日曜討論 「あす召集 通常国会にどう臨む」

『日曜討論』(にちようとうろん、Sunday Debate)は、NHKのテレビおよびラジオで放送される討論番組である。NHKでは戦後初期のころから、毎週日曜日に『国会討論会』『政治座談会』『経済座談会』と題した国会議員、政治関係者、財界・経済専門家をゲストに招いた番組を放送、放送時期とテーマによって題名を変えたが、1994年4月よりこれらの番組名を統合・一つにまとめ、現在のタイトルとした。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月27日(日) 9:00~10:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

オープニング映像。

あす召集 通常国会にどう臨む (バラエティ/情報)
09:00~

スタジオでは通常国会について話題となった。通常国会について萩生田光一氏は、統一地方選挙、G20国際会議、ラグビーワールドカップなど世界の目が日本に向けられる1年だと思っており、国内経済は緩やかであるが順調な傾向があり、本予算の成立を目指すと語った。

スタジオでは通常国会について話題となった。小池晃氏は野党が結束して隠蔽改ざんの政治に終止符を打つ国会にしなければならないと思うと考えを示した。馬場伸幸氏は、国民生活に関わる問題を腰を据えて話し合うことが必要との認識を示した。

スタジオでは通常国会について話題となった。吉川元氏は、統計調査について政策を立案する基礎にもなるので、データを変えたり文書を変えたりというのは安倍総理の本質なのではないかと言わざるを得ないとの認識を語った。

スタジオでは統計調査の問題について解説された。新年度予算案は過去最高の101兆4571億円となっている。歳出のうち医療や年金などの社会保障は過去最大となっている。新年度予算案を巡って政府は閣議決定していたが厚生労働省の不適切な統計調査を受け閣議決定をやり直すという異例の事態となった。

スタジオでは統計調査の問題について話題となった。斉藤鉄夫氏は、今後しっかりとした第三者性を強調した調査をするものと思っているとの認識を示した。馬場伸幸氏は厚生労働省が肥大化していることも原因にあると思うとの認識を示した。

スタジオでは統計調査の問題について話題となった。萩生田光一氏は、与党の責任も認めており、期間統計の大切さを大前提にたって仕組みを見直していきたいと思うと語った。吉川元氏は、何らかの意図があってやったと思われても仕方がないと思うとの認識を示した。

スタジオでは消費税引き上げについて話題となった。萩生田光一氏は景気への影響を出さない努力を総力を挙げて取り組みたいと思うと語った。平野博文氏は、安倍内閣がどういうことをするのか見極めた上で判断していきたいと語った。

スタジオでは消費税引き上げについて話題となった。斉藤鉄夫氏は根本的に幼児教育無償化が始まる全世代型社会保障の第1年度予算として評価していると語った。馬場伸幸氏は、消費税増税については一貫して凍結を訴えてきたと語った。

スタジオでは消費税引き上げについて話題となった。福山哲郎氏は年末から年始にかけて中国経済の減速は数値として明らかになっており、統計の不正もあって逆に国民の生活は実態より悪い可能性があり、何のために消費税を上げるのかまったくわからない愚策が並んでいると語った。

スタジオでは消費税引き上げについて話題となった。小池晃氏は、今の経済情勢の中で税のあり方に対する違いはあったとしても、増税は中止すべきだと思うと主張した。萩生田光一氏は、国会の審議でも議論して頂いて、我々としてはこの姿勢を貫きたいと思うと語った。

キーワード
安倍総理
厚生労働省
消費税

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月27日 放送
  3. 次回の放送