衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 「東京都」(一部)

放送日 2017年10月13日(金) 7:25~ 7:51
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
07:25~

東京都の小選挙区に選出された議員のうち、立憲民主党・希望の党・日本共産党の候補の政見放送を伝える。

キーワード
立憲民主党
希望の党
日本共産党
小選挙区制
東京都

衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 東京都 (ニュース)
07:25~

立憲民主党の政見放送が流れた。このなかで枝野幸男代表は、森友問題の国有地払い下げ問題や加計問題、税金問題に触れつつ「それまで政治にあまり関わりのなかった人たちが声をあげていただけるようになった。この流れをとめていはいけない。草の根の民主主義を取り戻しましょう。もはやイデオロギーの時代ではない、上からか草の根からか、これが21世紀の本当の対立軸なんです。これからは皆さんと同じ草の根から一緒になって国を作っていきましょう」と党の理念を説明した。

立憲民主党の小選挙区東京都1区、2区、3区、4区、5区、6区、7区、8区、10区、11区、13区、16区、18区、19区、22区、24区、25区の各候補者の経歴と、訴えを紹介した。

小池百合子代表はアベノミクスの景気実感を感じているか?と問いかけた。そして90年代初め頃はバブル景気で日本企業に勢いがあったが、2000年台に入ると中国企業が世界での存在感を強めており、近年IT市場の席巻でアメリカ市場の独断になり、25年で経済状況は大きく様変わりしたと説明。そして日本では現在、支払いは現金が多いが、世界各地でFintechが広がっており、東京大会ではお金の支払ひとつでも混乱が生じる、これが世界とのギャップであるとし、改革は国政においてこそしなければならない、と主張。そして、日本の「世界の女性活躍を示す数値」が昨年より下がっている事を指摘し、大胆にリセットして改革を進めよう、と訴えた。

希望の党の小選挙区東京都1区、2区、3区、4区、5区、6区、7区、8区、9区、10区、11区、12区、14区、15区、16区、17区、18区、19区、20区、21区、22区、23区、24区、25区の各候補者の経歴と、訴えを紹介した。

日本共産党の政見放送。志位和夫委員長の街頭演説として、この選挙は安倍政権の政治を終わらせる機会であるとし、「安保法制」「秘密保護法」「共謀罪」はいずれも憲法違反の法律であり廃止させるべきなどと批判した。北朝鮮問題については暴走を起こさせない、消費税については引き上げを阻止する、憲法改正については9条の改正に反対する、核兵器禁止条約については政府に採択させるためにも政権を交代すべきなどと述べた。

日本共産党の政見放送。小選挙区と比例代表のどちらにも投票をと案内した。

キーワード
立憲民主党
森友
加計
国有地
税金
イデオロギー
希望の党
アベノミクス
Fintech
東京大会
女性
志位和夫委員長
日本共産党
核兵器禁止条約
共謀罪
秘密保護法
安保法制
小選挙区
比例

エンディング (その他)
07:50~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月13日 放送
  3. 次回の放送