スタジオパークからこんにちは 知花くらら

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年12月9日(水) 13:05~13:52
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

オープニング挨拶と、ゲスト紹介。知花くららは花燃ゆで女優デビューしている。

テーマ曲「HIRUKAZE」NAOTO

ゲストへの質問・メッセージはFAX、番組ホームページから

スタジオ観覧をご希望の方は番組ホームページから

キーワード
HIRUKAZE
NAOTO
番組ホームページ
スタジオパークからこんにちは

スタジオパークからこんにちは (バラエティ/情報)
13:07~

知花くららは花燃ゆの最終回で俳優デビューを果たす。芝居時代が初めてだったという。演じたのは津田梅子。役を演じるにあたって、津田塾大学の創設者であった津田梅子に関する文献などを読み込んだという。花燃ゆのプロデューサーは、聡明さと気品さを兼ね備え、ドレス姿が似合っているのは知花くららさんだと思ったためお願いしたと語っている。そして最終回についてあらすじを説明した。

知花くららは沖縄県出身で名前は世界中で親しまれるように「くらら」と名付けたという。幼いころはトライアスロンや水泳など様々なことに挑戦したという。中学からはソフトテニス、高校ではライブハウスへ通い詰めていたという。大学は上智大学に進学し、フラメンコに熱中したという。大学に入ってからは編集の道に進みたいと思っていたが卒業間近でミス・ユニバース・ジャパンに選出された。

Q 結果発表のとき、千花さんが考えていたことは?というクイズがデータ放送投票で受け付けた。集計中に、視聴者からのお便りを紹介した。就活しなきゃが一番多い投票数だった。正解は就活しなきゃだった。結果はミス・ユニバース2006世界大会で2位だった。

モデルや、雑誌の専属モデルなどとして活動するほか、WFPオフィシャルサポーターなども務めていた。

2008年には初めて表紙モデルを務め、そこから今年の卒業まで90回務めたという。ミス・ユニバースから帰ってきてから、就活をしようと思っていたが専属モデルの話を受けたという。

Q モデルの仕事を勉強するためにしたことは?というクイズがデータ放送投票で行われた。投票中に、津田塾大学の卒業生からのお便りを紹介した。投票結果はカメラマンのアシスタントが多かった、答えは他のモデルの撮影見学だった。先輩方の現場をみることでリズム感なども参考になったという。

秋冬の撮影でコートの撮影だと、裾は翻して欲しいが裏地は見せてはいけないというポイントがあるという。「動くな、息はしろ」というポイントがあるという、ジャケットをきてるとポージングは出来ないけれど、ちょっとしたクール感なのかなどだと動きを表現する。モデルをはじめてから、ロケが本当に苦手だったということで初めてから2年くらいは納得する写真は撮れなかったという。

WFP国連世界食糧計画のオフィシャルサポーターを務めていたが、現在は日本大使を務めている。日本大使としては国を視察して日本に持ち帰ってメディアで発信していく役目だという。2008年にザンビアに行った時の映像を紹介した。学校給食のプログラムは働く子どもたちが学校に来るきっかけになるという。先日にはキルギスへ行ったという。キルギスでは伝統的な石鹸を作るプロジェクトが行われており、前向きな活動でとても感動したという。

津田塾大学の学生からのお便りで「フランスに留学したいと思っている」といった内容だった。また大ファンだという女性からのお便りを紹介した。

キーワード
花燃ゆ
ミス・ユニバース・ジャパン

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月9日 放送
  3. 次回の放送