NHKニュース7 2019年6月13日放送回

『ニュース7』(ニュース・セブン、英語: NEWS 7)は、日本放送協会(NHK)で毎日19時台に生放送されている報道番組である(一部の時期を除く)。チャンネルは総合テレビのほか、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送)がある。正式タイトルは『NHKニュース7』。一部番組表などでは『N7』と表記されることがある。本記事では、本番組の前身番組である『19時のNHKニュース』や『NHKきょうのニュース』などについてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月13日(木) 19:00~19:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
19:00~

今日夕方日本ガス協会の会長らと面会した世耕大臣。その冒頭でホルムズ海峡付近で攻撃受けたと告げた。攻撃を受けたと情報が入ったのは。国華産業の船。会社によると、乗組員はすべてフィリピン人でけが人の確認はされていない。オランダからUAEに向かう船に救助されたという。タンカーには約2万5000トンの可燃性のメタノールが。これまでのところ出火の情報はないという。

福岡県の高校3年生古賀野々華さんは、留学先の高校のきのこ雲が描かれたロゴマークを目にしたこときっかけに訴え、アメリカで反響をよんでいる。高校はワシントン州のリッチランド、核関連の産業で発展してきた。長崎の原爆で使用されたプルトニウムもこの街で製造された。原爆についてどう考えているかを街の人たちに伝えたいと、古賀さんは先月校内向け動画に出演し「原爆が引き起こした惨事について、罪のない人たちの命を奪うことを誇りに感じるべきか」と問いかけた。その反響でツイッターでは「ロゴマークを変えるときが来た」などという書き込みなどの一方、「戦争を終わらせたことは誇りに思っていいことだ」という投稿もあった。帰国した古賀さんは「動画がなければ日本からの意見は一生知らなかった」などと言われた、やってよかったとコメントしている。

山形県東根市のマンションで女性医師が殺害された事件で、防犯カメラの映像などから無施錠だった可能性があることが明らかになった。映像では逮捕された大学生が他の部屋も伺うような様子が映っており、警察は鍵がかかっていない部屋を探していた可能性があるとみて調べている。容疑者は今日警察庁に送られたという。大学では1人で居ることが多く誰かと話しているところを見たことはないという。大学関係者によると、容疑者は事件翌日以降も授業に出席しており特に変わった様子は見られなかったという。今回逮捕のきっかけになったのは防犯カメラでマンションはオートロックでなく誰でも入れるようになっていたという。防犯カメラに映った不審な男の行動が説明され、最初から被害者の部屋を決めてマンションを訪れたのではないと思われると語られた。またクリニックの関係者によると容疑者が診察を受けた記録はなく、警察の捜査でも2人の接点は確認されていないという。また不審な人物はその後容疑者の最寄り駅である山形駅の防犯カメラに映っているのが確認された。

ホルムズ海峡付近で攻撃受けた事件。攻撃を受けたと情報が入ったのは。国華産業の船コクカ・カレイジャス。会社によると、乗組員はすべてフィリピン人21でけが人の確認はされていない。オランダからUAEに向かう船に救助されたという。タンカーには約2万5000トンの可燃性のメタノールが。これまでのところ出火の情報はないという。会社は今後、船の管理を委託しているドイツの会社を通じて情報収集を進めている。タンカーは現在も漂流しているということでこの船をどうしていくかが問題になる。

ホルムズ海峡付近で攻撃受けた事件。ホルムズ海峡はイランの南にあるペルシャ湾とアラビア海を結ぶ海峡。原油を積んだタンカーの多くは日本への輸送の際にホルムズ海峡を通過しなければならない。襲われたコクカ・カレイジャスは今月10日にサウジアラビアを出発。今月22日にはシンガポールに到着予定だった。国土交通省によるとコクカ・カレイジャスは今日午前11時45分頃に喫水線付近に攻撃を受けたという情報があるという。中東区域を管轄するアメリカ海軍第5艦隊は「オマーン湾で複数のタンカー、攻撃を受けたという知らせを認識している。現地時間「午前6時12分と午前7時に別タンカーから救助信号を受信した」と声明を発表した。米海軍の艦艇は現場海域に展開支援にあたっている。政府は官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置し警戒にあたっている。

立憲民主党など野党5党派は全国に32ある定員が1人区すべてで候補者を1本化することで合意した。また衆参同日選挙に備えて衆議院選挙での小選挙区の候補者調整を加速させる方針も確認した。

