NHKニュース7 戦後最長記録を更新か 景気回復今後どうなる

『ニュース7』(ニュース・セブン、英語: NEWS 7)は、日本放送協会(NHK)で毎日19時台に生放送されている報道番組である(一部の時期を除く)。チャンネルは総合テレビのほか、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送)がある。正式タイトルは『NHKニュース7』。一部番組表などでは『N7』と表記されることがある。本記事では、本番組の前身番組である『19時のNHKニュース』や『NHKきょうのニュース』などについてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月29日(火) 19:00~19:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:00~

オープニングで今日伝えるニュースの項目を紹介した。

ニュース (ニュース)
19:00~

厚生労働省が毎月勤労統計調査を不適切な手法で行っていたことが先月明らかになった。先週、政府は7つの省庁の22の統計で手続き上のミスなどが見つかったと公表したが、きのう新たに賃金構造基本統計でも不正が明らかになったと発表した。調査は調査員が調査表を手渡して回収するが、少なくとも去年はほぼすべて郵送で行っていた。きょう、複数の関係者が数十年前から同様の手法で調査を行っていたと証言した。調査は各地の労働局が行うはずが、必要な予算が配分されていなかったという。統計問題については、第三者委員会調査も問題になっている。根本厚生労働相はきょう、幹部への聞き取りを有識者が行ったとしていた国会答弁を訂正し、厚生労働省の職員のみで行ったケースがあったことを明らかにした。午後の本会議では質問者全員から統計問題について言及や指摘があった。安倍首相は統計調査の信頼回復に向け、検証・再発防止に全力を尽くすとした。雇用保険の速やかな追加支給などを通じ責任を果たしていく考えを強調した。さらに、再集計で下方修正となった数値のみ示し、アベノミクスの成果と強調したことはないとした。根本厚生労働相もアベノミクスの数字をよりよく見せるための偽装との指摘はあたらないとした。

政府は今日まとめた今月の月例経済報告で、景気は緩やかに回復しているという判断を維持した。これにより今の景気回復の期間は6年2ヶ月となり、いざなみ景気を抜いて戦後最長となった可能性が高まった。しかし実感が乏しいという声も聞かれる。その理由の1つが可処分所得が伸びていないこと。ベースアップなどの一方で社会保険料などの負担も増加しており、可処分所得はこの10年でわずかに減少している。節約志向の消費者取り込みに企業はしのぎを削っている。実感を伴う景気回復に必要なのは、専門家の小玉祐一氏によると、社会保険料・税金の所得に占める割合が上がっているため、やはり毎月の給料が着実に上がってくることだという。日本電産は今月、米中貿易摩擦を理由に今年3月期の1年間の業績予想について売り上げを下方修正した。中国経済が減速すれば国内企業への影響も深刻になる恐れがある。

インフルエンザの患者数は今月20日までの5日間で水系患者数は約213万人、全都道府県で警報レベルを超えている。青森市の診療所では患者の半数ほどが新薬「ゾフルーザ」を希望するという。ゾフルーザは塩野義製薬が製造し、去年3月に販売開始となった。タミフルは1日2回、5日間のむ必要があるが、ゾフルーザは1回の服用だけですむことから使いやすいと評価されている。ゾフルーザは細胞の中でウイルスの増殖を妨げるため、1回の服用で住む。しかし、薬が効きにくく変化する耐性ウイルスが検出された。国立感染症研究所によると、先月小学生2人から耐性ウイルスを検出したという。耐性ウイルスはゾフルーザの効果が大幅に低下していたが、タミフルなどは効果があったという。塩野義製薬の臨床試験では耐性ウイルスの検出は成人では9%余、12歳未満では23%余で検出された。耐性ウイルス検出の患者は発熱などの期間が一般患者より成人では13時間余長くなった。塩野義製薬はウイルスが病原性があるのかどうか解析を行っている、詳細が分かりしだい速やかに情報を公表していきたいとコメントしている。専門家は耐性ウイルスに不明な点が多く、十分に検討して使うべきだとしている。

作家の橋本治さんがきょう午後3時すぎ、肺炎のため70歳で亡くなった。東京都出身の橋本治さんは東京大学に在学中の昭和43年、大学の学園祭のポスター「とめてくれるなおっかさん背中のいちょうが泣いている男東大どこへ行く」で注目された。大学卒業後、「桃尻娘」で作家デビューした。若者ことばによる新しい解釈で古典の現代語訳に挑戦した「桃尻誤訳枕草子」を発表した他、論評やエッセイにも取り組み、「三島由紀夫」とはなにものだったのかでは小林秀雄賞を受賞した。

