スタジオパークからこんにちは アサタビ!▽発掘!島の今昔ものがたり〜長崎県壱岐

『スタジオパークからこんにちは』は、1995年3月22日から2017年3月17日までNHK総合テレビジョンで平日午後に放送されていたトーク・情報バラエティ番組。基本的には生放送の番組で(ゲストトークは録画の場合もある)NHKスタジオパーク内のCT-450スタジオから毎週月曜日から金曜日まで公開生放送を行っていた(休止日は後述)。NHKとNHKエンタープライズ共同制作番組で、このほかにジェイクリップ、アズマックスなど外部制作会社が1社ずつ各回の制作協力として加わっていた。トークが基本路線でNHKで放送中あるいは放送予定の番組の出演人物をゲストとして招くという番組宣伝の要素もあるが、「ここが聞きたい」や「私スタイル」のコーナーでは番組宣伝から離れたトークが中心であった。略称は「スタパからこんにちは」、ないしは単に「スタパ」である。通算放送回数は3667回、出演ゲストは延べ2268人に上る。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年3月16日(木) 14:05~14:54
放送局 NHK総合

番組概要

ゲスト 板垣瑞生 (バラエティ/情報)
14:05~

今回のゲストは板垣瑞生。板垣瑞生は視聴者にオススメのおかゆのトッピングを聞いたが、「カレー粉」「ミルク、バナナ」などといった返事があった。

そこで料理研究家のパン・ウェイさんが、おうちで簡単に作れる本格的おかゆ「中国風 五色がゆ」の作り方を紹介。洗ったお米にすぐに油を混ぜる。するとおかゆが花のように広がる。豆苗、セリなどでナムルの材料を作って、緑、赤、黒などの5色の具材をおかゆに添える。

板垣瑞生宛の「いつもお世話になっている男子の先輩へのプレゼントは何がいい?」「普段はどんな格好をしますか?」などといった質問を紹介した。

料理研究家のパン・ウェイさんが、おうちで簡単に作れる本格的おかゆ「中国風 五色がゆ」の作り方を紹介。洗ったお米にすぐに油を混ぜる。するとおかゆが花のように広がる。ご飯を煮ている鍋に、ひき肉をばらして投入。豆苗、セリなどでナムルの材料を作る。緑、赤、黒などの5色の具材をおかゆに添えて完成。

板垣瑞生らが「中国風 五色がゆ」を試食。板垣瑞生は「おいしい!優しいですね。生姜が聞いてて」、真下アナは「水っぽいと思ったが、口に入れると旨味が広がる」とコメント。

キーワード
おかゆ
中国風 五色がゆ
ひき肉

NHK54局からこんにちは (バラエティ/情報)
14:26~

NHKには全国で54の放送局があるが、各放送局が製作したよりすぐりの番組を紹介していく。今回は福岡放送局の「アサタビ!」。

今回の舞台は長崎・壱岐。柔道家の篠原信一が旅をする。

BGM:切手のないおくりもの/樋口了一

今回は柔道家の篠原信一が長崎・壱岐を旅する。住吉神社には航海・漁業の神が祀られていて、例大祭では壱岐神楽も奉納される。篠原信一はお神輿を担がせてもらった。

勝本港にやってきた。西日本有数のイカ漁で栄えるこの町には、かつての繁栄を物語る家々が数多くのこている。江戸時代、壱岐はクジラ漁で栄え、町は活気に溢れていたという。篠原信一はクジラ漁に縁のある能満寺を訪れた。日本のクジラ王と言われた富豪が建てたと言われている。住職の坂口さんが寺の由来を話してくれた。

芦辺町にある創業64年の蒲鉾屋さん。夫婦は毎日夜中の2時から蒲鉾を作っている。赤く色付けされたゆで卵を使って、「ありまとう」を作る。長崎県北部でよくみられる「ありまとう」は地域によって竜眼などと呼ばれる。

勝本朝市は江戸時代、漁師と農家が物々交換をしたのが始まりと言われる。毎朝休まず、地元のお母さんたちが、採れたての野菜などを持ち寄り朝市を開いている。

篠原信一が朝市のお母さんに薦められて、猿岩を訪れた。猿岩はどこから見ても猿に見える大きな岩で、篠原信一は猿岩とチューして見えるように写真を撮った。

篠原信一は土産物屋さんに椿油を薦められた。島の至るところに植えられているやぶ椿は防風樹にもなる。そこで篠原信一は椿油を作っている作業場を見学した。花が落ちた跡に実る種。種は多くの油分を含んでおり、石臼ですりつぶす。蒸し器で蒸したら、圧力をかけ、油を抽出する。抽出した油を煮て不純物をとると椿油が出来上がる。7キロの種を絞って1升の油しかとれない。作業場のお母さんは、椿油を使ったひじき炒めをごちそうしてくれた。

国指定特別史跡の原の辻遺跡。弥生時代に集落があった場所で、魏志倭人伝に記された一支国の都に特定された遺跡。海外から持ち込まれた出土品が多く、かつて大陸との交流が行われた事を示す貴重な証である。現在調査が終わっているのは1割ほどで、今でも発掘調査が行われている。調査は農閑期のみ行われ、農家は大切な発掘の担い手である。

篠原信一が壱岐旅を振り返って。「島の人達は気さくで優しくて、人柄のよい方々ばかりだった。壱岐は最高の島」と語った。

勝本港にやってきた。西日本有数のイカ漁で栄えるこの町には、かつての繁栄を物語る家々が数多くのこている。江戸時代、壱岐はクジラ漁で栄え、町は活気に溢れていたという。篠原信一はクジラ漁に縁のある能満寺を訪れた。日本のクジラ王と言われた富豪が建てたと言われている。住職の坂口さんが寺の由来を話してくれた。

キーワード
アサタビ!
福岡放送局
切手のないおくりもの
壱岐(長崎)
住吉神社
クジラ
能満寺
ありまとう
勝本朝市
椿油
やぶ椿
原の辻遺跡
長崎県埋蔵文化財センター

エンディング (その他)
14:52~

「ファミリーヒストリー」「華麗なるミュシャ」の番組宣伝。

明日は最終スペシャル。ゲストは番組最多出演の加山雄三。

キーワード
加山雄三
  1. 前回の放送
  2. 3月16日 放送
  3. 次回の放送