NHKニュース7 2013年6月5日放送回

『ニュース7』(ニュース・セブン、英語: NEWS 7)は、日本放送協会(NHK)で毎日19時台に生放送されている報道番組である(一部の時期を除く)。チャンネルは総合テレビのほか、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送)がある。正式タイトルは『NHKニュース7』。一部番組表などでは『N7』と表記されることがある。本記事では、本番組の前身番組である『19時のNHKニュース』や『NHKきょうのニュース』などについてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年6月5日(水) 19:00~19:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

成長戦略や日本代表W杯ブラジル大会へなどを伝え、オープニング映像が流れた。

キーワード
W杯ブラジル大会
成長戦略
吉田麻也選手

ニュース (ニュース)
19:00~

民間活力の爆発をキーワードとし、安倍首相は最も重要な指標としてGNI国民総所得を挙げた。GNI国民総所得は、国内総生産に企業が海外で行う経済活動で得た利益などを加えたもの。昨年度の国民総所得は、国民1人あたり384万5000円となっている。1人辺り国民の総所得を10年後に150万円増やすと新たな成長戦略を発表した。インターネットによる一般薬品の販売解禁をすると言い、また最新の医療技術を利用すると全額自己負担になる「混合診療」に関連し、医療費の一部が保険適用となる先進医療の範囲拡大をする方針としている。さらに、国際的なビジネル環境を整え、世界中から技術・人材・資金を集める都市をつくるとして、大胆な規制改革を行う「国家戦略特区」の創設を打ち出した。また、老朽化が進むインフラをコストを抑えながら安全性の向上を図る計画を今年秋にとりまとめることや、民間の資金・ノウハウを生かしたインフラ整備事業を行うことを今後10年間で過去10年の実績の3倍12兆円規模に拡大する方針を示した。

きのう行われたブラジルW杯アジア最終予選、日本対オーストラリアの試合、試合終了間際にペナルティキックのチャンスがまいこみ、本田圭佑選手がゴールを決め同点となった。世界最速の5大会連続で5回目の出場となった。本田圭佑選手の母校の後輩は、「全国民が見ている中で、真ん中に蹴るメンタルは世界でもトップクラスではないか」と話した、W杯開催国のブラジルやブラジル人が多く住む大泉町(群馬)のブラジル料理店でも歓迎する声が聞こえた。元日本代表・三浦知良選手は、「日本代表としての誇り、サッカーの楽しさを存分にグランドで表現してもらいたい」とエールを送った。元日本代表の釜本邦茂さんは、「点取り屋が必要になってくる」と課題を挙げた。

福島第一原発できょう午後0時15分ごろ、高さ9メートルの鋼鉄製の汚染水タンクのひとつから3秒~4秒に1滴ほどしたたり落ちる汚染水漏れが見つかった。タンクの設置を急いだため、継ぎ目が溶接されずゴムなどで隙間を埋めボルトで接合されている。東京電力がボルトを締め直し、汚染水の一部を別のタンクへうつした結果、水漏れはとまったとしている。東京電力によると、汚染水が海に漏れる心配はなく、周辺の放射線量は変化はないという。トラブルが相次いだ地下貯水槽の水をうつすためのタンクで、東京電力は汚染水の移送停止し漏れた原因を調べている。タンクの継ぎ目から汚染水が漏れたケースはこれまでに3件発生しており、専門家は、タンクの継ぎ目に構造上の問題があるのではと指摘されている。同じような構造のタンクはおよそ300基ある。

来年4月に予定される消費税率の引き上げを前に消費税還元セールを禁止することなどを柱とした特別措置法が5日参院本会議で自民・公明・民主などの賛成多数で可決、成立した。禁止の理由は、消費者に税金を負担しなくてもいいと誤解を与えかねない、また中小業者が増税分の上乗せできない状況に拍車がかかるという懸念が高まったため。消費税との関連を明示した売り方は禁止される。一方、春の生活応援セールなど消費税という言葉が含まれていないため原則セールが容認されることになった。よって中小企業が増税分上乗せを拒まれる懸念は残っている。消費税率は来年4月に8%、再来年10月に10%と引き上げられる予定。この他法律では中小企業が業界で申し合わせて消費税の増税分を一斉に価格に上乗せする転嫁カルテルを独占禁止法の例外として認めている。

東京電力福島第一原発の事故を受け野菜の出荷制限が出た翌日に自殺した福島県須賀川市の64歳男性の遺族と東京電力との間で近く和解が成立することになった。遺族の弁護士によると国の紛争解決センターが原発事故と自殺に因果関係と判断した上で、賠償金支払いを求めた和解案を東京電力が受け入れることになった。因果関係を前提とした和解に東京電力が応じるのは初めてだ。東京電力は和解案の尊重・紛争早期解決の観点から提案に応じたと話している。

俳優の長門勇さんが4日老衰のため神奈川県内の病院で亡くなった。81歳だった。長門さんはコメディアンとして活動したあとテレビや映画に進出。軽妙洒脱な演技で名脇役として活躍した。

政治部の岡崎靖典と中継がつながっている。安倍首相は、規制改革に積極的な姿勢を鮮明にし、市場の期待に応えたいという想いがある。それが強く伺えるのは、インターネットによる一般薬品の販売解禁。政権内部では、参院選前に意見が分かれるテーマで、方向性を明確にするのは避けるべきという慎重論もあったが、安倍首相の決断で決まった。素案に、法人税率引き下げや従業員の解雇ルール明確化などは盛り込まれなかった。

