日曜討論 国会論戦激化 経済政策を問う

『日曜討論』(にちようとうろん、Sunday Debate)は、NHKのテレビおよびラジオで放送される討論番組である。NHKでは戦後初期のころから、毎週日曜日に『国会討論会』『政治座談会』『経済座談会』と題した国会議員、政治関係者、財界・経済専門家をゲストに招いた番組を放送、放送時期とテーマによって題名を変えたが、1994年4月よりこれらの番組名を統合・一つにまとめ、現在のタイトルとした。

出典:goo Wikipedia

放送日 2016年2月7日(日) 16:10~17:10
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
16:10~

アベノミクスの司令塔・甘利前大臣が辞任して一週間あまり。与党は予算案の早期成立を目指し、野党は「政治とカネ」の問題の追及を強めている。日銀のマイナス金利などの経済政策も含め、激化する国会論戦について与野党に聞く。

きょうの論客を紹介。自民党・新藤義孝、民主党・大塚耕平、公明党・上田勇、共産党・小池晃、維新の党・高井崇志、おおさか維新の会・下地幹郎、社民党・吉川元。

キーワード
甘利前大臣
アベノミクス
岡田代表
安倍首相
予算案
政治とカネ
マイナス金利
新藤義孝
大塚耕平
上田勇
小池晃
高井崇志
下地幹郎
吉川元

日曜討論 (バラエティ/情報)
16:12~

きょうのテーマについて、国会で新年度予算案の本格審議が始まった、野党は甘利前大臣への追及を強めているなどと紹介した。

日銀がマイナス金利の導入を発表。銀行が日銀に預金した場合、一部について利息を取ることとなった。黒田総裁は「あらゆる政策をとる」とコメント。日経平均株価は乱高下したがきのうまでに発表前の水準まで下がった。

新年度予算案・一般会計の内訳を紹介。安倍首相は「成長と分配の好循環」を強調している。

新藤義孝は甘利前大臣の閣僚辞任について国政運営、経済に影響があってはいけない、そのようにしない状況を作ることが責務、石原新大へは甘利前大臣とまったく同じ指示が出ていてきちんと継承し拡大展開すると話した。大塚耕平は議員辞職もやむを得ない内容、さらに説明責任を果たしてもらいたい、現に日程などに影響が出ている、政府・与党には襟を正して国会に向き合ってもらいたいとコメント。

上田勇は甘利前大臣として重たい決断をした、政策面では石原新大臣も経験豊富、基本方針はプロセスを経ているのでブレない、経済再生にしっかり取り組みたいと話した。小池晃は疑惑は口利き、任命責任が果たされていない、根源に企業団体献金があるとコメント。高井崇志はTPP交渉がしっかり引き継がれるるか、それは無理だと考えると語った。

下地幹郎は安倍内閣で辞任する閣僚は4人目、議会でなぜこういうことが起きたのか国民にはっきりしなければいけない、企業献金をやめることが大事と話した。吉川元は総理の任命責任は問われる、企業団体献金についてゼロ回答、TPPは新大臣で答弁できるのか疑問と口にした。新藤義孝は甘利前大臣は説明責任を果たすと話している、必要に応じて措置をとるなどと説明した。

日銀がマイナス金利の導入を発表。銀行が日銀に預金した場合、一部について利息を取ることとなった。黒田総裁は「あらゆる政策をとる」とコメント。日経平均株価は乱高下したがきのうまでに発表前の水準まで下がった。

大塚耕平は日銀はマイナス金利の効果の説明が不十分、金融政策だけで経済の問題を解決することはできない、マイナスの懸念の大きい政策だと話した。新藤義孝はマイナス金利に加えて経済成長戦略をどうリンクさせ政府・日銀が役割分担を果たすかに尽きる、この政策をうけて政府が企業が投資にむかう政策をだすことで効果がでてくると話した。大塚耕平は日本は今後副作用が大きくなる選択したとコメント。新藤義孝は成長戦略とリンクして効果が出ると主張した。

小池晃は市中に需要がない、金融政策だけで日本経済は改善しない、貧困と格差をなくす政策がなければいけない、アベノミクスが行き詰まっている象徴だと話した。上田勇はデフレ脱却は共通理解、日銀として強い決意を示す今回の判断だと理解している、需要を作り出すことが最優先の課題だと語った。

