日曜討論 東日本大震災7年 復興はいま

『日曜討論』(にちようとうろん、Sunday Debate)は、NHKのテレビおよびラジオで放送される討論番組である。NHKでは戦後初期のころから、毎週日曜日に『国会討論会』『政治座談会』『経済座談会』と題した国会議員、政治関係者、財界・経済専門家をゲストに招いた番組を放送、放送時期とテーマによって題名を変えたが、1994年4月よりこれらの番組名を統合・一つにまとめ、現在のタイトルとした。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年3月11日(日) 9:00~10:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
09:00~

東日本大震災の発生からきょうで7年、宮城県南三陸町で再建された商店街がオープン1年目を迎えた。これまでに訪れた人は60万人以上に達しているという。また被災地では災害公営住宅の建設や高台移転など住まいの再建が進んでいる。一方いまも避難生活を余儀なくされている人は全国で7万3000人余り。NHKが被災者を対象に行ったアンケートでは、暮らしていた地域の復興状況について「想定よりも遅れている」「復興の実感が持てない」と回答した人があわせて半数に登った。また地域の基幹産業の売上げ回復も課題になっている。今朝の日曜討論は2部構成で、前半は吉野正芳復興大臣、復興制作を提言してきた柳井雅也教授、岩手県の達増拓也知事、宮城県の村井嘉浩知事をゲストに迎え岩手・宮城の復興と現状の課題を考える。

キーワード
東日本大震災
復興
南三陸町(宮城)
宮城県
岩手県
災害公営住宅
吉野正芳
柳井雅也
達増拓也
村井嘉浩

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月11日 放送
  3. 次回の放送