ニュース 「トランプ・アメリカ大統領歓迎式典」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月27日(月) 9:00~10:25
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
09:00~

天皇皇后両陛下は国賓として来日しているトランプ大統領夫妻を歓迎する式典などに臨むために午前9時前に皇居へ向かった。天皇陛下が外国の要人と会見されるのは即位後初めて。トランプ大統領夫妻は午前9時半前、皇居・宮殿の車寄せに到着し、両陛下に出迎えられ歓迎式典が始まる。宮殿の前庭で両国の国歌が演奏された後、トランプ大統領が陸上自衛隊の儀杖隊の栄誉礼を受ける。その後、両陛下は大統領夫妻と宮殿・竹の間で会見する予定。この後安倍総理大臣とトランプ大統領は11回目となる日米首脳会談を行うことになっている。両首脳は先月ワシントンで会談している他、来月のG20大阪サミットでも会談する予定で、日米首脳会談が3ヶ月連続して行われるのは異例。夜にはトランプ大統領夫妻が再び皇居・宮殿を訪れ、両陛下主催の宮中晩餐会が開かれる。

皇居・宮殿の前庭から中継。この場所でトランプ大統領夫妻の歓迎式典が行われる。赤い絨毯が敷かれるなど歓迎式典の準備が進められていて、千代田区立番町小学校の児童がトランプ大統領の到着を待っている。

国賓は政府が公式に招待する外国賓客のうち最も格式の高い待遇。対象は国家元首などで、滞在費は日本政府が負担する。国賓には歓迎式典・両陛下との会見・宮中晩餐会・両陛下による宿泊先ご訪問の4つの公式行事が伴う。

天皇皇后両陛下は若い頃の海外経験を活かしながら国際経験に務められていたが、トランプ大統領の歓迎行事に向けては国際親善とそれに伴う交流活動も需要な公務と話された。陛下は中学生時代にオーストラリアでホームステイを、その後オックスフォード大学に留学され、学生寮で生活して留学生たちと交流を深められた。皇后さまはアメリカのハーバード大学を卒業し、父と同じ外交官として活躍された。平成5年には皇后さまも宮中晩餐会で皇族として国際舞台にデビューし、元外交官のキャリアを生かして懇談を行われた。平成6年にはお二人で中東4か国で国際親善を行った。平成15年には皇后さまが体調を崩され、陛下お1人での訪問が続いたが、平成25年には2人揃っての外国公式訪問を行い、オランダの国王の即位式に臨まれた。陛下が公式訪問した国は39カ国にのぼり、12か国は皇后さまと訪問されている。平成23年にはブータンの国王夫妻が来日し、上皇さまが体調を崩して入院されたため、陛下が名代として歓迎に臨まれた。26年にはオランダ国王を迎え国賓を迎える晩餐会には欠かさず出席されていた。陛下は今年2月に「日本と各国との友好親善の一助となったのであれば幸いです」と話されている。

歓迎式典について解説。両陛下は外務省の担当者から大統領夫妻の訪問スケジュールなどの説明を受けるなどして準備を進めてきた。今回の経緯は去年9月のトランプタワーでの両首脳の会談が発端で、安倍総理がG20サミットの出席要請とともに国賓としての日本訪問などを要請し、トランプ大統領が即座に応じる考えを示した。その後アルゼンチンでのG20サミットでは、総理が夏場所・千秋楽での観戦を提案し、トランプ大統領が優勝力士にトロフィーを用意すると応じた。日本側が重視するのは日米同盟を内外にアピールすることで、個人的な信頼関係を一層確かなものにしたい考え。明日は護衛艦「加賀」に両首脳が搭乗し、日米の隊員を激励する。安全保障関連法で自衛隊と米軍の連携が緊密になった狙いがあるとみられる。トランプ大統領は天皇陛下に会見する初の外国の国家元首ということに名誉を感じているとみられ、関係者も日米関係の重要性を内外に示す機会にしたいと話している。この後、大統領夫妻は皇居での歓迎式典に出席し両陛下と会見。その後迎賓館で安倍総理との日米首脳会談に臨む。午後には拉致被害者家族と面会し、安倍総理と共同で会見を開く。夜には宮中晩餐会に出席する。

