捉えているが、安倍首相がアメリカの言い分や要求を一方的に伝えてくるだけに終始するのではと懸念しているという。禰津博人氏は「従来、アメリカとイランの仲裁を担っていたのはヨーロッパ諸国だったが、余裕がない状況。加えて、トランプ政権との関係は悪くなりつつある。日本外交が利害関係の入り組んだ中東に関与するのはハードルが高いが、安倍首相の訪問は関心が高い」と話す。

禰津氏はアメリカとイラン対立の経緯を説明。トランプ大統領が昨年5月にイラン核合意から一方的に離脱したことに端を発し、同年11月にはイラン産原油の禁輸など制裁を発動。さらにイランの軍隊「革命防衛隊」をテロ組織に認定した。先月、アメリカは空母、爆撃機などを派遣。イランは核合意の一部義務を停止すると、アメリカは新たに制裁を課した。イランは7月上旬までに制裁を取り巻く環境が変わらなければ、本格的な核開発に踏み切ると示唆している。志賀淳二氏によると、イランと敵対する国もあるなか、安倍首相はサウジアラビア、イスラエル首脳と電話会談し、緊張緩和に向けたイラン訪問の意図を説明したという。

禰津氏はイラン核合意に焦点を当て、内容を概説した。イランは核開発を大幅に制限する見返りとして、アメリカ、EUなどは経済制裁を解除するというもの。日本は核合意は中東の安定につながるとして支持する立場を取っている。志賀氏は首脳会談に先立って行われた河野外相、ザリーフ外相との会談について説明。

イラン・テヘランにて安倍総理大臣はロウハニ大統領との首脳会談に臨んだ。日本の総理大臣がイランを訪問するのは41年ぶり。安倍総理はエネルギーを依存する日本にとって、中東地域の平和と安定は死活的に重要だとして、偶発的な武力衝突などを避けるため、緊張緩和に向けアメリカとの対話など、建設的な対応を取るよう働きかけたとみられる。また、イランをめぐる核合意からアメリカが一方的に離脱し、制裁を強化していることに対し、イランが強く反発し、合意の一部を履行しないことを表明したことを踏まえて、核合意への支持を伝え着実な履行を求めているものとみられる。

安倍首相はトランプ大統領との親密な関係、イランとの伝統的な友好関係を活かし、緊張緩和に向けた働きかけを行う考え。中東にエネルギー供給拠点を置いている日本にとって、中東の安定化は喫緊の課題。対するイランは国際社会から孤立していないことをアピールする場と捉えているが、トランプ大統領と親しい安倍首相がアメリカの言い分や要求を一方的に伝えてくるだけに終始するのではと懸念しているという。禰津博人氏は「従来、アメリカとイランの仲裁を担っていたのはヨーロッパ諸国だったが、余裕がない状況。加えて、トランプ政権との関係は悪くなりつつある。安倍首相が緊張緩和に向け、どういったことができるのか世界的に注目が集まっている模様」と語った。

禰津氏はアメリカとイラン対立の経緯を説明。トランプ大統領が昨年5月にイラン核合意から一方的に離脱したことに端を発し、同年11月にはイラン産原油の禁輸など制裁を発動。さらにイランの軍隊「革命防衛隊」をテロ組織に認定した。先月、アメリカは空母、爆撃機などを派遣。イランは核合意の一部義務を停止すると、アメリカは新たに制裁を課した。

安倍首相とロウハニ大統領による首脳会談は引き続き、行われている。両首脳の共同記者発表は後ほど、お伝えする。

キーワード
安倍総理大臣
ロウハニ大統領
核合意
テヘラン(イラン)
首脳会談
トランプ大統領
革命防衛隊
ヨーロッパ連合
ザリーフ外相
河野外相

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月12日 放送
  3. 次回の放送