スタジオパークからこんにちは YAMAGUTIC「やまぐち花鳥風月」ほか

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年5月31日(火) 14:06~14:55
放送局 NHK総合

番組概要

ゲスト 片桐はいり (バラエティ/情報)
14:06~

ゲストは片桐はいり。テーマは「あなたの知らない 片桐はいり もぎり」。片桐はいりは映画館でもぎりのバイトをしていたが、テレビに出るようになってから一時やめた。しかし現在も時々近所の映画館でもぎりをしており、もぎりの様子を実演してみせた。もぎりをしている理由や映画が好きというものだが、「トットてれび」ではもぎり役をオファーされた。「トットてれび」は毎週土曜日放送。

片桐はいり宛の「大学の図書館で時々見かけた」「深夜の丸ビル前でお見かけしました」といった視聴者からのメッセージを紹介した。

キーワード
トットてれび

NHK54局からこんにちは (バラエティ/情報)
14:16~

NHKには全国で54の放送局があるが、各放送局が製作したよりすぐりの番組を紹介していく。今回はNHK山口放送局が制作した、まど・みちおの詩に乗せて山口県の四季の美しさを伝えるYAMAGUTIC「やまぐち花鳥風月」。

コーナーオープニング映像。

まど・みちおの「さくらのはなさん」 などの詩に乗せて、山口県の春の魅力を映像で伝えた。背景に大道理の芝桜などの映像。

まど・みちおの「はなび」 の詩に乗せて、山口県の夏の魅力を映像で伝えた。背景に鳴滝川などの映像。

まど・みちおの「もうすぐ うんどうかい」 の詩に乗せて、山口県の秋の魅力を映像で伝えた。背景に中須北などの映像。

まど・みちおの「ちら ちら ちら ちら」 の詩に乗せて、山口県の夏の魅力を映像で伝えた。背景に十種ヶ峰スキー場などの映像。

まど・みちおの「にこにこちゃん」 「どうして いつも」の詩に乗せて、山口県の春の魅力を映像で伝えた。背景に長府などの映像。

このあとはNHK福岡放送局制作の「世界遺産への旅」の中から、山口県の魅力を伝える。

山口・萩市は江戸時代260年間、長州藩の政治・経済の中心地として栄え、萩城下町は世界文化遺産に登録された。幕末の思想家・吉田松陰が祀られている松陰神社の境内にある松下村塾は、身分を問わず広く若者たちを指導した私塾で、伊藤博文らを輩出。世界文化遺産の重要な構成資産のひとつである。松陰の教育は政治にとどまらず、国の根幹は産業と考えていた。明治政府は殖産興業を推進したが、その原点が松下村塾である。

門人の一人・渡辺蒿蔵は当時最先端の造船技術を持つ、イギリスのグラスゴーへ留学し、現在の長崎造船所の前身となる官営長崎造船局の初代局長を務めるなど、今日の造船業のパイオニアとも言える。さらに飯田俊徳はオランダに渡り、京都と滋賀をつなぐ旧逢坂山トンネルを作り、日本の鉄道の礎を作った。

長州藩をおさめた毛利の居城・萩城。産業化に貢献した人物を輩出した松下村塾は毛利敬親の元で生まれた。現在でも残る旧町人地などの、城下町の町並みは世界文化遺産構成資産として評価されている。

山口・萩市は江戸時代260年間、長州藩の政治・経済の中心地として栄え、幕末には欧米列強による侵略の恐怖に備えて、海防強化に努めた。萩反射炉は鉄を熱で溶かすための反射炉で、長州藩は軍事力を強化しようと溶解炉の導入を試みた。この反射炉は試作的に作られたもので、国内で現存する2基の反射炉の一つである。

1855年に作られた石積みの忘八は恵美須ヶ鼻造船所跡である。当時、船の係留に使用されたとみられる係船柱も残っている。造船所が作られた年、最初の西洋式の船・丙辰丸が建造された。ロシア式の建造技術を持つ、伊豆半島の船大工を招いて造られた。1860年には本格的な軍艦・庚申丸を建造。庚申丸は、幕府が長崎に設立した海軍練習所に免れたオランダ人教官の技術が用いられた。恵美須ヶ鼻造船所跡から発掘されたかすがいなどは、古くから伝わる技術で造られている。

恵美須ヶ鼻造船所跡から発掘されたかすがいなどは、古くから伝わる技術で造られている。造船所で建造された軍艦の錨などに使用する鉄を供給したのが、大板山たたら製鉄遺跡であり、世界文化遺産の構成遺産の一つである。萩反射炉、恵美須ヶ鼻造船所跡、大板山たたら製鉄遺跡は、いずれも自力による近代化を成し遂げようとした長州藩の努力の結晶が、日本の産業化への道を開いた。

キーワード
NHK山口放送局
まど・みちお
YAMAGUTIC「やまぐち花鳥風月」
さくらのはなさん
大道理(山口)
一の坂川
芝桜
はなび
あめ
むつみ昆虫王国
紫福小学校
もうすぐ うんどうかい
埴生(山口)
萩(山口)
鳴滝川
虹ヶ浜
粟野小学校
防府(山口)
毛利氏庭園
山口大神宮
川崎観音
中須北(山口)
周南(山口)
仁保(山口)
七五三
ちら ちら ちら ちら
十種ヶ峰スキー場
錦帯橋
岩国(山口)
にこにこちゃん
どうして いつも
長府(山口)
阿知須(山口)
阿東(山口)
NHK福岡放送局
世界遺産への旅
吉田松陰
伊藤博文
山縣有朋
高杉晋作
松陰神社
萩博物館
世界文化遺産
松下村塾
萩市(山口)
渡辺蒿蔵
旧逢坂山トンネル
飯田俊徳
萩城
毛利敬親
萩反射炉
長州藩
恵美須ヶ鼻造船所跡
丙辰丸之図
庚申丸
大板山たたら製鉄遺跡

エンディング (その他)
14:53~

「ニュースシブ5時」「うたコン」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 5月31日 放送
  3. 次回の放送