スタジオパークからこんにちは 2014年6月11日放送回

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年6月11日(水) 13:05~13:52
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

テーマ曲「HIRUKAZE/NAOTO」。

番組・ゲストへの質問・メッセージ、スタジオ観覧に関するお知らせ。番組ホームページのURLが表示された。

きょうもスタジオパークから生放送。MCを務める伊藤雄彦と竹下景子がオープニングの挨拶をし、ゲストの吉田鋼太郎を紹介した。

観覧に関するお知らせ。番組ホームページのURLが表示された。

キーワード
NAOTO
HIRUKAZE
スタジオパークからこんにちは ホームページ
スタジオパークからこんにちは 携帯サイト

ゲスト 吉田鋼太郎 (バラエティ/情報)
13:08~

今日のゲスト・吉田鋼太郎は舞台でも活躍しているが最近ではドラマでも活躍していて「半沢直樹」、「七つの会議」、「ロング・グッドバイ」、「花子とアン」などに出演している。そして、連続テレビ小説「花子とアン」より吉田鋼太郎が出演しているシーンが公開された。そしてここで「吉田さんが撮影で苦労していることは?」という問題が出題され、データ放送投票が行われた。正解は「演技中の動き」。舞台ではカメラが無いが、映像だとカメラに自分がどう写っているのかわからなくなると吉田は語った。

連続テレビ小説「花子とアン」で共演している仲間由紀恵が吉田鋼太郎について「深みがある。どこかおちゃめでかわいらしい」などと語った。これをうけ吉田は「仲間由紀恵さんこそスゴイ演技をする。すぐ泣ける。僕らそういう訓練してないからなかなかできない」などと話した。

連続テレビ小説「花子とアン」の番宣テロップ。

今日のゲスト・吉田鋼太郎のプロフィールを紹介。1959年に東京都に生まれ、幼少期は虚弱体質だった。小学校の頃に大阪に転校し、母のすすめで始めた合気道で健康な体になった。中学時代になるとモテたい一心でギターとバレーを始めるがモテなかった。高校に進学し、先生のすすめで何気なく観に行ったシェイクスピアの舞台「十二夜」で芝居の道を歩むことを決めた。そして、吉田鋼太郎がこれまで出演した蜷川幸雄による演出のシェイクスピア舞台が映像とともに紹介された。

吉田鋼太郎が舞台で共演した小栗旬が吉田について「舞台で拝見した時に衝撃を受けました。初めて共演した時は吉田塾を開いてくれて演技を教えてもらい貴重な経験でした。友人としては見習いたくない人間ですね」などと語り、飲みの席で本気で2人で喧嘩をしたというエピソードを語った。

吉田鋼太郎が小栗旬と共演している舞台「カッコーの巣の上で」の告知をした。

吉田鋼太郎がこの後歌を披露するということで、仲間由紀恵が「おもしろいですね、こぴっと頑張ってください」とコメント、小栗旬は「なんでそんな事になっちゃったんだろうね。楽しみにしてます」とコメントした。そして、渋谷や新橋でも吉田が歌を歌う事についてアンケートを取ると「渋くて良いんじゃないですか」などの意見が出た。さらに視聴者からのメッセージが紹介され、吉田の助っ人として半谷譲が紹介された。

吉田鋼太郎が井上陽水の楽曲「おやすみ」を披露した。

吉田鋼太郎に寄せられた質問やメッセージが紹介され、それに対して吉田がこたえていった。

キーワード
半沢直樹
七つの会議
ロング・グッドバイ
花子とアン
東京都
大阪府
合気道
シェイクスピア
蜷川幸雄
ヘンリー四世
シンベリン
ヘンリー六世
から騒ぎ
オセロー
コリオレイナス
タイタス・アンドロニカス
リア王
カッコーの巣の上で
渋谷(東京)
新橋(東京)
秋葉原(東京)
浅草(東京)
井上陽水
おやすみ
  1. 前回の放送
  2. 6月11日 放送
  3. 次回の放送