ピョンチャンオリンピック デイリーハイライト

放送日 2018年2月17日(土) 23:00~ 0:00
放送局 NHK総合

番組概要

告知 (その他)
23:00~

「いくぜ!ピョンチャン NHK」のスポット映像。

キーワード
NHK
ピョンチャン

オープニング (その他)
23:00~

オープニング映像。

ピョンチャンオリンピックNHK放送テーマソング:「サザンカ」SEKAI NO OWARI

羽生結弦が平昌五輪で2連覇を達成するとともに今大会日本勢初の金メダルをもたらした。銀メダルは宇野昌磨が獲得し、小塚崇彦は「見ていて気持ちいい」と語った。

キーワード
ピョンチャンオリンピック
NHK
サザンカ
SEKAI NO OWARI
ピョンチャン五輪
羽生結弦選手
バンクーバー五輪
宇野昌磨
ソチ五輪

ピョンチャン五輪デイリーハイライト (スポーツ)
23:01~

カンヌンアイスアリーナで行われた、平昌五輪フィギュアスケート 男子シングルフリーのハイライト映像。

午後9時過ぎに宇野昌磨と羽生結弦はインタビューに応じ、2人はメダルを獲得した心境を語り、羽生は復帰戦がオリンピックとなったことについて、「ある意味、オリンピックに助けられた。曲もやることも明確で安心感があった。夏の間に追い込んだことを出せればと思っていた。練習で決まらなかった冒頭の4回転サルコウが決まって安心できた」と振り返り、「後半のルッツでヒヤリとしたが、足首と皆の思いに感謝しか無い」と吐露した。演技終了後には4年前のソチ五輪のフリーと比較し、様々なことをクリアーした上での演技だったと思うことができたという。

最終滑走の宇野昌磨は冒頭の4回転ループを失敗した時点で羽生結弦に及ばないと笑えてしまい、その後は自分の演技をしようと立て直すことができたという。初出場の五輪では感じたものを拒まずに受け入れたという宇野は、改めて羽生結弦を賞賛した。羽生は金メダルを手にし、「この幸せのために人生を賭けてきたので、素直にスケートをやってきてよかった」とコメント。

小塚崇彦氏は羽生結弦、宇野昌磨のインタビューから、状況を的確に判断し、臨機応変さを持って競技に臨んでいたと感じたと語った。羽生の演技について、小塚氏は4回転ループからサルコウに変更したことで基礎点は落ちるが、得点を稼ぐという積極的な攻めの姿勢が見え、4回転ルッツでバランスを崩した時には絶対に倒れないという気合を感じたという。一方、宇野昌磨は羽生、ハビエル・フェルナンデスと比較すると演技構成点でやや及ばず、技術点で稼ぐしかないと判断し、後半に4回転ジャンプを2つ入れたことで順位が逆転したという。

市川美余氏はカーリング女子の3戦を振り返り、「波はあったとしても、チームとして安定したショット率をキープできている」と語った。4戦の相手は中国で、アジアのトップを駆け抜ける強豪だという。

カーリング女子 予選リーグ、日本対中国のハイライト。

市川美余氏はカーリング女子 日本対中国について、第8エンドに藤澤五月のショットで珍しいミスが出てしまったとコメント。狙いとしては良かったがショットの力が強く、3失点に繫がってしまったという。

カーリング女子 予選リーグで、日本はOARに10-5で勝利。

カーリング男子 予選リーグの結果を伝えた。

カーリング女子、男子の今後の日程を伝えた。

アルペンシアスキージャンプセンターで行われた、男子ラージヒル決勝のハイライト映像。

平昌五輪 ジャンプ男子 ラージヒル決勝の結果を伝えた。

37歳にしてオリンピック初出場の田原直哉は体操の元日本代表で、ケガで引退するも25歳でエアリアルに転向するという異色の経歴の持ち主。今年1月のW杯では3位を収めている。

フェニックススノーパークで行われた男子エアリアル予選のハイライト映像。

カンヌンアイスアリーナで行われた男子1000m準決勝、順位決定戦のハイライト映像。

ショートトラック 男子1000mの最終成績を伝えた。

18日に行われる主な予定を伝えた。

キーワード
ネイサン・チェン
平昌五輪
カンヌンアイスアリーナ
羽生結弦
ハビエル・フェルナンデス
宇野昌磨
田中刑事
ソチ五輪
4回転サルコウ
4回転ルッツ
藤澤五月
アルペンシアスキージャンプセンター
葛西紀明
小林陵侑
カミル・ストッフ
小林潤志郎
竹内択
ワールドカップ
田原直哉
フェニックススノーパーク
坂爪亮介
吉永一貴
渡邊啓太

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 2月17日 放送
  3. 次回の放送