NHKニュース7 2018年7月12日放送回

『ニュース7』(ニュース・セブン、英語: NEWS 7)は、日本放送協会(NHK)で毎日19時台に生放送されている報道番組である(一部の時期を除く)。チャンネルは総合テレビのほか、NHKワールド・プレミアム(ノンスクランブル放送)がある。正式タイトルは『NHKニュース7』。一部番組表などでは『N7』と表記されることがある。本記事では、本番組の前身番組である『19時のNHKニュース』や『NHKきょうのニュース』などについてもこの項で述べる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年7月12日(木) 19:00~19:32
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
19:00~

夏の高校野球が開幕した。選手達は西日本豪雨で亡くなった人達に祈りを捧げた。犠牲者数は増加している。厳しい暑さの中で今も捜索は続いている。

広島県安芸区矢野東の捜索現場から坂梨宏和による中継。この地区ではこれまでに少なくとも5人の死亡が確認されている。また、近くの住宅団地に住む高校生の行方が今も分かっていない。その為、自衛隊等は24時間態勢で捜索活動を行っている。一方、川の上流ではこれまでの大雨で地盤が緩んでいる所がある。昨日は砂防施設が決壊する恐れがあるとして、捜索活動が一時、中断された。

広島県坂町にある避難所から中継。土砂災害のあった坂町小屋浦地区避難所となっている小屋浦ふれあいセンター内には200人以上が避難している。弁当の配布には被災した中学生らも参加している。2階の図書室も避難スペースになっている。避難所で困っていることはトイレでこの地区では断水状態がつづいている。洗濯にも困っている現状がある。避難所で対応する女性はトイレが限界で使えない、着替えが必要になるなどと話した。

岡山県真備町の小学校では子供達が設置された簡易クーラーの風にあたっていた。親からは子供の体調管理が大変などの声があった。岡山と広島中心に16府県で5500人あまりが自治体の指定した避難所に避難している。厚生労働省は今日正午時点で約23万5000戸が断水していて影響がつづいているとしている。広島県呉市の病院では断水で内視鏡などの器具洗浄するための水を確保できなくなった。予定の手術を延期にしている。済生会呉病院の院長は水は機能維持のために必要、早い復旧が待たれるなどと話した。広島県では県の管理する2つの水道施設が被災する等して広範囲で断水が続いている。県は土砂の除去などを進めているが水道管の点検などが必要で断水解消には時間がかかる。加藤厚生労働大臣は三原市の避難所を訪れ、ニーズを組み上げながら取り組みたいなどと話した。大臣は被災地で被災者の医療費などが免除されるよう市町村などに要請したことを明らかにした。広島市と呉市を結ぶ国道31号線は迂回路を設ける形で全線で通行可能になったが山陽自動車道などの高速道路は一部で通行止めが続いている。明日被災地は気温が上がる見込みで気象庁は熱中症に注意し、避難所で生活する人などはこまめな水分補給など対策を呼びかけている。被災地では引き続き土砂災害などに注意が必要。菅官房長官は今日夕方豪雨による人的被害は死者200人などと伝え、捜索活動などにあたると共に道路などの復旧・復興に取り組むなどとした。

これまでに187人が死亡していて4人が心肺停止になる等している。愛媛県宇和島市の小学生やその母親等が亡くなった。親族の女性は土砂崩れが起きた後から、3人の捜索に立ち会ってきた。しかし、3人の遺体が別々に発見された。女性は「3人一緒になれて良かった。」等とコメントした。広島県坂町小屋浦では砂防ダムの壁がなくなった。土石流で決壊し流されたとみられている。砂防ダムの下流にある地域ではこれまでに8人の死亡が確認されている。復旧も思うように進んでいない。一方、広島県では昨日、避難指示が出された。今日も府中市等で避難指示が出されたが、午後5時までに解除された。今夜遅くにかけて、局地的に激しい雨が降る恐れがある。引き続き、土砂災害等に注意が必要だ。今回の豪雨では各地で川の氾濫が相次いだ。愛媛県肱川のそばにある道の駅の防犯カメラ映像を入手した。防犯カメラには、駐車場で慌てている人の映像や濁った水が出ている映像等が映されていた。川が氾濫した時、災害弱者をどう守るか等の課題も浮き彫りになっている。岡山県倉敷市真備町では亡くなった50人のうち80%近くが自宅で見付かった。その1人の女性は自宅の階段を上がれずに亡くなった。真備町では当時、自主防災組織のリーダーがお年寄り等に避難を呼びかけていた。リーダーの女性は氾濫前に避難を呼びかけたが、実際に避難所に向かったのは9世帯だけだった。

