スタジオパークからこんにちは アンコール特集 乙武洋匡

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年12月26日(水) 13:27~14:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:27~

オープニングの挨拶。今日は10月に放送した乙武洋匡をゲストに迎えた放送回を振り返る。この放送回を視聴した視聴者からのメッセージを紹介。

乙武洋匡 (バラエティ/情報)
13:28~

永井伸一らが挨拶、ゲストの乙武洋匡を紹介。

ゲストに乙武洋匡さんを招き、五体不満足から14年になる。そこで乙武さんが今では2児の父という事で、子供たちとの子育てについて話を聞いた。

乙武洋匡さんに仕事についてトーク、スポーツライターとしての仕事では経験者なわけでもないのでは真摯に取り組んで相手から本音を引き出すことに取り組んだ。その後に教員の免許を取って教師になった事を聞いた。

乙武洋匡さんが自身の教師体験を基に小説を描いた事についてトーク。そして実際に校庭の桜の下で学級会を行った事をしたなど小説にも描かれている乙武さんの教師時代のエピソードを紹介。そして児童と向きあった3年間で、乙武さんは「してあげられなかった事は多かったけど、その中で多くの事を学んでくれた」と思い出を話した。

乙武洋匡がいじめ問題について「いじめを0にする事を目指すといざ起こってしまうと隠そうとしてしまう。僕は無かった事にするのは難しい、固定化された人間関係の中ではいずれも起きてしまう。0にするのではなく、起こったらすぐに発見し解決する事が大切」などと話した。

乙武洋匡が好きだというNHKの番組「バリバラ」について紹介、乙武さんは「バリバラは障害者をステレオタイプではなく、生の声を聞くことができる」と話した。

乙武洋匡さんが現在、バンドでボーカルをやっている事についてトーク。週末にもライブを行うなどと話をした。

乙武洋匡さんへの視聴者からのメッセージを紹介。

キーワード
五体不満足
だいじょうぶ3組
ありがとう3組
311
COWPERKING

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月26日 放送
  3. 次回の放送