これまでも両陛下は国際親善に務められているが、皇太子時代から公式訪問や賓客の接遇を務められ、天皇陛下はこれまでに39か国を、うち12か国は皇后さまと回られている。陛下は英語以外にもフランス語やスペイン語を学ばれていて、フランスを公式訪問された際にはフランス語を使って友好関係発展を願われている。来日した国賓の宮中晩さん会にも出席されていて、今後も経験を生かしていく横井さんは話していた。歓迎式典は宮殿東庭で行われ、陸上自衛隊の音楽隊によって両国の音楽が演奏され、続いて大統領は陸上自衛隊の栄誉礼を受けて隊員を巡閲する。式典が終わると宮殿の中で行事が行われ、その後の会見で話される内容は明かされないが、トランプ大統領夫妻が一昨年11月に来日すると、上皇ご夫妻は両国は戦争をした歴史がありますが、米国からの支援により今日の日本があると述べられていた。また、両陛下とトランプ大統領の会見については、アメリカでは好意的に受け止められているものの、一方で大統領を不支持する人からは言動を不安視する声も上がっているという。

トランプ大統領が専用車で宿泊先のホテルを出発し皇居へ向かった。大統領は今月即位された天皇陛下と外国元首として初めて会見する。皇居では大統領夫妻を歓迎する式典などが予定されている。

皇居から中継。トランプ大統領夫妻が皇居・宮殿に到着。天皇皇后両陛下の出迎えを受け、宮殿内で陛下が秋篠宮ご夫妻と安倍総理大臣夫妻を紹介した。その後陛下が大統領夫妻を式典会場へと案内した。今月1日に即位された天皇陛下と外国元首として初めて会見する予定。また、安倍総理はトランプ大統領と11回目の日米首脳会談を行う予定。

皇居・宮殿でトランプ大統領夫妻の歓迎式典が始まった。トランプ大統領が就任後来日するのは2回目で、国賓としては初めて。今月1日に即位された天皇陛下と外国元首として初めて会見する予定。まず両国の国歌演奏が行われ、儀杖隊の栄誉礼を受けた。儀杖隊は陸上自衛隊に所属する92人で、栄誉礼は国賓に対して最高の敬意と歓迎の気持ちを表すもの。その後大統領が儀杖隊長の先導で儀杖隊を見て回る「巡閲」を行った。続いて歓迎式典に出席した閣僚らと挨拶。大統領夫妻と両陛下は皇居・宮殿竹の間で会見に臨まれる。トランプ大統領は来日するにあたりツイッターに「アメリカを代表して天皇陛下を称えることを楽しみにしている」と期待を示し、今日行われる日米首脳会談では日米間の貿易交渉などについて協議する意向を示した。夜には皇居で宮中晩餐会が行われる予定。

トランプ大統領夫妻の歓迎式典について横井氏は「両陛下の国際親善が本格的にスタートしたという印象を持った。」などと話した。トランプ大統領夫妻を歓迎する式典は午前9時40分すぎに終わった。宮殿では両陛下大統領夫妻の会見の行事が始まった。両陛下は会見が行われる竹の間まで大統領夫妻を案内。竹の間では陛下は大統領と、皇后さまはメラニア夫人と15分程度会話することになっていて、贈り物の交換が行われる。

トランプ大統領の昨日の動きを紹介。千葉県のゴルフ場にヘリコプターで到着した大統領は、安倍総理の出迎えでゴルフを楽しんだ。両首脳が一緒にゴルフをするのは今回で5回目で、プロゴルファー・青木功氏とともにコースを回った。安倍総理は自らのツイッターに大統領と2人で写った写真を掲載し親密さをアピール。ホワイトハウス高官も両首脳が「同盟関係をより強く」と書かれた台紙にサインした写真を投稿した。この後両首脳は東京・両国の国技館で千秋楽を迎えた夏場所を観戦。表彰式ではスリッパを履いて土俵へと上がり、優勝力士である朝乃山へ米大統領杯を手渡した。夕食は東京・六本木の居酒屋で、1時間余り炉端焼きを楽しんだ。