2年後の東京オリンピックの聖火リレーは福島からスタートし4か月かけ全国をまわる。 前回1964年の東京五輪は復帰前の沖縄から聖火リレーがスタートした。2020年の3月26日に福島県からスタートし、4月にかけ本州の太平洋側や四国を回り九州に入る。5月に沖縄県に行った後は北上し中国地方へ。オリンピック2ヶ月前の5月24日に兵庫県に入る。森純也さんは1964年の聖火リレーのメンバーに選ばれたが台風の影響で中止に。森さんは当時のメンバーとともに2020年に向け再び聖火リレーに挑戦したいと話す。森さんは「たすきが途切れたままになっている。なんとか繋がらないかな」と言った。その後リレーは日本海側を進み東北地方や北海道を回る。1か月前の6月24日は静岡県に。当時29歳だった鈴木芳朗さんは仲間と共にカメラで撮影した。2020年鈴木さんはもう一度撮りたいと意気込む。静岡を出た後、聖火は関東の県を中心に回り最後は東京都で7月10日から開会式の24日まで121日間リレーが行われる。具体的なルートは各都道府県の実行委員会がそれぞれの案を年内に決定し、組織委員会がIOCの承認得た上で来年夏までに発表へ。

ワールドカップロシア大会で2得点の活躍を見せた乾貴士選手が新たにプレイするスペイン1部ベティスでの意気込みを語った。来月開幕するスペイン1部リーグではベティスでプレイし契約は3年で背番号は日本代表と同じ「14」。乾選手は1年1年を頑張っていこうと思う、最後に4年後(日本代表に)選ばれたらいいなどと話した。

北朝鮮でも東京オリンピックを見据えた動き。北朝鮮の金正恩氏が談笑しているのはIOCのバッハ会長。3月に平壌に招待し一緒にサッカーを観戦した。北朝鮮は東京五輪に参加の意向示す。こうした中、国際体操連盟の渡辺守成会長が北朝鮮から招待を受け、今日から明後日までの日程で平壌を訪れる。国際体操連盟の会長が平壌訪問は初。会長は「スポーツは政治に関係なく参加できる社会を作ってもらいたい。こうやって扉を開いていければいい」と言った。会長は滞在中、競技施設や演技を視察し、関係者と面談か。

住民への避難指示など緊急の内容含む情報を配信する岡山県の防災情報メール。今回の豪雨災害でシステムトラブルがあった。約6万4000人が登録。特別警報が発表される中200万通近くのメールが21分から最大2時間遅れがあった。危機管理課の課長は謝罪した。

フリーマーケットサイトは個人が医薬品・医療機器など販売することは法律で認めず。東京都によると今年1月から先月までの半年間で、サイトの運営会社に違法な出品で削除や是正を要請した数が1000件にのぼった。違法販売防ぐためサイトの運営会社6社と連携し監視を強化。医薬品は医師による診断や薬剤師による服薬指導を受けた上で正しく使わなければ健康被害が生じかねないということだ。

貿易摩擦の激化に強い懸念。経済同友会の小林代表幹事は企業経営者が経済や政治の課題を議論するセミナーで、米中が互いに輸入品への関税を引き上げ対立が深まっている事態に「米中や他の地域も巻き込んで糸口の見えない貿易戦争の様相を呈してきた。数年前には考えられないこと」と指摘。セミナーでは貿易摩擦の激化について日本経済界の対応競技し提言とりまとめ。・

大相撲名古屋場所は5日目。きのう初黒星の鶴竜はきょうは阿炎と。 阿炎の突き出しで鶴竜は連敗。阿炎は我慢した結果が出てうれしいですと話した。

ここまで4連勝の栃ノ心は琴奨菊と対戦。栃ノ心の寄り切りで5連勝。栃ノ心は気持ちいいですよとご満悦だった。

名古屋場所5日目中入後の勝敗一覧。琴恵光と明生の新入幕同士の一番は琴恵光が制した。荒鷲が5連敗。旭大星と嘉風もなかなか初日がでない。豪栄道は白星先行。

御嶽海と松鳳山の一番。御嶽海が5連勝。

キーワード
西日本豪雨
夏の高校野球
全国高校野球 愛媛大会
松山(愛媛)
清流の里ひじかわ
小屋浦ふれあいセンター
自衛隊
坂町(広島)
大洲(愛媛)
矢野東(広島)
肱川
NHK
港区(東京)
東京五輪
乾貴士選手
ベティス
厚生労働省
東京オリンピック
W杯ロシア大会
本郷取水場
土砂崩れ
加藤厚生労働大臣
国道31号線
山陽自動車道
菅官房長官
真備町(岡山)
呉市(広島)
三原市(広島)
大洲市(愛知)
長野五輪
宇和島市(愛媛)
小屋浦(広島)
府中(広島)
福山(広島)
肱川(愛媛県
心肺停止
金正恩朝鮮労働党委員長
IOC
バッハ会長
渡辺守成会長
国際体操連盟
平壌(北朝鮮)
倉敷市(岡山)
東京都
経済同友会
小林代表幹事
軽井沢町(長野)
鶴竜
阿炎
突き出し
栃ノ心
琴奨菊
寄り切り
名古屋場所
琴恵光
明生
荒鷲
旭大星
嘉風
豪栄道
御嶽海
松鳳山

気象情報 (ニュース)
19:29~

気象情報を伝えた。

日経平均株価 東証株価指数(TOPIX)

キーワード
日経平均株価
東証株価指数(TOPIX)

エンディング (その他)
19:31~

エンディングの挨拶。

  1. 前回の放送
  2. 7月12日 放送
  3. 次回の放送