NHKニュース おはよう日本 2018年7月13日放送回

放送日 2018年7月13日(金) 7:00~ 7:45
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
07:00~

西日本豪雨災害から1週間がたち、今も災害は続いている。愛媛県大洲市では、肱川が氾濫してわずか3分で駐車場が水没するなど被害が大きかった。広島県坂町では家屋が崩れ土砂に埋もれているところもある。道路が寸断され復旧作業が進んでいない地域もある。原畑地区では、ボランティアがいないため思うように復旧作業が進まないという。また、断水が深刻な被害だ。子供たちの食べる量も減少しているという。愛媛県ではカレーの炊き出しなどをしている。広島県呉市内の病院で、器具を洗浄する水が確保できず手術を延期している。呉市と江田島市では、昨日送水が再開されたが各家庭の水道管損傷などにより完全な断水解消には時間がかかると見ている。全国で、死者187人、安否不明67人だ。避難数は5567人だ。

広島県坂町小屋浦地区と愛媛県野村町の中継を流した。行方不明者がいるため、警察消防などによる捜索が予定されている。愛媛県野村町の中継では、野村大橋の柵は変形し流されたものが残っている。また断水の影響で5000人が水が使えない生活を強いられていて不安も多いという。

今回の豪雨について専門家の解析で、広島県などで発生したバックビルディングや雨雲の動きの遅さなど複数の原因があると見られている。今月6日広島県などに大雨特別警報が出された後11府県に特別警報がだされ被害がでた。バックビルディングでは、同じ場所に新たな積乱雲がかかり大雨になる。また、九州北部の豪雨15キロに対し、西日本は半分以下で上空の風に流されにくいため雨量増加に拍車をかけた可能性があるという。

真備町の守屋さんは、避難勧告がでた6日、午後10時頃から近くの住宅に避難を直接呼びかけた。合わせて20世帯をまわったが避難所に向かったのは9世帯だった。その後、小田川が氾濫した。近所の女性は、当初自宅2階にいたがまわりが浸水し始めてから避難した。危機感が足りなかった等と話した。専門家は、警報が重要だと話した。土砂災害警戒情報や避難勧告などの情報が必要になるという。

真備町からの中継で、道路などに災害ゴミが積まれていると伝えた。最も心配されているのが感染症だ。

倉敷市内で

キーワード
西日本豪雨災害
断水
NHK
真備町(岡山)
西予(愛媛)
大洲市(愛媛)
坂町(広島)
安浦町(広島)
江田島市(広島)
岡山県
広島県
肱川
野村大橋
野村町(愛媛)
バックビルディング
大雨特別警報
つくば(茨城)
岐阜県
土砂災害警戒情報
避難勧告
真備町(広島)
阿南(徳島)
小田川
感染症

1分天気 (ニュース)
07:18~

渋谷の中継映像を背景に全国の天気予報を伝えた。

キーワード
渋谷(東京)
  1. 前回の放送
  2. 7月13日 放送
  3. 次回の放送