NHKニュース おはよう日本 2018年5月17日放送回

放送日 2018年5月17日(木) 7:45~ 8:00
放送局 NHK総合

番組概要

関東甲信越のニュース (ニュース)
07:45~

新潟市の女児が殺害されて線路に遺棄された事件で逮捕された男は7日夜に自宅近くのJR越後線線路内に女児を遺棄した疑い。「遺体を車に乗せたままあちこち移動して、現場近くまで車で運んだ。事故にみせかけるために遺体を線路内に置いた」と供述していることが判明した。自宅から50mと近く、遺棄しやすかった、との内容だ。女児の首や口には押さえつけられたような痕があり、警察は痕跡も事故で分からないようにしようとした疑いもあるとみて調べている。

経済産業省は工場を建てるために企業が取得した1000平方メートル以上の土地について都道府県ごとに件数と面積をまとめた。去年は企業が栃木県内に取得した土地が92ヘクタールと前年の約2倍で、全国2位。前年より12件多い41件で、全国で6番目。産業用ロボット大手「ファナック」が壬生町に、化粧品大手「資生堂」が大田原市に土地取得したことが大きな要因だという。業種別では自動車部品などの輸送用機械器具製造業が8件と最多。次いで金属製品製造業が7件、食料品製造業・化学工業が5件。栃木県の福田知事は圏央道の茨城県区間が開通するなど、栃木県への交通アクセスがさらに向上したこと、あるいは立地優遇制度が評価されたのではないかとしている。

東京・新宿区にある大手住宅メーカーのオフィス。午後6時になると音楽が鳴り終礼の時間。上司がひとりひとりの退社時間と残りの仕事をチェックする。この取組のおかげで残業時間は3割近く減った。専門家によると、「自分の仕事は終わったが他人がやっているから帰りにくい」と職場内の同調圧力が帰りにくい雰囲気を蔓延させてしまう。終礼の利点はここからここまでが働く時間ときっちりできること。1日2回の終礼を行っている会社もある。午後4時55分になると1回目の終礼。始めたのはストレッチ。パートや子育て中の社員に気兼ねなく帰宅してもらうきっかけにしてもらうという。午後8時半は2回目の終礼。上司からは「本日帰れなかったみなさん反省してください」という言葉が。この取組で深夜残業がわずか1割に減った。茶谷翔平さん(32)は若手の同僚と連日遅くまで残業をしていて、ついたあだ名はブラック企業をもじって「ブラッキーズ」。終礼で残業削減を目指す方針に最初は反発したという。しかし、終礼に参加するうちに時間の使い方を見直すようになったという茶谷さん。やるべき仕事を取捨選択することで業績も上がったという。いまでは8時半の終礼より前に退社。仕事一筋だった夫の変化に妻の綾さんも驚いている。終礼が残業削減だけでなく、メリハリのある働き方にもつながっている。この終礼は横浜市や東京・板橋区など官公庁の一部でも導入されている。

東京・銀座のギャラリーで開かれているギャラリーでは東京出身の音楽家・蓮沼執太さんのアート作品が7点展示。地下の会場では近くにあるビルの屋上に設置されたカメラが撮影した植栽などの映像や、街のざわめきの音がそのまま流れる。トランペットやフルートなどの楽器が制作される過程で出たたくさんの金属が敷き詰められていて、この上を実際に歩いて音や感触を楽しむことができる。ギャラリーは来月3日まで開かれ、入場は無料。

山梨・富士河口湖町、さいたま市の現地の天気を伝えた。

JR・その他の鉄道各線は概ね平常通り。

キーワード
新潟西警察署
越後線
JR
西区(新潟)
経済産業省
ファナック
資生堂
福田知事
圏央道
壬生町(栃木)
大田原市(栃木)
茨城県
働き方改革
残業
新宿区(東京)
渋谷区(東京)
横浜市(神奈川)
板橋区(東京)
蓮沼執太さん
トランペット
フルート
銀座(東京)
富士吉田(山梨)
富士河口湖町(山梨)
さいたま(埼玉)

気象情報 (ニュース)
07:55~

関東甲信越地方の気象情報。

キーワード
東京都

エンディング (その他)
07:59~

番組ホームページURLが露出。

エンディング。

キーワード
ホームページ
  1. 前回の放送
  2. 5月17日 放送
  3. 次回の放送