NHKニュース おはよう日本 2018年8月22日放送回

放送日 2018年8月22日(水) 7:45~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

関東御甲信越のニュース (ニュース)
07:45~

さいたま市教育委員会によると、学校の夏休みの終わりが近づく時期は友人関係などに不安や悩みを抱える生徒が多いということで、教育委員会は市内の中高生を対象にSNS相談窓口を開設し、今日から運用を開始する。専用のQRコードを読み取ると無料通信アプリ“LINE”が立ち上がり、悩みなどを相談すると臨床心理士などが返信する仕組み。相談は来月30日までの間午後5時~午後10時まで。それ以外は電話相談などが案内される。

昨日午後11時過ぎ埼玉県北本市二ツ家の住宅から火が出ていると通報があった。火は4時間後に消えたが住宅1棟が全焼2人が遺体で見つかった。この住宅には妻と42歳の長男が住んでいたという。火事のあと2人と連絡がとれていないという。現場はJR高崎線の桶川駅から北西に約2キロの住宅街だという。

南アルプスや北アルプスなどに生息するライチョウは1980年代は約3000羽が確認されてたが、現在は1700羽まで減少し、近い将来絶滅の危険性が高いと指摘されている。このため環境省は南アルプスの北岳周辺でふ化したライチョウのひなを保護。約1か月間おりの中などで育て、飛べるようになってから野生にかえす取り組みを進めている。今年6月、野生にかえした1羽が親鳥に成長し、ひなと歩く姿が確認された。環境省によると、保護したひなが親鳥まで成長したのを確認できたのはこれが初めてだという。

西日本豪雨で多くの被災者を出した広島県・安芸区。小学校の体育館に開設された避難所。今回災害4日間後から被災者に段ボールベッドが配布された。箱を組み合わせた簡単なものだが、利便性が高いと好評。段ボールベッドの必要性が議論されるようになったキッカケは新潟県中越地震。当時被災者は床に毛布をひいただけのスペースで過ごしていた。同じ体勢をとりすぎたことでエコノミークラス症候群を発症し中越地震では7人が亡くなった。新潟で毎年被災者の検診を続けてきた榛沢和彦教授。床で直接寝る場合の立ち上がりにくさがエコノミークラス症候群を引き起こしたと考えている。長い年月がたっても傷ついた血管から再発してしまう被災者が少なくない。中越沖地震でエコノミークラス症候群を発症した大崎文子さん。震災直後、足に出来た血栓。10年たった今も不安を抱えている。大崎さんの肺の断面を拡大したレントゲン写真。震災後にはなかった血栓が5年前、肺に流れていたことが分かった。被災者に長く影響を残す症状を防げないか。榛沢教授が注目したのが段ボールベッド。床で直接寝る場合と違って足をおろすだけで座ることができ、ベッドの端に力をかければ簡単に立ち上がることができる。避難者をエコノミークラス症候群から守るため導入された段ボールベッド。新たな災害に備え、全国で配備が進んでいる。

各地の外の様子:富士河口湖町は雲がかかっていて富士山が見えない状態。長野県佐久市は快晴、気温は24.2℃と昨日の朝と同じくらいとなっている。

交通情報:JR・その他の鉄道各線はおおむね平常とおりとなっている。

キーワード
さいたま市教育委員会
SNS
LINE
さいたま市(埼玉)
北岳
ライチョウ
高崎線
西日本豪雨
二ツ家(埼玉)
新潟県中越地震
富士河口湖町(山梨)
佐久市(長野)
富士山
新潟大学大学院
安芸区(広島)
柏崎市(新潟)
エコノミークラス症候群
段ボールベッド

関東の気象情報 (ニュース)
07:55~

関東の気温・雲の様子・台風の情報・週間天気予報など天気予報を伝えた。小笠原村に波浪警報が発表されている。

キーワード
台風19号
台風20号
小笠原諸島
日本海
八丈島
小笠原村(東京)
波浪警報

エンディング (その他)
07:59~

三條アナウンサーは「きのうの日中も暑かったですがさらに上回りそうですね」などとトークした。

ホームページのテロップ

キーワード
ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 8月22日 放送
  3. 次回の放送