現職の米大統領が国賓として来日するのは5年ぶり、トランプ大統領で7人目となる。1974年、初めて日本を訪れた米大統領はフォード大統領。昭和天皇と会見し、武道館で柔道などを観戦した。1979年にはカーター大統領が静岡・下田市を訪れ住民と交流を深めた。中曽根総理と親しかったレーガン大統領は1983年に来日、総理大臣自ら茶を点てるなどしてもてなされる姿が注目された。ジョージ・H・W・ブッシュ大統領は京都御所で蹴鞠に飛び入り参加。体調不良に倒れても気丈に振る舞った。最も多く来日したのはクリントン大統領。国賓として来日した際も行事の合間を縫って日課のジョギングをする姿が話題となった。オバマ大統領の来日の際には日米関係がギクシャクしており、安倍総理は銀座の寿司店に招いて個人的な信頼関係の構築に努めた。

トランプ大統領を歓迎する式典が今日午前、皇居・宮殿で行われた。宮殿では天皇皇后両陛下と大統領夫妻の会見の行事が始まった。宮殿へ到着した大統領夫妻を天皇皇后両陛下が出迎えた。アメリカ大統領が国賓として来日するのは5年ぶりで、両陛下がトランプ大統領と会われたのは初めて。その後両陛下は宮殿内で秋篠宮さまと紀子さまなどを紹介。その後東庭で両国国歌が演奏され、トランプ大統領が陸上自衛隊の儀杖隊の栄誉礼を受け、隊員を巡閲した。歓迎式典は午前9時40分すぎに終了した。天皇陛下が外国元首と会見するのは即位後初めてで、両陛下は大統領夫妻と15分程度言葉を交わされることになっている。今回の日米首脳会談の焦点は2つあり、1つ目は貿易交渉で、自動車の輸出制限と農産物の関税。2つ目は北朝鮮で、核・ミサイル問題や拉致問題の解決に向けて何らかの進展があるのかが注目される。

トランプ大統領の北朝鮮への対応について。物別れに終わった米朝首脳会談以降、北朝鮮は不穏な動きを見せている。ミサイル発射場では施設の立て直す動きが確認されており、相次いで“飛しょう体”が複数発射された。アメリカ国防総省はこれを弾道ミサイルだと分析した。一方、拉致問題をめぐり安倍首相は“前提条件をつけず、日朝首脳会談の実現を目指す”との考えを明らかにした。拉致被害者家族は“全被害者の一刻も早い帰国という要求を下げることなく交渉に臨んでほしい”と訴えている。

米大統領の訪日について。国賓として来日した現職の米大統領はトランプ大統領で7人目。歴代ほぼ全ての大統領が国賓として来日しており、唯一国賓として来日していないジョージ・W・ブッシュ大統領は同時多発テロ事件などを抱えていた。それでも4度訪日しており、日本という存在がアメリカから見ても重要になっていると言えるのではないかと油井。1974年には日本は既に世界第2位の経済大国となっており、以降40年その位置を動かず、良くも悪くも重要性を増していった。安全保障上もアメリカのパートナーとして重要性は増していると油井。日本側の思惑としては強固な日米同盟を内外にアピールする事だと岩田。総理は個人的な大統領との信頼関係を確かなものにしたい狙いがあり、それに基づいて行事を用意した。相撲で海外の首脳が優勝力士にトロフィーを渡すのは初めての事。明日は両首脳が護衛艦かがに搭乗、両国の隊員を激励するが、自衛隊と米軍の連携が緊密になった事をアピールする狙いがあると見られる。

日米首脳会談の貿易交渉について解説。大統領はツイッターで当面の間、強硬姿勢を示さないとしている。アメリカは農産物の関税引き下げを求める一方、日本が求める自動車の関税引き下げには慎重な姿勢を示している。日本政府はパッケージとしての合意を目指しているが、トランプ大統領は来年大統領選挙を控えており、貿易赤字削減に向けて今後強硬な主張をしてくる可能性もあるとみて警戒している。アメリカの貿易赤字の主な原因になっているのが日本が輸出している自動車で、焦点の一つになっている。日本がアメリカ産の農産品に課している関税はTPPの影響などで他国に比べ高い。農家はトランプ大統領の支持基盤になっていて、今回の首脳会談でどのようなメッセージを発するのかが注目される。

