大相撲名古屋場所 九日目 ▽ゲスト 谷原章介さん(俳優)

放送日 2018年7月16日(月) 16:00~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

大相撲名古屋場所 九日目(中継1) (スポーツ)
16:00~

昭和57年の名古屋場所・千秋楽で高見山と北天佑の一番を紹介した。

キーワード
高見山
北天佑

ニュース (ニュース)
16:01~

岐阜・揖斐川町で39.3度を観測するなど、各地で猛烈な暑さとなっている。豪雨の被災地周辺でも猛暑日となった。。東広島市の路上で89歳の男性が熱中症で倒れて折るのが見つかり意識不明の重体となっている。広島・宇和島ではがれき撤去の男性が熱中症の疑いで搬送された。岡山県内で熱中症とみられる症状で病院に運ばれたのは午後2時現在25人となっている。都内では3時までに6~90歳までの男女合わせて101人が病院に搬送された。

キーワード
揖斐川町(岐阜)
大洲市(愛媛)
東広島(広島)
宇和島(愛媛)
熱中症
気象庁

大相撲名古屋場所 九日目(中継2) (スポーツ)
16:04~

本日の解説は舞の海秀平。ゲストは谷原章介。舞の海秀平が活躍していた時代に大きな存在として居たのが貴乃花。谷原章介は「同い年ということでずっと応援してきました」などと話した。平成13年の貴乃花と武蔵丸の一番を紹介した。今の相撲界で谷原章介が応援してるのは嘉風だと話した。

東【前頭十五】石浦(4勝5敗)。西【前頭十三】朝乃山(8勝1敗)。朝乃山の寄り切り。

朝乃山のインタビュー。「前に出れてるのでそれが白星に繋がってると思います。お客さんの目の前で勝ててるのがお客さんも喜ぶと思いますしそれが良かったです」などと話した。

東【前頭十三】栃煌山(7勝2敗)。西【前頭十六】明生(2勝7敗)。栃煌山のすくい投げ。

幕内のこれからの取組を紹介した。

東【前頭十五】竜電(5勝4敗)。西【前頭十二】荒鷲(3勝6敗)。竜電の寄り切り。

谷原章介が尾車部屋の稽古を見学した。そのときの様子を紹介した。谷原章介は「成長が楽しみな方がいっぱいいました」などと話した。

東【前頭十二】佐田の海(5勝4敗)。西【前頭十四】琴恵光(2勝7敗)。佐田の海の寄り切り。

谷原章介の尊敬する先輩は児玉清。うたコンについて谷原章介は「うたコンは楽しいですね、毎週ぷち紅白をやらせてもらっている感じ、生で聞けるのは贅沢です」などと話した。

東【前頭十六】北勝富士(6勝3敗)。西【前頭十一】阿武咲(5勝4敗)。北勝富士の押し倒し。

東【前頭十】千代丸(4勝5敗)。西【前頭十四】隠岐の海(4勝5敗)。千代丸の小手投げ。

東【前頭八】千代翔馬(3勝6敗)。西【前頭十一】碧山(4勝5敗)。碧山の押し出し。

幕下上位・十両の結果を伝えた。

東【前頭十】錦木(5勝4敗)。西【前頭七】大栄翔(4勝5敗)。錦木の押し出し。

東【前頭七】宝富士(4勝5敗)。西【前頭九】妙義龍(6勝3敗)。妙義龍の寄り倒し。

東【前頭八】旭大星(2勝7敗)。西【前頭六】千代大龍(6勝3敗)。旭大星の引き落とし。

嘉風が白鵬、日馬富士に勝った取組を紹介した。谷原章介は「取り終わった後の嘉風の顔をみると納得行く相撲だったら僕も良かったなと思います」などと話した。

キーワード
貴乃花
武蔵丸
大相撲名古屋場所
尾車部屋
児玉清
嘉風
白鵬
日馬富士
うたコン

ニュース (ニュース)
17:00~

岐阜・揖斐川町で39.3度を観測するなど、各地で猛烈な暑さとなっている。豪雨の被災地周辺でも猛暑日となった。。東広島市の路上で89歳の男性が熱中症で倒れて折るのが見つかり意識不明の重体となっている。広島・宇和島ではがれき撤去の男性が熱中症の疑いで搬送された。岡山県内で熱中症とみられる症状で病院に運ばれたのは午後2時現在25人となっている。都内では3時までに6~90歳までの男女合わせて101人が病院に搬送された。

国土交通省東京空港事務所によると、羽田空港で4本ある滑走路のうち、B滑走路で穴が開いているのが確認されたため、この滑走路を閉鎖して補修作業を行っていたが、午後4時36分に運用を再開した。

キーワード
揖斐川町(岐阜)
大洲市(愛媛)
東広島(広島)
宇和島(愛媛)
熱中症
気象庁
国土交通省東京空港事務所
羽田空港

大相撲名古屋場所 九日目(中継3) (スポーツ)
17:03~

東【前頭六】遠藤(7勝2敗)。西【前頭九】豊山(6勝3敗)。豊山の突き出し。

場所前に谷原章介が尾車部屋に見学しにいった時の映像。場所の15日間について聞かれ嘉風は「常に自問自答してます。勝ことだけにとらわれるとネガティブな感情もでてくる」などと話した。

東【前頭五】嘉風(0勝9敗)。西【前頭三】貴景勝(6勝3敗)。貴景勝の押し出し。

東【前頭三】阿炎(2勝7敗)。西【前頭二】千代の国(5勝4敗)。千代の国の上手投げ。

東【前頭二】勢(4勝5敗)。西【前頭一】琴奨菊(3勝6敗)。勢の上手投げ。

あすの十両・幕内の取組を紹介した。

東【前頭一】正代(2勝7敗)。西【小結】松鳳山(2勝7敗)。松鳳山の押し出し。

東【前頭五】大翔丸(3勝6敗)。西【関脇】御嶽海(9勝0敗)。御嶽海の寄り切り。

東【関脇】逸ノ城(3勝6敗)。西【前頭四】魁聖(6勝3敗)。魁聖の寄り切り。

東【小結】玉鷲(5勝4敗)。西【大関】高安(7勝2敗)。高安の突き落とし。

東【大関】豪栄道(6勝3敗)。西【前頭四】輝(3勝6敗)。豪栄道の上手投げ。

本日1番の取組はと聞かれ谷原章介は「最後の取組じゃないですかね。一番見ごたえがありました」などと話し、豪栄道と輝の取組を伝えた。今場所これからについて谷原章介は「嘉風関の初日が出てほしい」などと話した。

キーワード
大相撲名古屋場所
嘉風
豪栄道
  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送