衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 「東京都」(一部)

放送日 2017年10月19日(木) 7:25~ 7:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:25~

この時間は公職選挙法に基いて候補者届け政党のうち自由民主党、社会民主党、日本共産党の政見を放送する。

キーワード
自由民主党
社会民主党
日本共産党
政見放送
公職選挙法

衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 (ニュース)
07:26~

自由民主党の政見放送。自民党総裁・安倍晋三が演説した。北朝鮮の脅威、少子高齢化という国難を乗り越え、子どもたちの未来を切り開いていくのか。この選挙は日本の未来を決める選挙。豊かで平和な日本を守り抜く政策を実行し続ける。女性が活躍し、お年寄りや障害者が笑顔で語り合うなど一人ひとりの明日を大切にする。

第1区は山田みき。第2区は辻清人。第3区は石原ひろたか。第4区は平将明。第5区は若宮けんじ。第6区はおちたかお。第7区は松本文明。第8区は石原のぶてる。第9区はすがわら一秀。第10区は鈴木隼人 。第11区は下村博文。第13区はかもした一郎。第14区は松島みどり。第15区はあきもと司。第16区は大西ひでお。第17区は平沢勝栄。第18区は土屋正忠。第19区は松本洋平。第20区は木原誠二。第21区は小田原きよし。第22区は伊藤達也。第23区は小倉まさのぶ。第24区ははぎうだ光一。第25区は井上信治。政策などを訴えた。

社会民主党の政見放送。吉田忠智党首が、社会民主党は憲法を活かす政治・国民の手による政治を目指すなどと演説した。政策については、経済では「生活最優先」としてアベノミクスからの方針転換、消費税10%への引き上げ凍結、子どもの貧困問題への取り組みなどをめざす。また「いのちを守る」政策として、再稼働・新増設を認めない脱原発の実現、米軍基地については沖縄・辺野古の新基地建設反対と日米地位協定の見直し・オスプレイ運用中止、北朝鮮については平和憲法に基づく外交での貢献を目指す。また「憲法を活かす」政策として、憲法改正を認めない、日本国憲法の理念と原則を生かした政治を目指すと述べた。

社会民主党・東京21区に立候補する小糸健介の紹介。民主主義を守り、残したい。皆がテーブルについて話し合いが出来る政治を守り残していきたい。何より子ども達の未来、毎日楽しく明るくのびのびと過ごす。そんな世の中を残して行きたい。子ども達の成長によりそい、がんばっているお母さんたちの側に立った子育て政策を行いたい。社民党は消費者側に立った消費税の使い方をもう一度議論する。日本国憲法9条を世界の宝物にし、戦争ではなく話し合いで平和な未来を実現するそのリードを社民党が行う。様々な文化を誇りとして生きてきたそれぞれが認め合い助け合う豊かな未来を作っていくなどと述べた。

社会民主党・吉田忠智党首が結びの挨拶として、候補者・政党への投票を呼びかけた。

日本共産党の政見放送。志位和夫委員長が9月29日に横浜・桜木町で行った街頭演説の抜粋を紹介した。今回の解散総選挙は与党の賭けであり政権交代のまたとない機会である、与党のもたらした「安保法制」「特定秘密保護法」「共謀罪」はいずれも憲法違反であり改正すべき、森友・加計問題についても徹底究明すべきなどと訴えた。北朝鮮問題については憲法9条を堅持して平和的解決を目指す、消費税については10%の引き上げを凍結する、核兵器禁止条約については政権交代してでも批准すべきなどと述べた。

日本共産党の候補者、政党への投票を呼びかけた。

キーワード
自由民主党
安倍晋三
大田区(東京)
世田谷区(東京)
杉並区(東京)
練馬区(東京)
板橋区(東京)
足立区(東京)
江東区(東京)
江戸川区(東京)
八王子市(東京)
社会民主党
アベノミクス
消費税
脱原発
日米地位協定
オスプレイ
日本国憲法
憲法改正
小糸健介
日本国憲法9条
日本共産党
安保法制
特定秘密保護法
共謀罪
核兵器禁止条約

エンディング (その他)
07:54~

公職選挙法に基いた候補者届け政党の政見を放送した。

キーワード
公職選挙法
  1. 前回の放送
  2. 10月19日 放送
  3. 次回の放送