日本産業再興・戦略市場創造・国際展開戦略の3つの柱から構成されている。日本産業再興では、今後5年間を緊急構造改革期間と位置づけて規制改革・民間投資の拡大、業界内の事業編成の加速としている。税制の優遇措置などで今後3年間民間設備投資10%増加させ、リーマン・ショック前の水準年間70兆円規模に増やすことを目標に掲げられている。さらに、従業員の転職支援した企業への助成金を大幅拡充する、女性が働きやすい環境を整えるため、平成29年度までに待機児童ゼロにすることを目指すとしている。

戦略市場創造は、農業分野で耕作放棄地解消・農地集約などによって2020年に全農地の8割を有効活用し、コメの生産コストを4割削減すること。そして、今年10年間で農業・農村全体の所得倍増へ戦略策定し実行していく方針となっている。また、高効率の火力発電や次世代自動車や燃料電池などを重点的に育成する産業分野と位置づける。「燃料電池車」に水素補給する「水素ステーション」建設なその動きが活発になっている。港区(東京)のガス会社では、水素の圧縮や冷却を行う装置の小型化を進めている。こうした装置は、国の安全基準で高い強度が求められており、欧米と同水準まで緩和されれば、コストが下がり普及に弾みがつくとみている。さらに、医療では官民一体で医療技術・サービス輸出すすめ、日本式医療機関を2020年までに海外に約10ヵ所創設し、2030年までに5兆円規模の市場獲得するなどとしている。CTでは、世界3位のシェアをもつ大田原(栃木)の医療機器メーカーでは、新興国など高度医療機器の需要が高まると期待されているが、官民一体となって攻勢する欧米メーカーと厳しい競争を強いられている。会社側では、海外展開を支援する方針が打ち出されることに期待を寄せている。

国際展開戦略では、海外との経済連携推進して、自由貿易協定した締結国との貿易額は2018年までに19%から70%に高めることや、インフラの輸出額を2020年までに今の3倍の3兆円規模に拡大することを目標として掲げている。一橋大学経済研究所の深尾京司教授は、「所得や雇用をつくりだす企業の活性化や国内立地環境の整備という視点に踏み込んだという意味では、方向性は非常に高く評価できる」としたが、「各府省からの提案になっていて横断的な議論がない」と指摘した。

安倍首相は、「従来のスケジュール感にとらわれず、秋の臨時国会にも必要な法案提出」とし、政策の進ちゃく状況チェックする体制を整える方針も示した。そして、政策の実行に必要なものは政治の安定だと強調した。

きょうの記者会見で本田圭佑選手は、本田圭佑選手は、「短いのは短いが考えによっては、まだ1年もある。どうやって自立した選手になって個を高められるか」と話した。長友佑都選手は、「世界の選手と同じことしても伸び率は同じ、とにかくこの1年自分のためにやりたい」と話した。香川真司選手は、「レベルアップしないといけないし、チームも個人もやるべきことはたくさんある」と話した。日本代表は、15日~コンフェデレーションズカップに出場する。

千葉県内豆腐商工組合は転嫁カルテルが認められたことを歓迎している。激しい価格競争や原材料高の中、消費税率分上乗せ出来なければ更に経営が厳しくなると不安を募らせてきたからだ。木達満理事長は、これ以上値を崩してはいけないという話し合いを進めていくべきだと話した。しかし、組合に加盟していない業者もあり業界全体の足並みが揃わなければ転嫁カルテルは難しいと考えている。スーパーマーケットなどで作る業界団体からも混乱が起きないよう国に求める声が上がっている。日本チェーンストア協会の井上淳理事専務は、消費増税で消費が冷え込むことが予想されるのでガイドラインをわかりやすく明確に定め萎縮混乱がないようお願いしたいと話した。今回の措置は平成29年3月まで期限区切り実施される。政府は禁止されるセールの範囲などガイドラインを作り業界への周知を図ることにしている。

1人の女性が生む子どもの数の指標となる去年の出生率は1.41で前の年より僅かに上昇し平成8年以来16年ぶりに1.4まで回復したことが厚生労働省のまとめでわかった。都道府県別で最も高かったのは沖縄で1.9、一方最も低かったのは東京で1.09となった。年代別では30代と40代で上昇している一方20代で減少傾向が続いている。第一子を出産した平均年齢は30.3歳で過去最高を更新した。厚生労働省は30代で結婚した女性の出産が増え出生率は上昇しているが20代の出生率は上がっていないため少子化に歯止めはかかっていないと話している。

プロ野球の速報を伝えた。

キーワード
安倍首相
GNI
ザッケローニ監督
長谷部誠選手
寺村介主将
三浦知良選手
釜本邦茂さん
本田圭佑選手
長友佑都選手
香川真司選手
東京電力
木達満理事長
井上淳専務理事
長門勇さん
成長戦略
国家戦略特区
アベノミクス
日本産業再興
戦略市場創造
国際展開戦略
港区(東京)
深尾京司教授
一橋大学経済研究所
参院本会議
特別措置法
消費税還元セール
民主
コンフェデレーションズカップ
W杯
リオデジャネイロ(ブラジル)
転嫁カルテル
独占禁止法
厚生労働省
出生率
沖縄県
東京都
須賀川市(福島)

気象情報 (ニュース)
19:27~

全国各地の天気予報紹介。

エンディング (その他)
19:29~

新潟県南区での子ども大凧合戦の様子をエンディングで伝えた。

キーワード
南区(新潟)
大凧合戦
  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送