ニュース・気象情報 2019年2月17日放送回

放送日 2019年2月17日(日) 5:00~ 5:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
05:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
05:00~

トランプ大統領は、過激派組織ISを打倒したとして、シリアからアメリカ軍を撤退させる方針を示していて、近くすべての支配地域の制圧を発表するとしている。これに対して、ドイツのメルケル首相は「撤退はイランやロシアが影響力を再度強めることに繋がらないか」と懸念を示すと、ペンス副大統領は「軍を撤退させたとしても中東でのテロとの戦いには引き続き関与するという考えを示した。

親が子どもを戒める権利として民法には「懲戒権」が規定され、平成23年には子どもの利益になる場合に限って認めることを明記する改正が行われた。だが、専門家は「子どもの利益のためであれば体罰を認める余地が残されてしまった」という指摘。さきに開かれた超党派の議員連盟の会合では「しつけのためなら体罰も許されるという誤解を招きかねない」として、規定の削除を求める意見が相次ぐなど、国会では「懲戒権」をめぐって議論が行われることも予想される。

警察庁は去年1年間に全国で起きた車の後部座席に乗っていた人が死傷した交通事故を対象に調査を実施。その結果、高速道路では後部座席のシートベルトを着用していた場合の致死率は0.37%だったのに対し、着用していなかった場合は3.4%と、9.2倍高くなった。一般道の事故ではシートベルト着用時の致死率は0.18%、未着用は0.64%。依然としてシートベルトをせずに事故で死亡するケースが相次いでいて、去年は76人が亡くなった。後部座席のシートベルトの着用率も高速道路で86%、一般道で65.6%にとどまっている。

人工知能やビッグデータを活用した技術開発をめぐる国際競争が激しさを増す中、政府は、自動車の自動運転やドローンを使った配送など最先端技術の実証実験を街全体で行う「スーパーシティ」を整備するための基本方針を取りまとめた。地域を限って大胆な規制改革を可能とする国家戦略特区制度を基礎として、自治体が住民の合意などを得たうえで総理大臣からの認定を得れば、新たな条例を定めて国の規制を緩和できるとしている。自治体側は、条例の制定にあたっては事前に関係府省庁と協議する。政府は今後法案化作業を進めたうえで、今の国会への提出を目指すことにしている。

愛知・豊川市に暮らす白井宏之さん(55)は全身の筋肉が衰えていく筋ジストロフィーを患い、24時間つけている人工呼吸器が命の綱。そのため、電気は必要不可欠だという。昨秋の台風24号襲来時、自宅は停電。復旧までに17時間を要し、その間はヘルパーの助けと充電しておいたバッテリーで乗り切った。東日本大震災以降、停電への備えが進められているなか、東京・世田谷区では保健士などが人工呼吸器の患者のもとを訪れ、本人や家族から情報を聞き取って災害時の支援計画を作製している。さらに計画をもとに患者の家族らと停電時の流れも確認し、バッテリーが無くなった際には手動で空気を送る器具の使用法も練習する。

キーワード
ミュンヘン(ドイツ)
トランプ大統領
メルケル首相
ペンス副大統領
IS
山下法務大臣
懲戒権
体罰
警察庁
JAF
人工知能
ビッグデータ
スーパーシティ
国家戦略特区
台風24号
筋ジストロフィー
豊川市(愛知)
世田谷区(東京)

スポーツ (ニュース)
05:10~

埼玉スタジアムで開催されたJリーグスーパーカップで、浦和レッズと川崎フロンターレが対戦。試合はレアンドロ・ダミアンのゴールが決勝点となり、フロンターレが1-0で勝利した。スーパーカップ初優勝を果たし、小林悠は優勝した喜びと、リーグ戦への意気込みを語った。

日本ハムのキャンプ地で紅白戦が行われ、ドラフト1位ルーキーの吉田輝星はプロ2年目の清宮幸太郎と対戦し、打ち取ってみせた。吉田は1回1失点でまとめ、「次のブルペンでは細かいコントロールを意識して投げたい」とコメント。

キーワード
レアンドロ・ダミアン
槙野智章
小林悠
浦和レッズ
川崎フロンターレ
Jリーグスーパーカップ
吉田輝星
清宮幸太郎
日本ハム
国頭(沖縄)
大田泰示

気象情報 (ニュース)
05:13~

今日の全国各地の気象情報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 2月17日 放送
  3. 次回の放送