NHKニュース7 猛暑こんな所にも影響 ▽学校ブロック塀危険は

『ニュース7』(ニュース・セブン、英語: NEWS 7)は、日本放送協会(NHK)で毎日19時台に生放送されている報道番組である(一部の時期を除く)。チャンネルは総合テレビのほか、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送)がある。正式タイトルは『NHKニュース7』。一部番組表などでは『N7』と表記されることがある。本記事では、本番組の前身番組である『19時のNHKニュース』や『NHKきょうのニュース』などについてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月10日(金) 19:00~19:30
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
19:00~

今日午前、群馬県の9人搭乗の防災ヘリ「はるな」が群馬県の山中に墜落。これまでに8人が見つかり、2人が病院に搬送された。先程、前橋赤十字病院が記者会見で2人が死亡したことを発表。墜落現場は中之条町。破片が散乱してるのがわかる。ヘリは長野県との県境の登山道視察に向かった後、連絡が取れなくなっていた。警察などは6人の容体確認と残る1人の捜索を急いでいる。群馬県によると、ヘリに搭乗してたのは、県の防災航空隊の4人と吾妻広域消防本部の5人。ヘリは全長17.1mで定員15人。飛行時間は7000時間超で昨年度の飛行回数は403回。午前10時過ぎの交信を最後に連絡が途絶えたという。現場周辺の人は、ヘリの異常を目撃していた。

自民党総裁選に石破元幹事長が立候補することを正式発表した。会見では「正直で公正、謙虚で丁寧な政治をつくりたい」などと延べた。政治と行政の信頼を回復させるため「100日プラン」を作成し、年内に実行する方針を示した。一方、憲法改正も論点になるとした上で「”自衛隊の明記”よりも参院選の合区解消や、”緊急事態条項”新設に優先的に取り組むべき」などという考えを示した。また災害対応や防災対策に一元的にあたる「防災省」の創設が必要との認識も示した。今回の総裁選では安倍首相が3選に強い意欲を示しており、6年ぶりの選挙戦となる見通し。細田派からは牽制する声が上がっている。立候補に意欲を示す野田総務相は「引き続き私も仲間と活動を加速化させ、追いつけるよう取り組んでいきたい」などと延べた。

自民党総裁選に石破氏が出馬表明したことについて。「正直・公正」を主張した狙いは、森友・加計問題などで国民から行政の公平性に疑念がもたれていることや、党内での自由かったつな議論が減り政府へのチェック機能が弱くなっているという考えがあるとされる。政権運営に焦点をあてることで、安倍首相との違いを明確にしたと言える。

今年4月から6月までのGDP国内総生産がきょう発表され、年率に換算して+1.9%と2期ぶりのプラスとなった。猛暑が続く今年の夏で飲料やエアコンなどの売れ行きが良くなるため猛暑は消費を押し上げる効果があるとされている。また太陽熱を吸収しにくくする特殊加工がされたジャケットなども売れ行きを伸ばしている。一方で猛暑の影響で売り上げを鈍っているのが虫除けや殺虫剤など。これは35℃以上の気温だと蚊の活動量が減るためである。猛暑が景気に与える影響について専門家は猛暑で外出を控えて客が来ないというマイナス面も出てくると話した。先行きについてはトランプ政権が進める保護主義的な貿易政策をリスク要因に上げた。

防災ヘリは明日開通予定のぐんま県境稜線トレイルという登山道の視察に向かっていた。午前9時15分に群馬ヘリポート離陸、山道を見てヘリポートに10時45分に戻る予定だった。午前10時過ぎの交信を最後に通信が途絶え、渋峠付近で機体が見つかった。

自民党総裁選は国会議員票と党員票それぞれ405票で争われる見通し。安倍首相は5つの派閥に加え、竹下派の衆院側から支持を集めている。石破氏は自らの派閥のほか、竹下派の参院側から支持を受ける見通し。石破氏は党員票に活路を見出したい考えで、安倍政権に対する批判は党員の間にも少なからずあるとみている。党員票は政権や派閥の影響を受けにくく、統一地方選を控えていることも影響すると分析している。

長野県と群馬県の県境の渋峠から中継。ホテルに現地本部が置かれ、警察などが集まっている。見つかった乗員8人のうち、2人の死亡が確認された。警察などは残る1人の捜索などをしてる。

車いすラグビーの世界選手権で日本が初の金メダルを獲得した。池崎大輔選手は「チームみんなで高みを目指してやっていきたい」などとコメントした。

墜落した防災ヘリは4月にエンジンで空気の逆流現象があり、2ヶ月ほどかけて修理されたという。6月19日に修理が終わって通常運航してたという。江東区にある東邦航空が防災ヘリの運航の委託を受けていた。この会社は近年墜落などの事故が相次いでいた。去年11月には建築資材を運んだヘリコプターが上野村で墜落し4人死亡。修理の際に多数の違反が確認され、国土交通省から事業改善命令がでていた。平成23年には、工事資材を運んだヘリコプターが清川村で墜落し機長が死亡。整備士が大怪我。平成19年には、中津川の山で作業中に墜落しパイロットが死亡。今日の事故について東邦航空は、「今日の時点で話せることはない。」とコメント。今日、草津白根山周辺で登山していた人によると、風はほとんどなく厚い雲で視界が悪い状態だったという。専門家は、「気象状態の悪化でこういうフライトにならざるを得なかったのでは。」とコメント。運輸安全委員会は航空事故調査官3人を現地に派遣し事故の原因を調べることにしている。

