スタジオパークからこんにちは 宮本亜門

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年6月17日(水) 13:05~13:51
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

スタジオ観覧をご希望の方は番組ホームページから

宮本亜門さんへの質問・メッセージはFAX、番組ホームページ、携帯電話で受け付け。

テーマ曲「HIRUKAZE」NAOTO

伊藤雄彦と清水ミチコがオープニングの挨拶後、ゲストの宮本亜門を迎えた。宮本はデニム地の着物を着て登場し、着物は普段から着ていると話した。

キーワード
番組ホームページ
スタジオパークからこんにちは
NAOTO
HIRUKAZE
新日曜名作座

ゲスト 宮本亜門 (バラエティ/情報)
13:07~

本日のゲストは演出家の宮本亜門さん。清水ミチコとは何度か番組共演があるとした。宮本は来週のためしてガッテンに出演している。

ためしてガッテンの番組宣伝。

スタジオにパプリカのお寿司が登場。見た目は漬けマグロのようで清水と伊藤は美味しさに驚いていた。宮本さんの「ためしてガッテン」での楽しみ方とは?という三択クイズが出題された。視聴者からのメッセージを一部紹介、クイズの正解は楽屋トークであった。宮本は人に興味があるので演劇をやっていて、番組で様々な人と話したりすることを話すことができるので面白いと話した。話をしている中でキャスティングに繋がることもあると話した。

ためしてガッテンの番組宣伝テロップ。

宮本亜門がプライベートで好きな焼物を紹介。かなり愛用しているコーヒーカップは非常に手に馴染み、全く飽きないとした。また釉薬を不思議な具合に垂らしてある焼物を紹介し、釉薬の色と今日の爪の色がたまたま同じであった清水ミチコにプレゼントした。

今夜放送のためしてガッテンの番組宣伝。宮本亜門が出演しているためしてガッテンは来週の放送である。

宮本亜門に寄せられた視聴者からの質問を紹介。「ミュージカル女優になるために必要なことは?」という質問に宮本は歌と踊りの訓練だとした。「日頃のお洒落で気をつけていることは?」という質問にはその場を楽しむことだとした。また「高校時代に宮本が演出した舞台を観たのが今も忘れられない」などメッセージも紹介した。

宮本亜門のプロフィール紹介。幼い頃から茶道や演舞に勤しみ、幼いころは茶道の家元になるのが夢で小学校の卒業アルバムにお茶の先生と書くほどであった。また頻繁にお寺に通うなど和のことが大好きな少年であった。そのためアイドルやお笑いのことを話す同級生とは全く話が合わず次第に対人恐怖症となり、高校の時に家に引きこもってしまった。その時にチャイコフスキーの大序曲「1812年」作品49を聴き、人生が変わった。その後演劇部に入り、文化祭で演出を担当し、演劇の世界に入っていった。その後ブロードウェイやロンドンで勉強をし、ミュージカル「アイ・ガット・マーマン」で演出家デビューする。その後はミュージカルを中心に様々な演出を行い、オペラの演出なども行った。宮本にとって一番嬉しい瞬間やお客さんに喜んでもらえた時だとしている。ミュージカルとオペラはスタイルは違うが結果的にはその作品が愛せるかどうかだとした。

ミュージカル「メリリー・ウィー・ロール・アロング」の舞台稽古で、宮本亜門さん台本を直す様子や、小池徹平さんに演出をする様子が紹介された。宮本さんは演出する際、自らも役に入り込みながら熱を込めて役者に伝え、役者の良さを引き出していると語った。舞台は雰囲気が全て出てしまうため、みんなで語り合って物作りをし、ムードも大事にしていると話した。観客や出演者が喜んでいる姿を後ろから見ているのがとても幸せとのこと。

宮本亜門さんは日本で感じた魂を、世界に広げていきたいと話し、世界的和太鼓グループ・DRUM TAO「百花繚乱 ~日本ドラム絵巻」の演出を務めた。舞台では膜一枚の太鼓を月に見立てて叩くシーンもあり、和の魅力を存分に伝える作品となった。市川海老蔵自主公演「ABKAI2015」、モーツァルト「魔笛」、京都・上賀茂神社式年遷宮での奉納劇、光るダンスパフォーマンスの演出を行う。新しいことを取り入れるために、沢山話し合いを行なっていると宮本さんは語った。

キーワード
ためしてガッテン
パプリカのお寿司
大序曲「1812年」作品49
チャイコフスキー
アイ・ガット・マーマン
サウンド・オブ・ミュージック
スウィーニー・トッド
魔笛
メリリー・ウィー・ロール・アロング
小池徹平
DRUM TAO
DRUM TAO 「百花繚乱 ~日本ドラム絵巻」
市川海老蔵自主公演「ABKAI2015」
  1. 前回の放送
  2. 6月17日 放送
  3. 次回の放送