岩田明子によると北朝鮮問題について安倍首相は、先の米朝首脳会談でトランプ大統領が2度に渡って拉致問題の解決を求めたことに改めて謝意を伝える考えだという。また、今回再び拉致被害者家族と面会するのも、問題解決に向けた日米の連携を北朝鮮に示す狙いがあるとみられる。トランプ大統領は問題解決に向けて、日本に積極的な行動を求めており今回も同様である。同時に北朝鮮に対する経済制裁は維持する方針で、日米共に北朝鮮へのより強いメッセージが込められている。

会見行事を終えた大統領夫妻が両陛下の見送りで車へ乗り込んだ。この後は首脳会談の会場となる東京・元赤坂の迎賓館へと向かう。大統領夫妻と両陛下は宮殿の竹の間で15分程度言葉を交わされた後、贈り物の交換が行われた。

米大統領の訪日について。今回の訪日は日本政府からの強い要請があったと見られる。昨年9月、ニューヨークのトランプタワーで行われた両首脳の会談で安倍総理が改元後の最初の国賓として訪日を要請、相撲観戦もその際に提案、トランプ大統領は即座にこれに応じる考えを示した。日程調整が始まり、11月のアルゼンチンでのG20で夏場所観戦を提案、大統領はトロフィーを用意すると応じた。

トランプ大統領と天皇皇后両陛下の会見について解説。トランプ大統領と会われるのは今回が初めてだが、両陛下は穏やかな雰囲気で会話が進んでいた。大統領夫妻は当初は緊張しているような雰囲気もあったが、会見ではリラックスして話していた。今夜7時に行われる宮中晩餐会は、南車寄に大統領夫妻到着後、招待客が両陛下と大統領夫妻に挨拶をする。その後場所を移し、天皇陛下が歓迎の言葉を述べた後にトランプ大統領がスピーチを行い食事が始められる。大統領夫妻は午前9時20分すぎに専用車で皇居に到着。南車寄では両陛下が出迎え、大統領夫妻と挨拶を交わした。アメリカ大統領が国賓として来日するのは5年ぶりで、両陛下が大統領と会われたのは初めて。宮殿の前庭で行われた歓迎式典には秋篠宮御夫妻も臨まれ、安倍総理らも出席。両国の国歌が演奏された後、大統領が陸上自衛隊の儀杖隊の栄誉礼を受け巡閲した。その後宮殿・竹の間で大統領夫妻と両陛下が会見に臨み言葉を交わされた。天皇陛下が外国元首と会見をしたのは即位後初めて。その後贈り物の交換が行われ、両陛下から大統領には空などの青をイメージして作られた陶磁器の飾り鉢、メラニア夫人には金細工が施された木製の飾り箱が贈られた。その後南車寄まで大統領夫妻を両陛下が見送った。

国賓として来日した米・トランプ大統領夫妻を歓迎する式典が、今日午前に皇居・宮殿で行われた。宮殿では続いて、両陛下と夫妻の会見の行事が始まった。大統領夫妻は午前9時20分過ぎ、専用車で正門から皇居に入り、出迎えた両陛下とにこやかに挨拶を交わした。米大統領が国賓として来日するのは5年ぶりで、両陛下がトランプ大統領と会われたのは初めて。両陛下は夫妻と共に宮殿の中に入られ、天皇陛下が秋篠宮様らを紹介された。この後、宮殿の前庭の東庭に出て、両陛下が夫妻と共に壇の上に並ばれると両国の国家が演奏された。陸上自衛隊儀仗隊の栄誉礼を受け、整列した隊員を巡閲した。歓迎式典は午前9時40分過ぎに終わり、両陛下と夫妻は宮殿に入られ、引き続き会見の行事が始まった。天皇陛下が外国の元首と会見されるのは即位後初めてで、両陛下は15分程度大統領夫妻と言葉を交わす事になっている。

