大相撲秋場所 十四日目 ▽白鵬勝てば41回目のV&史上初の幕内1000勝

放送日 2018年9月22日(土) 16:00~18:04
放送局 NHK総合

番組概要

大相撲秋場所 十四日目(中継) (スポーツ)
16:00~

横綱・稀勢の里の土俵入りの様子を伝えた。

横綱・鶴竜の土俵入りの様子を伝えた。

「大相撲名場面ランキング」で最も票を集めた「千代の富士 初優勝」の映像を伝えた。映像に関して鏡山は「これから一気に駆け上がっていくわけですからね」とコメントした。また鏡山が最も記憶に残る一番として「昭和50年北の湖-貴ノ花」の映像を伝えた。

東【前頭十六】琴勇輝(6勝8敗)。西【十両一】荒鷲(7勝7敗)。琴勇輝の突き出し。

今日の幕内の取り組みを紹介した。

東【前頭十二】隠岐の海(8勝6敗)。西【前頭十五】千代翔馬(8勝6敗)。隠岐の海の上手投げ。

東【前頭十一】佐田の海(8勝6敗)。西【前頭十三】竜電(9勝5敗)。佐田の海の寄り切り。

東【前頭十四】隆の勝(8勝6敗)。西【前頭十】大栄翔(7勝7敗)。隆の勝の押し倒し。

隆の勝へのインタビュー。「今日はまっすぐあたって押していこうと思っていた」「勝ち越しを決める取り組みになると上半身に力が入ってしまう」などとコメントした。

東【前頭九】北勝富士(9勝5敗)。西【前頭十三】貴ノ岩(9勝5敗)。北勝富士の押し出し。

東【前頭十六】石浦(4勝10敗)。西【前頭九】大翔丸(5勝9敗)。石浦の寄り切り。

東【前頭八】宝富士(6勝8敗)。西【前頭十】碧山(6勝8敗)。碧山のはたき込み。

東【前頭七】松鳳山(6勝8敗)。西【前頭十二】錦木(9勝5敗)。錦木の小手投げ。

幕下上位・十両の結果を伝えた。

東【前頭十四】千代丸(6勝8敗)。西【前頭七】栃煌山(7勝7敗)。栃煌山の突き落とし。

東【前頭六】輝(7勝7敗)。西【前頭八】琴奨菊(7勝7敗)。琴奨菊の押し出し。

東【前頭十五】嘉風(10勝4敗)。西【前頭五】朝乃山(7勝7敗)。嘉風の突き落とし。

幕内の結果を伝えた。

鏡山は白鵬と対戦する豪栄道について「自分の得意な前褌取りに行って上手を取らせない相撲を取らないと」などとコメントした。

東【前頭二】豊山(2勝10敗2休)。西【前頭三】遠藤(3勝11敗)。遠藤の突き出し。

あすの十両・幕内の取組を伝えた。

東【前頭一】勢(3勝11敗)。西【前頭六】阿武咲(3勝11敗)。勢のはたき込み。

東【前頭二】千代大龍(4勝10敗)。西【前頭一】魁聖(7勝7敗)。魁聖の寄り切り。

東【小結】玉鷲(3勝11敗)。西【前頭四】千代の国(4勝10敗)。千代の国の突き出し。

東【前頭五】妙義龍(8勝6敗)。西【小結】貴景勝(8勝6敗)。貴景勝の引き落とし。

貴景勝へインタビュー。「気持ちで負けないことだけ考えて、あとは自分の相撲を意識した」などとコメントした。、

東【前頭三】正代(6勝8敗)。西【関脇】逸ノ城(7勝7敗)。逸ノ城のはたき込み。

「大相撲名場面ランキング」で最も票を集めた「千代の富士 初優勝」の映像を伝えた。映像に関して鏡山は「これから一気に駆け上がっていくわけですからね」とコメントした。また鏡山が最も記憶に残る一番として「昭和50年北の湖-貴ノ花」の映像を伝えた。

鏡山は白鵬と対戦する豪栄道について「自分の得意な前褌取りに行って上手を取らせない相撲を取らないと」などとコメントした。

東【前頭四】阿炎(6勝8敗)。西【大関】栃ノ心(8勝6敗)。栃ノ心の下手投げ。

東【関脇】御嶽海(8勝6敗)。西【大関】高安(11勝3敗)。御嶽海の突き落とし。

東【横綱】鶴竜(10勝4敗)。西【横綱】稀勢の里(10勝4敗)。稀勢の里の寄り切り。

優勝を決めた白鵬へインタビュー。「ホッとしています」「年とともに怪我も増えましたが価値ある優勝だったかなと思います」などとコメントした。

東【大関】豪栄道(11勝3敗)。西【横綱】白鵬(14勝0敗)。白鵬の上手投げ。

キーワード
大相撲秋場所
千代の富士
北の湖
貴ノ花
白鵬
豪栄道

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送
  3. 次回の放送