スタジオパークからこんにちは スタジオパーク最終回スペシャル [終]

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年3月17日(金) 13:05~13:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:05~

今日は最終回スペシャル。NAOTOの「HIRUKAZE」で番組がスタートした。視聴者からのリクエストに答えて、スペシャル映像を公開する他、番組最多出演の加山雄三さんをゲストに迎える。また「べっぴんさん」の井頭愛も登場する。演奏終了後、NAOTOは「この曲をかわいがってくれて、ありがとうございました」とコメントした。

「スタジオパークからこんにちは」へのメッセージ募集の案内。FAX、ホームページ、携帯サイトから。

キーワード
HIRUKAZE
スタジオパークからこんにちは
井頭愛海さん
加山雄三さん
連続テレビ小説 べっぴんさん

スタジオパーク最終回スペシャル (バラエティ/情報)
13:09~

今日は最終回スペシャル。NAOTOの「HIRUKAZE」で番組がスタートした。視聴者からのリクエストに答えて、スペシャル映像を公開する他、番組最多出演の加山雄三さんをゲストに迎える。また「べっぴんさん」の井頭愛も登場する。演奏終了後、NAOTOは「この曲をかわいがってくれて、ありがとうございました」とコメントした。

「スタジオパークからこんにちは」へのメッセージ募集の案内。FAX、ホームページ、携帯サイトから。

今日は番組最終回という事で、懐かしい映像を紹介。95年3月放送の第1回目の司会は兵藤ゆきと堀尾正明。ゲスとは西田敏行だった。西田敏行は主演した大河ドラマについて語っていた。

番組は全3667回放送で、2267人のゲストを招いた。「俳優としての苦労をゆるく話していた村上新悟さんが印象的だった」といった視聴者からのメッセージを伝えた。

相葉雅紀は自然気胸を患ったときの苦労、ディーン・フジオカは今年の目標を語った。また村上新悟は毎日作るという目玉焼きを作ったが、上手に作ることができなかった。

番組は全3667回放送で、2267人のゲストを招いた。「俳優としての苦労をゆるく話していた村上新悟さんが印象的だった」といった視聴者からのメッセージを伝えた。

VTRを振り返り竹下景子は「(村上の目玉焼きを)それなりのお味でした」、「ディーンさんも素敵でしたね」とコメント。相葉雅紀は自分の大事にしてきた想いを吐露してくれた。

キーワード
HIRUKAZE
井頭愛海さん
加山雄三さん
連続テレビ小説 べっぴんさん
スタジオパークからこんにちは
兵藤ゆき
堀尾正明
西田敏行
葵・徳川三代
村上新悟
相葉くん
相葉雅紀
自然気胸
ディーン・フジオカ
目玉焼き

ゲスト 井頭愛海 (バラエティ/情報)
13:17~

ゲストは井頭愛海。井頭愛海は16歳になったばかりだが、「連続テレビ小説 べっぴんさん」では15~40歳までを演じている。朝ドラ出演について「スタッフさんも役者さんも温かくて楽しかった」などと語った。井頭愛海はX21でアイドル活動も行っている。井頭愛海は「連続テレビ小説 べっぴんさん」で15~40歳までを演じているが、赤ちゃんを抱いた時は母性本能が芽生えたという。ちなみに母親が40歳だが、色んな大人に話を聞いたという。

井頭愛海が印象に残っている場面は、想い人が付き合っていた女の子に思いを伝えるシーン。井頭愛海は涙を流すシーンが苦手だが、自然に涙が溢れて役になりきれたと感じたという。

連続テレビ小説「べっぴんさん」の番組宣伝。

キーワード
連続テレビ小説 べっぴんさん
X21

スタジオパーク最終回スペシャル (バラエティ/情報)
13:24~

竹下景子、高畑淳子、清水ミチコがゲストとして出演した際の映像が流れた。高畑淳子は自分から申し出て歌を披露している。

高畑淳子は「人生反省ですよ」、清水ミチコは「根っこは変わらないんですね」とコメントした。ゲストとMCとしての出演の違いについて、高畑淳子は「同じです」、清水ミチコは「司会の方が人の話を聞くので楽」、竹下景子は「人の話を聞く方が楽しいのはこの番組で分かった」とコメントした。

もう1人のMC戸田恵子からのメッセージを紹介。「生放送大好きでした。おもったよりもゲストが緊張していて、くつろげる空気を作った。スタジオパークでしか会えない人と会えた事は宝物」と綴られていた。

「きょうで最終回だなんて寂しい。ゲストの普段見られない姿、表情を垣間見れたり、とても楽しいトーク番組でした」といった視聴者からのメッセージを伝えた。

このあとは堀尾正明アナら、歴代MCからのリクエストを紹介する。堀尾アナは坂本冬美と昔の恩師を電話で結ぶはずが同姓の人とつながった回をあげた。また有働アナは緒形拳、住吉アナは水木しげる・布枝夫妻の回をあげた。

「きょうで最終回だなんて寂しい。ゲストの普段見られない姿、表情を垣間見れたり、とても楽しいトーク番組でした」といった視聴者からのメッセージを伝えた。

番組の大ファンだという三谷幸喜がVTR出演。三谷幸喜はFAXを送った事もあり、番組が終了する事について「いったい何がいけないのか。いいとも!が終わった時以上のショック」とコメント。また番組の魅力について「番宣番組をエンターテイメントとして昇華した。画期的な発想の転換だった」などとコメントしている。三谷幸喜は自称6.5回番組に出演しているが、0.5は真田丸俳優が出演した際、観客席で見ていたものをカウントしている。

視聴者からのリクエストを紹介。吉永小百合はファーストキスが撮影時で、相手が三木のり平だった事を明かした。忌野清志郎はRCサクセションの誕生秘話、尾野真千子は家族の存在について語った。

キーワード
戸田恵子
堀尾正明アナウンサー
上田早苗アナウンサー
渡邊あゆみアナウンサー
有働由美子アナウンサー
武内陶子アナウンサー
住吉美紀アナウンサー
青山祐子アナ
永井伸一アナウンサー
坂本冬美
緒形拳
水木しげる
布枝さん
吉永小百合
三木のり平
忌野清志郎
RCサクセション
尾野真千子

ゲスト 加山雄三 (バラエティ/情報)
13:47~

番組最多出演の加山雄三がゲスト出演。加山雄三は今年4月に80歳の誕生日を迎えるが、スタッフがライブ、リミックスアルバムなどを計画しているという。

加山雄三が「海 その愛」を披露した。

エンディング (その他)
13:54~

伊藤雄彦、真下貴らによるエンディングの挨拶。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月17日 放送
  3. 次回の放送