第101回全国高校野球選手権大会 決勝「履正社」対「星稜」

放送日 2019年8月22日(木) 13:50~16:50
放送局 NHK総合

番組概要

第101回全国高校野球選手権大会 決勝 履正社×星稜(中継1) (スポーツ)
13:50~

宮田貴行の挨拶。解説の大矢正成を紹介した。履正社×星稜の試合前の様子や両チームのこれまでの成績、スターティングメンバーなどを紹介した。試合前のインタビューで岡田龍生監督は「奥川投手はコントロールがいいから、ボールになる低めの変化球をいかに見逃せるかだと思ってます。そんなに点数は取れないので、うちのピッチャーもどれだけ最小失点に抑えるかというところがポイントだと思います」などと話した。井上広大選手は「先輩たちが成し遂げれなかった優勝を持って帰りたいです」などと話した。林和成監督は「奥川を信用して決勝の舞台を任せたい」などと話した。奥川恭伸投手は「細心の注意をはらって、野手にも失点は覚悟してもらってるので、点数をとられても落ち着いて投げ抜いていきたいなと思います」などと話した。

履正社 0-0 星稜。

達川光男さんによる始球式の様子を伝えた。

履正社 0-0 星稜。

履正社 0-1 星稜。

履正社 3-1 星稜。

3塁側アルプススタンドからの中継。初優勝を目指す星稜側は平成7年の準優勝時のメンバーだった人達が駆けつけているという。うち1人の田中さんは星稜中学校で野球部の監督を20年務めていてメンバー18人中10人が教え子だという。田中さんは岡田選手のタイムリーについて嬉しいですと述べ、この後について焦らずエースを中心とした自分たちの試合を実践してやってくれればと思うと語った。

3回で井上選手が逆転3ランホームランを放った時、その後選手たちが守備に戻った時、アルプススタンド1200人が大拍手で迎えていた。平成9年履正社が甲子園に初出場した時に背番号10でベンチ入りしていた男性は当時のユニフォームを22年間大切に保管してきた。しっかり頑張ってほしいという思いで今日このユニフォームを着てきたと話した。

キーワード
第101回全国高校野球選手権大会
履正社
星稜
阪神甲子園球場
星稜中学校
岡田選手

ニュース (ニュース)
15:01~

為替と株の値動きを伝えた。

河野外務大臣ら3カ国の外相は北京の人民大会堂を訪れ李克強首相と会談した。会談では朝鮮半島の非核化に向け緊密に連携していくことや首脳会議を年内に開催できるよう協力していくことを確認した。3カ国の外相は昨日北京郊外で会議を開き短距離弾道ミサイルなどの発射を繰り返す北朝鮮への対応を協議し朝鮮半島の非核化に向け緊密に連携していくことなどで一致している。また昨日の外相会議では幅広い分野で第3国に対し協力を進めていくとする文書を取りまとめた。協力にあたっては透明性や開放性などの原則に沿って「持続可能な経済」など6つを主要な協力分野として今後具体的な内容を検討していくとしている。

キーワード
東京外国為替市場
円相場
東京株式市場
日経平均株価
河野外務大臣
人民大会堂
李克強首相
王毅外相
習近平主席
日中韓外相会議

第101回全国高校野球選手権大会 決勝 履正社×星稜(中継2) (スポーツ)
15:03~

ここまでを振り返り大矢正成は「井上くんのホームランが効いてますよね」などと話した。

履正社 3-1 星稜。

履正社×星稜のハイライト。

履正社 3-1 星稜。

NHK甲子園ホームページ 応援メッセージ募集の告知テロップ。

履正社 3-3 星稜。

NHK甲子園ホームページ 応援メッセージ募集の告知テロップ。

履正社×星稜のハイライト。

履正社 5-3 星稜。

履正社の校歌斉唱。

履正社×星稜のハイライト。

試合を振り返り大矢正成は「令和の開幕にふさわしい、決勝を飾るにふさわしい素晴らしい試合でした。甲子園は野球だけでなく、ここで学んだことは本当にこれから行きていくうえで教訓になる要素がたくさん詰まっている」などと話した。

第101回全国高校野球選手権大会、閉会式の様子を中継した。八田英ニの講評が行われ、優勝した履正社に優勝旗、優勝盾などが授与された。星稜に準優勝盾などが授与された。国旗・大会旗降納、国歌斉唱が行われた。

試合後の様子が映し出された。大阪の履正社が初めての全国制覇を成し遂げた。解説は大矢正成でお伝えした。

岡田龍生監督のインタビュー。「本当によくやってくれたなという気持ちでいっぱいです。本当に奥川君からよく打ってくれたと思います。よく頑張ってくれたそれしかないです」などと話した。

優勝選手のインタビュー。キャプテンの野口は「皆で日本一目指してやってきたんで、良かったなと思ってます」とコメント。井上は「お互いに全力を出し切った結果が、自分たちが勝っただけなんで嬉しいです」とコメントした。

林監督の談話。まず最初に奥川投手についてだった。林監督は「粘り強く投げてくれた。最後までよくマウンドを守った。ただ3回、ホームランを打たれた場面では抜けたボールを打たれてしまった。あそこは、井上くんを褒めるしかないですね」などとコメントした。

奥川投手の談話。奥川は「試合中、チームメイトからは絶対逆転してやると声をかけられるたびに、最高の仲間と野球が出来ていることに実感しながら、この決勝を楽しむことができました」などとコメントした。

山瀬慎之助選手の談話。山瀬は「勝ってやりたかった。7回に外野への打球を運んだ時は、ただ、つなげるという気持ちだった。奥川の状態はよくなかったが、自分が上手くリードすれば勝てたんで、悔しかったです」などとコメントした。

キーワード
第101回全国高校野球選手権大会
履正社
星稜
阪神甲子園球場
奥川投手
奥川君
井上くん
山瀬
奥川

エンディング (その他)
16:45~

エンディング映像。

NHK高校野球テーマソング「甲子園」福山雅治。

キーワード
甲子園
福山雅治
  1. 前回の放送
  2. 8月22日 放送