吉川元はアベノミクスは失敗、需要が失われデフレが進んできたなどと主張した。新藤義孝は今厳しい状況から脱却しつつある、次の軌道にのせる努力をしなければいけない、失敗ではないと話した。下地幹郎はマイナス金利のメッセージがわからない、規制緩和に力を入れた成長戦略を持ったほうが良いと語った。高井崇志は中小企業の7割が赤字という状況は変わっていない、国家をあげてIT化などを集中的に行う必要があると説明した。

大塚耕平は実質賃金は低下、経済政策を組み直すべき、中小企業の社員が支える家計に経済の恩恵が及んでいないと語った。新藤義孝は各党の意見を取り込み前向きな政策にもっていくことを考えている、新しい産業を打ち立てようとしている、などと主張した。また賃上げできるため起業負担を減らす政策をとっていると話した。

新年度予算案・一般会計の内訳を紹介。安倍首相は「成長と分配の好循環」を強調している。

新藤義孝は経済成長と財政再建を両立させる概念で予算を組んでいると説明した。小池晃は分配の仕方が間違っている、消費の減少を立て直す予算になっていないと指摘した。それに新藤義孝はこのうえに成長戦略の需要が必要と反論した。高井崇志は分配のあり方が不十分、力をいれる子育て・介護の予算を投下することが大事だと話した。

大塚耕平は考え方に問題があり分配に寄与する予算ではないと話した。上田勇は短期的な対策だけでは持続的成長は維持できない、構造的な問題に手当する対策を予算に盛り込んでいる、着実に進めなければいけない課題と考えると語った。下地幹郎は格差の問題がでている、それをどう解決するか、格差是正を明確に打ち出すことが必要などと主張した。

吉川元は文教費にお金をかけなければいけないが実態はそうなっていないと主張した。新藤義孝は指摘をどう改善していくかが重要、実行する政策をどう打つか、教育の質を高める使い方をする必要がある、本来どうあるべきかという面から議論すると今のような政策になるなどと話した。

新年度予算案の子育て支援の主な項目を説明、視聴者から寄せられた意見を紹介。上田勇は希望出生率達成には長期的取り組みが必要、様々な対策を新年度予算案に盛り込んでいる、様々な奨学金の形も検討していると話した。

番組ホームページURL表示。

大塚耕平は無利子奨学金を増やす方向はいいことだが給付型の奨学金を組み込むなら評価できると主張した。奨学金(日本学生支援機構)の利用者数の推移を紹介。4年生大学の学生の内、奨学金利用者は53%。小池晃は奨学金は貧困を加速する制度になっている、抜本的改革をやるべきだと主張した。新藤義孝は給付型奨学金はないが授業料の減免制度がある、所得連動返還型の奨学金を導入、地方の定住化・人材政策と連動させることなどを検討していると説明した。

下地幹郎は教育費の無料化ぐらいのメッセージを出さないといけないと主張。吉川元は保育に関しては質が重要、人件費ふくめ保育士の処遇改善はまったなしと話した。高井崇志は保育士のなり手がいないのが問題、待遇改善を測るべきなどと語った。新藤義孝は成長があれば負担を軽減できる、成長と分配の好循環を目指すとコメント。大塚耕平は分配を重んじる判断をしないといけない、保育士の平均給与も平均より11万円低い、この状況を放置することに国民は耐えられないと訴えた。小池晃は家計を暖めなければ持続的成長はできないと話した。

上田勇は経済の果実を家計や中小企業に波及させるのがポイントだと主張した。

介護離職ゼロに関連する予算を説明。大塚耕平は介護の担い手への予算は施設整備と2桁違うと話した。新藤義孝は介護職の現場の人に支援をすべき、学生に対する貸付金を拡充する、新しい生産性をつくる工夫を盛り込んでいると説明した。吉川元は間口を狭くする一方で介護離職ゼロにする矛盾がある、人材確保ができていない現状があると主張した。

キーワード
新年度予算案
甘利前大臣
石原新大臣
アベノミクス
マイナス金利
黒田総裁
日経平均株価
安倍首相
口利き
TPP
企業団体献金
企業献金
デフレ
日曜討論 ホームページ
希望出生率
子育て支援
奨学金
日本学生支援機構
介護離職
  1. 前回の放送
  2. 2月7日 放送
  3. 次回の放送