イランを安倍首相が訪問。ハメネイ師と会談。ハメネイ師は立法・行政・司法の三権を掌握し、権力は大統領をも凌ぐ。会談を通じてイランの態度に変化があるかが焦点。会談で安倍首相は軍事衝突は誰も望んでおらず、現在の緊張の高まりを懸念している。日本はイランを巡る核合意を一貫して支持していて、イランが引き続き核合意の履行を継続することを期待していると述べた。その上でトランプ大統領の意図や自らの見方を伝えた。これに対しハメネイ師はアメリカと対立する自身の立場を伝えた。そして、ハメネイ師は核兵器を使う気はないと明言。安倍首相は地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進だと述べた。一方で会談ではハメネイ師から「トランプ大統領はイランと公平な交渉をするというが信じない」とコメントしていた。こうした中、アメリカでも動きが、トランプ政権は12日、イラン革命防衛隊とつながりのある団体を新たに制裁対象に加えたと発表。イランに圧力をかける姿勢を改めて示した。トランプ大統領はイランに交渉の席につかせるねらいがあるという。

国民民主党は今日参議院選挙の公約を発表した。児童手当の支給の18歳までの引き上げと支給額の拡大や世帯収入が500万円以下で賃貸住宅で暮らす世帯への月1万円の家賃補助など、家計の負担を軽減するための政策を全面に打ち出している。低所得の年金生活に最低でも月5000円の給付をすることも盛り込まれているという。また消費税率引き上げについては軽減税率など一部の人だけが得をする引き上げには反対するとしている。外交・安全保障では安保法制は廃止し領域警備法などを制定する他、沖縄の普天間基地の移設を巡って辺野古基地建設を見直すとしている。憲法改正については現行憲法の基本理念と立憲主義を維持し、未来志向の憲法を議論するとし、自衛権を行使できる限界を曖昧にしたまま9条に自衛隊を明記するべきではないとしている。国民民主党はアベノミクスに対抗する経済政策を示し安倍政権に対する対立軸を鮮明にする狙いがあると語られた。

ホルムズ海峡付近で襲われた船籍について。安倍首相は情報収集を徹底。事実関係の確認を進め。乗員の安全確保に万全を期すように指示。政府関係者は今回の訪問との関係についてまずは事実関係の確認が最優先としている。ハメネイ師と安倍首相の会談について。ハメネイ師が外国の首脳と会うことは多くなく、日本政府は伝統的な友好国のトップであり、なおかつトランプ大統領とも緊密な関係を維持する安倍首相の助言を重視している現れだとしている。日本政府は詳細なやりとりをあきらかにしていないが安倍首相は「ハメネイ師が宗教的見地から核兵器などの大量破壊兵器は持たない」と発言してきたこと、イランの政府高官が「日本と同じ道を歩みたい」と発信してきたことも踏まえ働きかけを行ったと見られている。各国の注目が集まる中、ハメネイ師とロウハニ大統領は「戦争は決して望んでいない」「核兵器を保有する意志はない」とのことを示す場を作ったなど緊張緩和への第一歩と考えている。安倍首相としてはアメリカとイランの直接対話に向けた、環境整備を進めるものと見られている。

キーワード
日本ガス協会
弘成経済産業相
国華産業
福岡県
ワシントン州(アメリカ)
殺人
住居侵入
山形大学
イラン
ホルムズ海峡
安倍首相
警察庁
千代田区(東京)
コクカ・カレイジャス
ツイッター
ペルシャ湾
マリントラフィック
山形駅
原子力
東根市(山形)
原爆
リッチランド(アメリカ)
国土交通省
参議院選挙
立憲民主党
国民民主党
共産党
社民党
社会保障を立て直す国民会議
衆参同日選挙
官邸
福山幹事長
ハメネイ師
トランプ大統領
玉木代表
年金
消費税
軽減税率
ポイント還元
安保法制
革命防衛隊
憲法改正
9条
自衛隊
アベノミクス
辺野古(沖縄)
ロウハニ大統領
テヘラン(イラン)

SPORTS (スポーツ)
19:25~

札幌市で行われている卓球荻村杯、東京五輪新種目ミックスダブルスで張本・早田ペアが予選にのぞんだ。今大会で2回目のペア、序盤はリードを許す苦しい展開に。そこから張本のバックハンド、早田のレシーブなど5連続ポイントを奪い逆転でゲームをとった。その後息のあったプレイでポイントを重ね、ストレート勝ちで明日からの本線進出を決めた。

プロ野球速報が流れ、ナイトゲーム6試合で巨人・丸のタイムリーヒットで先制。三連敗中のロッテは1回に2本のタイムリーヒットで2点を先制、2回にも追加点をあげていると伝えた。

キーワード
荻村杯
東京オリンピック
張本智和選手
早田ひな
札幌市(北海道)
巨人
ロッテ

気象情報 (ニュース)
19:27~

全国の気象情報、明日は沖縄から西日本、週末は東日本・北日本で大荒れになる恐れがあると伝えた。

キーワード
富士山

エンディング (その他)
19:29~

週末の天気に注意と伝え、瀧川剛史らが挨拶した。

  1. 前回の放送
  2. 6月13日 放送
  3. 次回の放送