ニュース シブ5時 2017年12月7日放送回

放送日 2017年12月7日(木) 18:00~18:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
18:00~

アメリカ軍普天間基地の近くにある沖縄・宜野湾市の屋根で、アメリカ軍機からのものと見られる落下物が見つかった。落下の当時園児61人などが建物内や園庭にいたもののけが人はいなかった。米軍は「ヘリのカバーが外れたとみられる」と説明している。落下物はプラスチック製と見られる筒状のもので「飛行する前に外すこと」などと英語で書かれていた。保育園は普天間基地から約300mで滑走路の延長線上にある。神谷武宏園長は、危険な基地は閉鎖すべきで、優先されるべきは人の命だと訴えた。

自衛隊と米軍によるコンピュータを使った図上演習「ヤマサクラ」行われ、その中核の部門が公開された。北朝鮮情勢を受けて日米の連携をアピールする狙いがあると見られる。「ヤマサクラ」は日本の有事に備えて陸上自衛隊とアメリカ陸軍が毎年行っているもの。コンピュータ上で刻々と変わる現場状況が示され、数百人にのぼる日米担当者が必要となる対応を考えて作戦を進めてきた。今回は弾道ミサイルが日本国内に落下した場合の対応や、特殊部隊が国内に侵入してきた場合の対処も盛り込まれている。演習は今月13日まで続けられる予定。

インフルエンザワクチンの供給が例年より遅れ、一部地域で不足している問題で、医師らで作る団体が厚生労働省にワクチン不足解消を求める要望を出した。大阪での調査では5日間でワクチンが足りないと答えた医療機関が全体の74%にのぼった。東京でも子供や高齢者の摂取を優先してそれ以外の人たちは断るケースが相次いでいる。団体は要望の中で、ワクチン供給不足の実態・原因を調査するとともに再発防止策を検討すること、供給体制の改善を求めている。厚生労働省は今月末までには必要な数を供給できる見通しだとし、今後改善策を検討するとしている。

連合の神津会長は安倍首相と会談し、来年の春闘での賃上げや格差是正を目指すとした連合の方針を伝え、賃金底上げなどに向けた取り組みの強化を要請した。神津会長は、賃金の底上げについて政府の注力は評価しているが更に力を強めて欲しいと述べた。安倍首相は、政府と経済界、連合が認識を合わせていくことが大事だとした。

日銀の黒田総裁は講演で、来年の春闘で賃上げの動きが広がることに期待を示した。黒田総裁は国内景気について、外需と内需が景気を引っ張るエンジンとして稼働しているとして、緩やかな景気拡大が続いているとの認識を強調した。一方で物価上昇率は0.8%と、日銀の目標である2%と差があることについて、人手不足なのに正社員の賃金上昇が鈍い、省力化のため製品などの値上げが進まないと背景を指摘した。

NHKの上田会長は、NHKグループの業務に携わるすべての人の働き方を抜本的に見直すとした改革宣言を発表した。上田会長はまた、4年前に佐戸未和記者を失ったことは悔やんでも悔やみきれないもので、これを忘れることなく働き方改革を加速させたいと述べた。会長をトップに「働き方改革推進委員会」を設置し、、検討が必要な課題を共有して解決を図っていくとしている。具体的にはNHKが制作する番組のスタジオ収録を原則午後10時終了を目指し、地域局での記者の泊まり勤務の段階的廃止を目指すなどとしている。

キーワード
宜野湾(沖縄)
緑ヶ丘保育園
CH53
ヤマサクラ
インフルエンザ
厚生労働省
連合
神津会長
安倍首相
日銀
黒田総裁
上田会長
NHK
佐戸未和記者
渋谷区(東京)
NHK放送センター

エンディング (その他)
18:09~

「初めての人実質無料」と言うネット広告に関するトラブルについて。相談が多いのは40代女性だが未成年の相談もあるなどと三輪誠司が説明した。

  1. 前回の放送
  2. 12月7日 放送
  3. 次回の放送