ピョンチャンオリンピック 2018年2月20日放送回

放送日 2018年2月20日(火) 21:35~23:00
放送局 NHK総合

番組概要

平昌オリンピック情報 (バラエティ/情報)
21:35~

西阪太志がアルペンシアクロスカントリースキーセンターから中継。ノルディック複合 後半・クロスカントリーが行われると伝えた。現在のところ1位は渡部暁斗。

スタジオから杉浦友紀と小宮山晃義が挨拶。ノルディック複合には山元豪・永井秀昭・渡部善斗・渡部暁斗が出場していると伝えた。

ピョンチャンオリンピックNHK放送テーマソング:「サザンカ」SEKAI NO OWARI

エリック・フレンツェルと渡部暁斗の前半のラージヒルジャンプを振り返った。渡部暁斗の記録は134m、ジャンプ後は「良いジャンプができたので、内容に満足できています」と話した。

キーワード
アルペンシアクロスカントリースキーセンター
渡部暁斗
サザンカ
SEKAI NO OWARI
渡部善斗
永井秀昭
山元豪
エリック・フレンツェル
平昌オリンピック

ノルディック複合 個人ラージヒル 後半・クロスカントリー(中継) (スポーツ)
21:41~

競技前の会場の模様とコースを伝えた。

ノルディック複合 個人ラージヒル 後半・クロスカントリーの中継。

キーワード
アルペンシアクロスカントリースキーセンター
平昌オリンピック

平昌オリンピック情報 (バラエティ/情報)
22:17~

ノルディック複合 後半・クロスカントリーについてトーク。日本勢は渡部暁斗5位、永井秀昭12位、山元豪16位、渡部善斗20位という結果になった。

ノルディック複合 個人ラージヒル ジャンプの日本勢のハイライト。

ノルディック複合 後半・クロスカントリーの日本勢のハイライト。

ノルディック複合 個人ラージヒルを振り返りトーク。小宮山晃義は「クロスカントリーが始まる前に”俺が引っ張る”などの会話があったと思う。ノルディックならではのタイム差の怖さがあった」と話した。

ノルディック男子 日本代表にインタビュー。渡部暁斗は「ハイペースで力を使ってしまった、明後日の団体に向けて反省点があると思うので修正したい」、渡部善斗は「まだまだレベルが足りていない、差を感じるレースでした」、山元は「内容はノーマルに比べたら粘れた、条件さえ噛み合ってくれれば本当にいい位置でスタートできるので団体でも勢いをつけたい」、永井は「後半苦しくなり、そこから粘れなかったのが残念なところです。いまできる力はだせたほうです」と話した。

ノルディック複合 後半・クロスカントリーについてトーク。改めて渡部暁斗5位、永井秀昭12位、山元豪16位、渡部善斗20位と結果を伝えた。明後日には午後4時20分から団体ジャンプ、午後6時55分からは後半・クロスカントリーが行われると伝えた。

「ノルディック複合 団体」の番組宣伝。

キーワード
渡部暁斗
渡部善斗
永井秀昭
山元豪
平昌オリンピック

平昌オリンピック スペシャルインタビュー (バラエティ/情報)
22:35~

フリースタイル エアリアルに出場した田原直哉のプロフィールを紹介。体操の元日本代表としてアテネ五輪を目指すも、25歳の時にスキー経験がほとんどないなかでエアリアルに転校。本人曰く、「今回が最初で最後のオリンピック」。

田原直哉は初出場した男子エアリアルを振り返り、1回目のジャンプはスピードが足らず、前のめりになってしまったがうまいこと着地できたという。観戦していた上村愛子は「直哉さんらしいキレイなジャンプが見れて、嬉しかった」とコメント。予選2回目は気持ちを切り替えてスタートしたが、田原は「1本目を正直、引きずっていた」と吐露。1本目のジャンプを受け、スピードを上げてトライしたが、飛び出しで失敗し、空中での判断に遅れが生じて着地に間に合わなかったという。上村は予選からハイレベルな戦いだったことから、2本目で決め切らねばという気負いがあったと推察し、 首肯した田原はW杯で表彰台にのぼれるレベルが予選通過のボーダーラインだったと語った。そして、「メダルは欲しかったが、自分が思っていたよりもメダルが全てじゃないと思える心境にある」といい、「ここまで至る様々な経験、支えてくれた人々への思いが薄れるわけではない」と述べた。

田原はどういう形で競技に携わっていけるか分からないが、チームを強くしていくのに役立ちたい」と語り、後進の育成も1つの考えにあるという。そして、五輪という舞台について、田原は「ここで試合できたことは自分の中で自信になるし、この経験は活きてくると思う」と述べた。

杉浦友紀キャスターは田原直哉へのインタビューで印象に残ったのは「メダルを獲れなかったからといって失敗とは思いたくない。舞台に立つまでの努力、支えてくれた人々、五輪に出られたことが既に成功」という言葉だったという。

キーワード
田原直哉
平昌五輪
アテネ五輪
ピョンチャン五輪

平昌オリンピック情報 (バラエティ/情報)
22:47~

あすの「平昌オリンピック」の番組宣伝。

坂本花織は団体でフリーを滑っており、得意なジャンプにミスがでていた。きょうの練習は入念にジャンプを行い、基礎点が高くなる演技後半に飛ぶ3つのジャンプを全て決めるなど調子をあげている。宮原知子はピンクの衣装で前日練習を行い、回転不足だった3回転ルッツと3回転トーループの連続ジャンプを何回も飛んでタイミングを入念に確認した。

エフゲニア・メドベージェワの練習の様子を紹介。曲かけの練習では軽々とジャンプをこなし、1つ1つの動きが伸びやかで綺麗にきまっている。そして、アリーナ・ザギトワは軸のぶれない美しいジャンプを何回も決め、非常に得点の高いジャンプが期待される。女子シングル ショートプログラムの滑走順は坂本が19番、メドベージェワが25番、宮原が26番、ザキトワが28番となっている。

明日、フィギュアスケート女子シングルがスタート。注目されるのは2015年の世界選手権銀メダリストで翌年に世界ランキング1位に輝いた宮原知子で、股関節の疲労骨折からリハビリを経て、復帰戦となったNHK杯フィギュアで4連覇を果たした。また、17歳の坂本花織は力強いジャンプを武器とし、オリンピック直前の四大陸選手権では初出場にして初優勝を収めている。

フィギュアスケート女子で金メダル獲得の筆頭と名高いのがエフゲニア・メドベージェワで、世界選手権連覇、世界最高得点を10回更新している。そんなメドベージェワの快進撃を阻むのが今シーズン無敗のアリーナ・ザギトワで、他にも173cmという長身を活かしたダイナミックな演技が持ち味のマリア・ソツコワ、10代の選手にはない洗練された演技と経験を持つイタリアのカロリーナ・コストナーも控える。

ピョンチャンオリンピックNHK放送テーマソング:「サザンカ」SEKAI NO OWARI

キーワード
坂本花織
宮原知子
平昌オリンピック
エフゲニア・メドベージェワ
アリーナ・ザギトワ
フィギュアスケート世界選手権
NHK杯フィギュア
四大陸選手権
平昌五輪
マリア・ソツコワ
カロリーナ・コストナー
サザンカ
SEKAI NO OWARI

エンディング (その他)
22:59~

小宮山晃義と杉浦友紀によるエンディングの挨拶。

ピョンチャンオリンピックNHK放送テーマソング:「サザンカ」SEKAI NO OWARI

キーワード
サザンカ
SEKAI NO OWARI

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月20日 放送
  3. 次回の放送