日曜討論 最新分析 北朝鮮問題の行方は

『日曜討論』(にちようとうろん、Sunday Debate)は、NHKのテレビおよびラジオで放送される討論番組である。NHKでは戦後初期のころから、毎週日曜日に『国会討論会』『政治座談会』『経済座談会』と題した国会議員、政治関係者、財界・経済専門家をゲストに招いた番組を放送、放送時期とテーマによって題名を変えたが、1994年4月よりこれらの番組名を統合・一つにまとめ、現在のタイトルとした。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年3月17日(日) 9:00~10:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

オープニング映像。

最新分析 北朝鮮問題の行方は (バラエティ/情報)
09:01~

スタジオでは北朝鮮について解説された。北朝鮮の軍事施設に詳しい専門家によると、北朝鮮の平壌の近郊にあるミサイル製造工場で多くの車両の出入りが確認されていることが確認され、稼働を再開した可能性があるとする分析結果を明らかにしている。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。中林美恵子氏によると北朝鮮は今後、話し合いで物事を解決するというスタンスを何度も確認しようとしており、ポンペイオ国務長官はキム委員長から核実験をしないということを言われたことを強調して国内で発言しているという。

スタジオでは北朝鮮について解説された。米朝関係を巡る報道で労働新聞は、朝鮮半島の非核化とアメリカとの関係を発展させるために生産的な対話を継続することになったと報じ、その後には内外からアメリカの責任だとする主張が一様に挙がっているとアメリカへの不満も報じている。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。李相哲氏によると北朝鮮が選択しうることは中国の助けを得ることで、中国を動かすためにはロシアをテコにしなければならず、また北朝鮮にとってはのらりくらりできる状況にはないという。

スタジオでは北朝鮮について解説された。先月行われた米朝首脳会談で北朝鮮の金正恩委員長がニョンビョンの核施設の廃棄を条件に制裁の解除を求めたのに対し、アメリカはウラン濃縮施設を含む他の核施設の廃棄を要求し、合意には至らなかった。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。古川勝久氏はビーガン特別代表が交渉前と交渉後に言っている話が真逆であり、トランプ政権の中で非核化を巡る事前の意思統一がされていなかった可能性を指摘した。

スタジオでは北朝鮮について解説された。北朝鮮に対してこれまで国連の安全保障理事会は圧力を強めてきた。2017年8月には石炭・鉄・鉄鉱石・海産物の輸入一切の禁止が定められ、一連の制裁の影響で北朝鮮の輸出額は前年比で40%減少した。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。小原雅博氏は朝鮮半島の非核化の定義の中身は何なのかということについて、朝鮮半島という話になると在韓米軍や核の傘の話にもなってくると語った。古川勝久氏は北朝鮮に完全な非核化をさせるためのロードマップをしっかり北朝鮮に強引に持ってく必要があるとの見解を示した。

スタジオでは北朝鮮について解説された。国連安全保障理事会は専門家パネルの報告書をまとめた。報告書によると北朝鮮が去年1~8月まで約150回瀬取りを行い、制裁決議が定めた上限を超える石油製品の輸入があったという。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。古川勝久氏は、北朝鮮の経済がマイナス成長していることは間違いないと思われるが問題はその先で、物不足であることが物価動向に反映されていないので、何らかの形で調達しているという。

スタジオでは北朝鮮について解説された。米朝首脳会談でトランプ大統領が拉致問題を提起したことを受けて安倍総理大臣は拉致被害者家族と面会し、次は自分自身が金正恩委員長と向き合わなければならないと述べた。

スタジオでは北朝鮮について話題となった。礒崎敦仁氏は、あそこまで強い制裁がかかっているのに北朝鮮はハノイで譲歩しなかったという現実であるので対話は必要であるとの認識を示した。

キーワード
トランプ大統領
天野事務局長
キム委員長
ポンペイオ国務長官
北朝鮮
労働新聞
チェ・ソニ
キム・ヨンジェ
コズロフ
アメリカ
ビーガン特別代表
ボルトン
安倍内閣総理大臣

エンディング (その他)
09:59~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月17日 放送
  3. 次回の放送