スタジオパークからこんにちは 近藤正臣

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2013年12月9日(月) 13:27~14:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:27~

今回のゲストは連続テレビ小説「ごちそうさん」に出演している近藤正臣。今日来ている衣装は自前だと話した。また、自分自身は捕らえどころのない人間だとも語った。今回はドラマの裏話はもちろん、現在主に暮らしている郡上八幡についても語る。

テーマ曲:太陽の約束(山崎まさよし)

キーワード
連続テレビ小説「ごちそうさん」
郡上八幡(奈良)
太陽の約束
山崎まさよし

ゲスト・近藤正臣 (バラエティ/情報)
13:29~

連続テレビ小説「ごちそうさん」で近藤正臣が演じている西門正蔵という男について紹介。大阪・南に長屋に住んでおり、普段は子供に読み書きなどを教えている。酉井捨蔵という変名を使い、通称「ほおるもんじいさん」と呼ばれている。これまでの出演シーンを見た近藤正臣は、自分が演じているにもかかわらず怪訝な表情を見せ、なんでしょうね…とコメントした。また、自分が西門家の家長であるとバレてからも、家に帰るんでしょうとおもいきや長屋に住み続けていることになったと話した。また、家の中にある小道具を用意してくれるスタッフがスゴイと話し、スタッフさんも役者も細かいことまでよく気がついており、スタッフとのコミュニケーションがとれていると話した。

近藤正臣は、「ごちそうさん」に出演する際に大正時代から昭和初期にかけての大阪の生活を研究し、すごく面白いことがわかったと話した。同じようにスタッフも時代背景を研究しており、脚本家の森下佳子さんの本も良く、台本を読みながらつい入り込んでしまうと話した。また番組で使われる食材について、スタッフが一生懸命つくってくれると話した。

近藤正臣は「ごちそうさん」の中で、「始末の料理の達人」と呼ばれている。これまで作った「半助なべ」などのお始末の料理を映像を見ながら、主演の杏は作った料理を本当に美味しそうに食べると話した。またロケの季節は夏だが、春の草をスタッフが一生懸命探してくれたと話した。また近藤さんについて大阪の食文化を研究している先生から、いつもおいしくできてるかを声をかけてくれたり、料理の話をもっと聞いていたいというコメントが寄せられた。近藤正臣は自分は若い時に板前修業をしたことがあり、野のものや山のものなど、自然からいただく恵みを頂いていると話した。

近藤正臣は郡上八幡によく訪れ、釣りをしたり山で山菜採りなどをしている。近藤正臣は身近にあるものを都会の人には味わいにくいものを楽しんでいると話した。

近藤正臣さんについて、杏にインタビュー。近藤さんが辛いものや酸っぱいものが苦手であることに驚いたと話した。また料理の造詣や歴史など、色んな所に通じてらっしゃるんだなと思ったと話した。近藤正臣さんは、「そんな事まで言わなくていいのに」とコメントした。

連続テレビ小説「ごちそうさん」の番組宣伝。

舞台から俳優デビューした近藤正臣さんは、先日再び舞台に出演した。近藤さんは、「もう70も過ぎたし、原点である舞台に一度ふるさと帰りしたいと思った」と話した。すごく楽しかったと舞台を振り返り、2月にはまた舞台に出演すると話した。

キーワード
連続テレビ小説「ごちそうさん」
森下佳子
ごちそうさん
半助なべ

エンディング (その他)
13:57~

ゲストの近藤正臣に対する視聴者からの質問やメッセージを紹介した。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月9日 放送
  3. 次回の放送