「趣味の園芸 やさいの時間」の放送時間変更のお知らせ。

油井秀樹によると、北朝鮮問題に対してトランプ大統領は、対話を通して核問題を解決したい考えで、キム委員長を刺激するような言動は控えたい方針。経済制裁の拡大にも慎重な姿勢を示している。弾道ミサイルについても問題視しない姿勢を示し、キム委員長の対応を辛抱強く待っている状況である。しかし北朝鮮の姿勢次第では情勢は多く変わる可能性もあり、安倍首相とは今後の対応について協議したい考えだと解説した。

岩田明子によると、今回の会談ではイランについても話題になるとみている。安倍首相は先月の日米首脳会談の際にも日本が仲介役になるという考えを伝え、トランプ大統領もこれを歓迎している。また安倍首相はイラン問題強硬派のボルトン大統領補佐官とも会談をしており、軍事衝突を避けなければならないと伝えた。これに先立つ16日にはイランのザレフ外相とも会談し、核合意の履行の継続を求めた。

宮殿では両陛下と大統領夫妻の会見の行事が始まっている。天皇陛下は即位以降、即位にまつわる行事など忙しく過ごされてきた。今月16日には信任状捧呈式に即位後初めて臨み、大使らと言葉をかわされた。皇后様は今月、日本赤十字社の名誉総裁に就任、22日には全国大会に出席された。即位後に皇后様がおひとりで公務に臨まれたのはこれが初めて。皇后様は療養生活に入られ15年余りになるが、少しずつ体調を調え活動の幅を広げられている。9月の会談では大統領は皇室に興味を持ち様々な事を尋ね、また少なくとも1300年の歴史がある事を説明すると驚き関心を持った様子だったという。

株と為替の値動きを伝えた。

キーワード
天皇皇后両陛下
トランプ大統領夫妻
赤坂御用地
陸上自衛隊
安倍総理大臣
日米首脳会談
G20大阪サミット
ワシントン(アメリカ)
皇居
皇居・宮殿
千代田区立番町小学校
東京都
国賓
両陛下
トランプ夫妻
オバマ大統領
オックスフォード大学
外務省
ハーバード大学
宮中晩さん会
トランプタワー
上皇さま
自衛隊
米軍
オランダ国王夫妻
ブータンの国王夫妻
ツイッター
日本
オーストラリア
イギリス
モスクワ(ロシア)
ニューヨーク(アメリカ)
上皇ご夫妻
ニューヨーク (アメリカ)
ブエノスアイレス(アルゼンチン)
天皇陛下
トランプ大統領
宮殿東庭
一般参賀
オバマ前大統領
秋篠宮ご夫妻
安倍総理大臣夫妻
令和
フランス
君が代
栄誉礼
陸上自衛隊 中央音楽隊
アメリカ大使館
伊達参議院議長
迎賓館
ハガティ駐日大使
大島衆議院議長
元赤坂(東京)
青木功さん
フォード大統領
安倍総理
昭和天皇
日本武道館
国技館
夏場所
カーター大統領
日米和親条約
朝乃山
中曽根総理大臣
レーガン大統領
メラニア夫人
茂原(千葉)
両国(東京)
六本木(東京)
ジョージ・H・W・ブッシュ大統領
京都御所
クリントン大統領
秋篠宮さま
下田市(静岡)
銀座(東京)
紀子さま
朝鮮中央テレビ
弾道ミサイル
ジョージ・W・ブッシュ大統領
安倍首相
拉致問題
北朝鮮
首相官邸 ツイッター
米朝首脳会談
日朝首脳会談
同時多発テロ事件
イラク戦争
中曽根首相
護衛艦 かが
皇后さま
アメリカ軍
下田(静岡)
G20サミット
大相撲夏場所
秋篠宮様
紀子様
北朝鮮問題
キム委員長
イラン
ボルトン大統領補佐官
ザリフ外相
アルゼンチン
秋篠宮御夫妻
信任状捧呈式
日本赤十字社
東京外国為替市場
為替
イギリス王室
日経平均株価
東証株価指数
東京株式市場
  1. 前回の放送
  2. 5月27日 放送
  3. 次回の放送