スタジオパークからこんにちは 林家正蔵

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年7月2日(月) 13:30~14:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:30~

今日のゲストは林家正蔵。現在、「梅ちゃん先生」の語りを担当している。

テーマ曲:太陽の約束(山崎まさよし)

番組ホームページ・携帯サイトではゲストへの質問・メッセージを募集している。

ゲストのプロフィールを紹介。1962年、初代林家三平の長男として生まれ、15歳の時に父に弟子入り。2005年に祖父の名跡「林家正蔵」を襲名し、朝ドラ「梅ちゃん先生」では語りに挑戦している。

キーワード
梅ちゃん先生
山崎まさよし
太陽の約束
スタジオパークからこんにちは 携帯サイト
スタジオパークからこんにちは ホームページ
林家三平

林家正蔵 (バラエティ/情報)
13:32~

朝食はごはんも好きだがパンも好きで、パンに挟む具の中で好きなのは卵だという。喫茶店や洋食屋など4種類の卵サンドの写真を公開し、まだ「これだ!」という卵サンドが見つかっていないので美味しい卵サンドの作り方を教えてほしいと視聴者に呼びかけた。

今年で50歳を迎える林家正蔵は、朝ドラ「梅ちゃん先生」の語りを担当。この話がきたときは非常に嬉しく、毎日朝元気をもらったりする番組で、またナレーションではなく“語り”でお願いしたいと話を貰い、嬉しかったと語った。

その語りの収録現場の様子を公開。台本をもらってから自分の自宅の机の前にカセットテープを置き、自分の声を録音して練習をしていると語った。

林家正蔵という名を襲名してから7年が経った。落語家としての語りについて、「高座で座布団の上に座る噺家が、何もないところから落語の中に生きている人たちの喜怒哀楽を作り出していかなければならないので、自分は不器用で器用に出来ないから、自分自身をさらけだして良いところは喜んでもらえるようにしていきたいなと思っている」と語った。

2009年に放送された「笑いがいちばん」に出演したときの映像を公開。

林家正蔵は3人の子どもの父親でもある。自分は父親に「噺家になれ」と言われたことがなく、自分は落語が好きで落語家になったため、自分の息子たちには噺家になれとは言っていないと語った。

「どんな父親であるべきだと思う?」との質問に、林家正蔵は「自分も父の背中を見て育った。父は怖いところも優しいところもあり、梅ちゃん先生の建造のようだった。どんなお客さんの前でも一生懸命語っている父親の姿をみたとき、父親のようになりたいと思った」と語った。

キーワード
卵サンド
梅ちゃん先生
笑いがいちばん

オフタイム (バラエティ/情報)
13:54~

林家正蔵の癒やしの方法は、木に抱きつくこと。疲れている人や散歩が好きな人は、くたびれたときに木に抱きついてみてほしいと勧めた。抱きついているとき、よく通りがかりの人に「大丈夫ですか?」と声を掛けられるという。

番組冒頭で募集した、おすすめの卵サンドについて視聴者から寄せられたFAXなどを紹介。また、「服にこだわりは?」「元気健康の源は?」といった質問も寄せられ、それぞれに林家正蔵が回答した。

明日の「スタジオパークからこんにちは」の予告。

キーワード
卵サンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月2日 放送
  3. 次回の放送