クローズアップ現代 “地中海難民”?EU揺るがす人道危機?

放送日 2015年6月24日(水) 19:30~19:56
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
19:30~

イタリア・シチリア島で海岸に打ち上げられた船が紹介。今週は、地中海で命を落とす人が急増している事を特集すると伝えた。中東やアフリカから粗末な船でヨーロッパに行こうとする難民がこの5年間で約50万人と急増していて、それに合わせ懸命な救助活動も続いている。イタリア沿岸警備隊 責任者は「一刻も早く助けなければいけません」と語っていた。また、イタリア内相もヨーロッパの責任と連帯が問われていると語っていた。

キーワード
シチリア島(イタリア)
難民

“地中海難民”~EU揺るがす人道危機~ (バラエティ/情報)
19:31~

イタリア・シチリア島を取材すると、この日も100人以上の難民が到着していた。国籍はソマリアやナイジェリアなどアフリカからが多く、裸足のものから生後間もない赤ん坊まで確認されたそして到着した人々は健康診断指紋採取をした上で難民申請の手続きをする。ここでイタリア沿岸警備隊が撮影した映像が紹介され、難民が増える中、救助活動を広げ船を確認した時点で救助する事が伝えられた。その理由は、転覆事故も増えているからで今年4月には800人を超える死者が出た事が明かされた。イタリア沿岸警備隊 指令センターのシリオ・ファエセンター長は船が遭難するのは人を乗せすぎているからですと説明した。

イタリアは難民を分散化するようEUに申請していて、これはイタリアとギリシャにいる難民の一部4万人を受け入れている。イタリアのサンニーノEU大使は、共同責任で対処すべきで、全ての加盟国に責任があると語った。現在、イタリアやギリシャ、ドイツ、スウェーデンは効果的だがイギリスやフランス、スペイン、ポーランドなどは否定的と発表。これはイギリスやフランスでは移民によるテロが起きている事も理由と伝えられた。ポーランドのスタハンチック副内相は、ポーランドには中東やアフリカ出身者のコミュニティがない、居場所を見つけられないだろうと語った。そしてイタリア・ベンディミリアではアフリカからたどり着くも、フランスに渡ろうとしたらEUの規則をたてに入国を拒否したと明かされた。またイタリアとフランスの間でイタリア側は難民は国境を超えたいとノベルも、フランスではイタリアで登録された難民はヨーロッパの法に基づき、イタリアで受け入れなければならないと反論している。その上で、EUは会議を開いたがイギリスの臨む分散化は可決されていない事が伝えられた。

スタジオで難民についてトーク。現在、リビアやエジプトと言った北アフリカの国々沿岸かや約400kmの場所にあるのがイタリア。ここでは粗末な扱いの船に定員オーバーの人々を乗せ数日から1週間ほどの密航が続いている。EUヨーロッパ連合に向かう人々の数は前例のない基準で増えている。これは貧困に悩むナイジェリアなどアフリカ各国である。地中海に面したイタリアやギリシャでは難民受け入れ態勢に限界が出始めていると伝えられた。

イタリア・シチリア島に設けられた難民の受け入れ施設を取材。ここに4月に800人の転覆事故の生存者と対面。西アフリカマリ出身のカネテさん21歳とブオレさん22歳は転覆について、船長が密航の取り締まりを警戒し、船の照明を消していた為に大型船と衝突したと説明した。

ヨーロッパに押し寄せる難民船。その背後で暗躍しているのは北アフリカである。拠点の一つとなるエジプトで取材をすると、密航業者は5年前の「アラブの春」以降に国境管理がずさんになった事で活発化したと説明し、今では密航業者も金額を引き下げ対応している事で転覆事故が増えた事が伝えられた。密航業者は、人数を増やし儲けられる、密航者が転覆しようと知った事じゃないと語っていた。

難民を食い物にする密航業者だが、難民にとってはすがりつくしかないと説明。ここで、シリアからエジプトに逃れてきたアブドルラフマン・ハッジカッセムさん22歳を取材。逃れた直後、クーデターでシリア出身だけで敵視されるようになった。この様子を打破する為にヨーロッパに行きたい、海でどんな結果が出ても今よりはマシですと語っていた。

スタジオにEUの難民政策に詳しい広島大学教授の中坂恵美子さんを迎えトーク。中坂さんは、何百人という人数が国境を超えてくるのが 日常化している事が深刻な事態と説明した。また過去にも多かったがアフリカなど他国が流れてきている事もポイントと説明した。またヨーロッパでも受け入れを移民として考えている事が前に進まない原因だと語っていた。

今後のイタリアについてトーク。イタリア沿岸警備隊では船を確認した時点で救助に向かう、これは人権の尊重となり、それを否定する事はないだろうと語っていた。

先月、イタリア北部でデモが発生。これは昨年、地中海を超えてきた難民が17万人を超えた事に市民の不満が強まった結果である。また、イタリア・バッタリア・テレメにある難民受け入れ施設となり、現在は市内3か所あり100人位が住んでいると紹介。しかし、この受入について市民に説明なく行政が決めた事で、住民であるニコラ・ボエットさんは去年までホテルも繁盛していたが、今は難民が50人以上いると言われているが実際、誰も詳細は知らないと語っていた。

スタジオで明日から開かれるEU首脳会談についてトーク。最新情報では、イタリアが求める割り当て案について来年1月頃までに話し合いが続くと説明した。これを受け、中坂は、ここで決着をつけるべきだと語った。また、EUが恐れている事についてはイタリアがさじを投げないようにする事が大事だと説明した。解決策としては独裁政権を倒し、その後の平和構築が必要になると語った。

明日のクローズアップ現代の番組宣伝がテロップで流れた。

キーワード
シリオ・ファエセンター長
サンニーノEU大使
スタハンチック副内相
アルファノ内相
イタリア
難民
EU
シチリア島(イタリア)
ソマリア
ナイジェリア
エジプト
密航
アラブの春
広島大学
バッタリア(イタリア)
ギリシャ
ベンディミリア(イタリア)
フランス

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月24日 放送
  3. 次回の放送