クローズアップ現代 2016年2月3日放送回

放送日 2016年2月3日(水) 1:00~ 1:26
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
01:00~

年明け以降乱高下が続く世界の株式市場。引き金は中国経済の減速。さらに新興国の経済も大きく揺さぶられている。混乱する世界経済、負の連鎖を止められるのか。

混乱の世界経済“負の連鎖”は止まるのか (バラエティ/情報)
01:01~

今年に入って世界の金融市場の動揺が目立っている。大きな要因は中国経済の減速。中国は4兆元の大規模な景気刺激策を打ち出し世界経済を牽引してきた。中国による積極的な投資は原油などの資源需要を高め、新興国との成長にもつながった。一方アメリカは4兆ドルの金融緩和を行い、世界経済に流れ込んだ巨額のマネーが世界の成長を後押しした。しかし今サイクルが逆回転している。アメリカは利上げに踏み切りマネーがアメリカに逆流しサイクルが負の連鎖に変わってきた。

中国・遼寧省は鉄鋼業が盛んな地域。今多くの工場で生産ラインが止まっている。遼寧省のGDP成長率は去年3%と国内最低水準になった。30年鉄鋼メーカーにつとめている男性は給料はでなくなり工場全体が見捨てられたようだと話す。男性は週末はタクシー運転手として働いている。町には職を求める人があふれていた。

IMFは先月2016年の成長率の見通しを下方修正した。中でも最も悪化するとされたのがブラジル。今ブラジルでは経済が低迷し市民生活を直撃、各地で暴動やデモが相次いでいる。背景にあるのが資源価格の下落。鉄鉱石の中国需要が激減し価格は4分の1に下落、ブラジル経済を揺るがしている。例年2月はカーニバルで賑わうが今年は50か所以上で中止になった。五輪経費も10%削減、準備も遅れている。

さらにアメリカの利上げが新興国経済に追い打ちをかけている。金利が上がったアメリカへと流れていく資金の流出を止めるには、新興国も金利を上げなければいけない。しかし新興国は金融緩和によって、2000兆円に上る借金を積み重ねてきた。そこで利上げを行うと借金がさらに膨らみ、企業の倒産が相次ぐ恐れがある。

IMFが警告している国の1つが韓国。国が低金利政策を続ける中、韓国では民間の借金が4年ほどで約20%増加した。今後、金利が1%上がると、全体の20%近くの企業が借金の返済に行き詰まってしまうとみられている。LG経済研究院のイ・グンテ首席研究委員は、積み上がった借金は韓国にとってアジア通貨危機やリーマンショックよりも深刻になるかもしれないと述べた。

今夜のゲストは第一生命経済研究所の首席エコノミストの西濱徹さん。中国はリーマンショック後に大規模な景気対策を行ったことで、生産設備や在庫、不動産投資などの過剰状態を抱えている。一方欧米や日本も量的金融緩和を行ったことで世界的な金余りの状態が続いている。バブルの大きさは、FRBの資産規模で考えるとこれまでの約4倍となっている。またIT技術の進展により、マネーの足が速くなっている。韓国経済は中国への依存度を強めてきたことで、中国経済の減速が直接ダメージを与えている。加えて、企業や家計が海外で資金調達を行い、借金をしているため悪循環となってきている。企業債務が膨張している今回のバブルで厄介なのは資源関連企業で、原油会社などの金回りが行き詰まると国際金融市場に多大な影響を与えるとみられる。

中国が主導して先月開業したAIIB(アジアインフラ投資銀行)は、世界57カ国が傘下。膨大な需要が見込まれるアジアのインフラ建設に資金提供し支援することが目的だとしている。国内経済が低迷する中、アジアのインフラ需要を中国に取り込んでいく戦略とみられる。メーカーは、国の後押しがあればさらに海外進出できると考えている。

中国は通貨・人民元の使用の拡大を推し進めている。中国との貿易で人民元の使用を決定したASEAN最大の経済大国・インドネシア。これまでドルを使用していた企業は、ドル高を理由に通貨を輸入コストが抑えられる人民元にしようと考えている。

西浜徹さんは、中国共産党の中で供給側の改革など正しいことを言ってはいるが、具体策が上がってこないことに海外勢はやきもきしていると述べた。また、今後アメリカは市場との対話をしながら利上げしていくことが大切で、日本は政治が安定している間にアベノミクスの政策や構造転換を着実に進められるかどうかがポイントだと解説した。

この番組はNHKオンデマンドで配信。クローズアップ現代ホームページのURLと、Twitterのアカウント「@nhk_kurogen」のテロップ表示。番組facebookも更新中。

クローズアップ現代の次回予告。

キーワード
中国
アメリカ
遼寧省(中国)
GDP
IMF
ブラジル
利上げ
金融緩和
パク・クネ大統領
韓国
ペトロブラス
AIIB アジアインフラ投資銀行
北京
習近平国家主席
江蘇省(中国)
トマス・レンボン商業相
王輝耀
人民元
インドネシア
クローズアップ現代 公式ツイッター
クローズアップ現代ホームページ
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月3日 放送
  3. 次回の放送