アメリカ司法当局は法人としてのファーウェイと副会長らの起訴を発表した。中国の通信機器大手ファーウェイはスマートフォンの出荷台数は世界2位となっている。先月、副会長がカナダで詐欺容疑で逮捕された。その後、自宅のあるバンクーバー滞在などを条件に保釈されたが、中国側は逮捕そのものの撤回を求めていた。ファーウェイに関わる罪は23にのぼる。関連会社2社はアメリカの携帯電話大手の施設から部品を無断で持ち出すなどしていて、貴重な情報を盗み出した社員には特別ボーナスが支給されていたという。副会長の身柄にについては、カナダ政府に引き渡しを求めていくとした。中国側は激しく反発している。中国の劉鶴副首相は28日にワシントンに到着し、トランプ大統領と会談する予定。ロス商務長官は会見で、今回の起訴は司法当局の行動で、我々の中国との交渉とは全く別物だとした。

法制審議会は特別養子縁組の仕組みを見直す民法改正の要綱案をまとめた。特別養子縁組は児童虐待や貧困などを理由に、実の親と暮らせない子どもを救済するため、子どもを引き取りたい夫婦が家庭裁判所に審判を申し立て、原則実の親の同意を得て成立する仕組み。法律上、実の親との親子関係がなくなり、育ての親と親子関係を結ぶことになる。要綱案では養子になる子どもの年齢を6歳未満としているが、原則15歳未満に引き上げるとしている。15歳から17歳までの子どもは本人の同意などを条件に例外的に養子として認めるとしている。現在は、裁判所の審判が正式に確定するまで実の親が引き渡しを撤回できる。要綱案では同意後、一定期間たてば撤回不可になるようにしている。法制審議会は来月の総会で正式に要綱をまとめる方針。

今月25日、青酸カリとみられる粉末と脅迫文が複数の企業に送りつけられた。封筒が届いたのは東京で14社、大阪で3社、札幌で1社、合計18社。脅迫文はA4サイズの紙1枚にワープロで文字が打たれ、3500万ウォンをビットコインで払わないと悲劇が起こるという内容が書かれていた。多くは文末にオウム真理教元代表の名前が記載されていた。これまでに一部の粉末は青酸カリと確認された。青酸カリはシアン化カリウムとも呼ばれ、主にメッキなどの金属加工に使われている。毒性について専門家は、致死量は0.2~0.3グラム程度、少量でも服用してしまった場合死に至る可能性はあるという。警察は同一犯とみて恐喝未遂容疑で捜査している。

政府は東京五輪・東京パラリンピックの大会経費を2013年度からの7年間で計2197億円だとする集計結果を公表した。競技力の強化関連に1010億円、新国立競技場の整備費用に517億円。桜田五輪相は効率的・効果的に実施するとともに、できる限りコストを抑制するように努めるとした。

キーワード
二階幹事長
辻元国対委員長
厚生労働省
根本厚生労働相
国民民主党
立憲民主党
日本維新の会
共産党
安倍首相
アベノミクス
インフルエンザ
景気回復
青森市(青森)
ゾフルーザ
橋本治さん
茂木経済再生相
塩野義製薬
月例経済報告
タミフル
いざなみ景気
国立感染症研究所
桃尻娘
可処分所得
中央区(大阪)
東京大学
永守重信会長
日本電産
小林秀雄賞
三島由紀夫
米中貿易摩擦
桃尻誤訳枕草子
東京都
ファーウェイ
特別養子縁組
ワシントン(アメリカ)
レイ長官
バンクーバー(カナダ)
ウィテカー司法長官代行
北京(中国)
耿爽報道官
劉鶴副首相
トランプ大統領
ロス商務長官
昭和大学
朝日新聞東京本社
毎日新聞東京本社
オウム真理教
山本国家公務委員長
品川区(東京)
中央区(東京)
千代田区(東京)
大阪府
札幌(北海道)
青酸カリ
法制審議会
東京五輪
東京パラリンピック
新国立競技場
桜田五輪相

スポーツ (ニュース)
19:25~

ヤマハ発動機のラグビー清宮克幸監督がきょう退任会見を行った。清宮監督は2011年に低迷していたヤマハ発動機の監督に就任し、2015年の日本選手権で日本一となった。今後はラグビーの普及に取り組みたいとしている。

4月の卓球世界選手権の日本代表が発表された。女子では伊藤美誠選手、石川佳純選手、平野美宇選手、佐藤瞳選手。男子では張本智和選手、水谷隼選手、丹羽孝希選手、吉村和弘選手が選ばれた。東京五輪シングルスの代表は来年1月の世界ランキング上位2人が選ばれる予定。

キーワード
新宿区(東京)
ヤマハ発動機
清宮克幸監督
伊藤美誠選手
世界選手権
石川佳純選手
平野美宇選手
佐藤瞳選手
張本智和選手
水谷隼選手
丹羽孝希選手
吉村和弘選手
東京五輪

気象情報 (ニュース)
19:27~

全国の気象情報を伝えた。

エンディング (その他)
19:29~

エンディングで今日伝えたニュースの項目を紹介した。

  1. 前回の放送
  2. 1月29日 放送
  3. 次回の放送