ダーウィンが来た!生きもの新伝説 イノシシ特集

放送日 2019年1月8日(火) 4:02~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:02~

今回は大河ドラマ「いだてん」の阿部サダヲと中村勘九郎がゲスト。2人にどうしても会いたいのはイノシシのいのしし美だった。いのしし美は「今年の主役同士挨拶しておきたかった」などと話した。

キーワード
大河ドラマ「いだてん」

大河ドラマ いだてんSP (バラエティ/情報)
04:04~

干支の中国だが、中国と日本では十二支に登場する動物に大きな違いがある。中国の十二支はネズミ・ウシ・トラ・ウサギ・タツ・ヘビ・ウマ・ヒツジ・サル・トリ・イヌ・ブタだった。なぜ日本ではイノシシになったのか。干支が日本に伝わったのは今から約1500年前、当時の日本ではブタは誰も飼ってなく、そのかわりにブタに似たどこにでもいるイノシシを干支に当てはめた説がある。

イノシシの子どもうり坊の秘蔵映像を紹介し可愛さを堪能した。名前の由来はウリに似た模様の縞模様。うり坊の縞模様には身を隠す効果がある。縞模様があるのは生後4か月ほど。しし美の声を担当している近藤春菜はいのしし年。大人のイノシシのイメージについて中村勘九郎は「檻に突進する力。凶暴」などと話した。

イノシシのイメージについて街の人に聞いてみると「荒っぽい」「怖い」などの声があがった。イノシシは実はとってもシャイだという。取材班はイノシシをみつけるため中国地方のとある山にやってきた。まずは小さな水場を見つけそこにはたくさんの足跡があった。自動撮影カメラをしかけイノシシが現れるのをまった。タヌキやウサギは現れたがイノシシは姿を表さなかった。1か月後、ようやくイノシシがカメラに映った。専門家によるとイノシシはいち早くカメラに気付き近づかなくなったという。警戒心の強さはイノシシの目線が関係しているという説がある。目の位置が地面に近く遠くを見渡せないので周囲を警戒するのが得意ではない。そのため少しでも危険があるとその場所には近づかなくなる。イノシシは頭脳派で学習能力が高く、色を覚えることもできる。イノシシは竹林で穴を堀りタケノコを見つけることができる。50cmの穴を掘りそこにタケノコをうめると、見事に掘り当てる事ができた。

イノシシのVTRを見て阿部サダヲは「イメージが変わりました。繊細というかかわいいし頭いいし」などと話した。イノシシはよく泥浴びをするがそれは体についた寄生虫を落とすためだという。イノシシは陸上に生息しているが実は海にもイノシシがいるという。

三重県にある答志島で泳ぐイノシシが頻繁に目撃されている。三重だけではなく小豆島や佐世保沖などでも泳ぐイノシシが目撃されている。イノシシは畑を荒らす厄介者で全国で被害が多発している。被害額は年間48億円だという。この問題を解決するために行われているのが猟師による捕獲や駆除。これがイノシシが泳ぐ原因の1つになっている。答志島は元々イノシシがいなかったのに上陸し農作物に被害をもたらしている。

島根・美郷町ではイノシシと人が共存している。この町では、触ると電気が流れる柵を設置。柵の間隔を地面から20センチずつにすると効果が抜群。さらに畑の周りの草刈りをすることでイノシシが少なくなる。草むらはイノシシにとって安全地帯、草をを刈るとイノシシは不安になり畑に寄り付かなくなる。

大河ドラマ いだてんの番組宣伝。

キーワード
吹田市(大阪)
イノシシ
タヌキ
ニホンノウサギ
答志島
佐世保市(長崎)
小豆島
農研機構 西日本農業研究センター
みさ坊

エンディング (その他)
04:28~

和久田麻由子といのしし美がエンディングの挨拶を行った。

エンディング (その他)
04:29~

イラスト大募集!のお知らせ。ホームページで漫画連載中。

「ダーウィンが来た!生きもの新伝説」の番組宣伝。

キーワード
ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 1月8日 放送
  3. 次回の放送