関東地方で大気が不安定となり、栃木県や群馬県などに記録的短時間大雨情報が発表されている。大雨などによる急な川の増水には注意が必要。午後6時半前後までの1時間で、栃木・宇都宮付近などで約120ミリ、群馬・みどり東町付近では約100ミリを観測したという。また栃木県・群馬県では土砂災害警戒情報が発表され、土砂災害の危険性が非常に高まっている。関東地方では明日明け方にかけ、雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の恐れがある。明日夕方までの24時間雨量は、関東北部山沿いの多い所でで120ミリと予想されている。気象庁は低い土地での浸水や川の増水、土砂災害に警戒し、落雷や竜巻などの激しい突風に注意を呼びかけている。

6月の大阪北部の地震を受け、全国の公立学校のブロック塀を調査したところ、1万校以上で安全性に問題があることがわかった。大阪北部の地震では、登校中の女子児童が小学校のブロック塀の下敷きになり死亡している。倒れた塀は法律の基準を満たしていなかった。実験では、基準を満たした塀は震度7でも倒れなかった。基準を満たしていない塀は震度5で根元から折れてしまった。東京・八王子市では33校で基準を満たさないブロック塀が見つかっている。目隠し・防音などのため昭和56年以降に建てられたという。ブロック塀の設置基準は昭和56年に見直されている。「宮城県沖地震」でブロック塀が相次いで倒壊し、子どもが犠牲になったことなどがきっかけだった。各地の学校では改正前の基準で作られたものが残されているケースが多いという。八王子市では校舎の耐震化などを優先する中、ブロック塀の対策は後回しになっていたとしている。文部科学省はできるだけ早く撤去が進むよう、自治体への支援を検討している。

キーワード
前橋赤十字病院
自民党総裁選
石破氏
はるな
憲法改正
安倍首相
吾妻広域消防本部
細田前総務会長
防災航空隊
野田総務相
森友・加計問題
GDP
中之条町(群馬)
長野県
ぐんま県境稜線トレイル
猛暑
前橋市(群馬)
鳥居峠
横手山
稲包山
渋峠
統一地方選
群馬県
鳥取県
フマキラー
東京パラリンピック
世界選手権
東邦航空
池崎大輔選手
記録的短時間大雨情報
トランプ大統領
名古屋(愛知)
豊島区(東京)
世田谷区(東京)
国土交通省
土砂災害警戒情報
宇都宮市(栃木)
さくら市(栃木)
東町(群馬)
運輸安全委
江東区(東京)
上野村(群馬)
清川村(神奈川)
中津川(岐阜)
草津町(群馬)
草津白根山
宮城県沖地震
文部科学省
練馬区(東京)
高槻市(大阪)
八王子市(東京)

Sports (ニュース)
19:25~

夏の甲子園大会6日目の第3試合は奈良大付属高校と羽黒高校が対戦した。奈良大付属は1点リードの5回に1番宮川がホームランを打ちリードを広げた。羽黒は1点を返すものの奈良大付属のエース木村が得意のスライダーを軸に相手打線を翻弄し勝利した。

第2試合は日大三高が7年ぶりの白星を上げた。

あすは第3試合から2回戦。第4試合では初出場の白山と愛工大名電が対戦する。

キーワード
第100回全国高等学校野球選手権記念大会
奈良大付
羽黒高校
宮川
木村
日大三高
白山
愛工大名電

気象情報 (ニュース)
19:27~

全国の天気予報を伝えた。栃木県宇都宮市付近では1時間に120ミリの雨が降り記録的短時間大雨情報が出た。台風14号はあす沖縄地方に接近する。

キーワード
記録的短時間大雨情報
台風14号
宇都宮市(栃木)
東町(群馬)

ニュース (ニュース)
19:29~

栃木県や群馬県で1時間で100ミリ以上の猛烈な雨が降り記録的短時間大雨情報が相次いで発表された。

キーワード
記録的短時間大雨情報
宇都宮(栃木)
群馬県

スポット

グルメ

横手山頂ヒュッテ

スクール/教育

羽黒高校
愛工大名電
奈良大付
日大三高

レジャー/交通

群馬ヘリポート

政治/経済/地方自治体

文部科学省
国土交通省
運輸安全委
気象庁

美容/健康/医療

前橋赤十字病院
  1. 前回の放送
  2. 8月10日 放送
  3. 次回の放送