大相撲九州場所 六日目 ▽九州場所 相撲部屋と地域の交流

放送日 2017年11月17日(金) 15:55~18:00
放送局 NHK総合

番組概要

大相撲 九州場所 六日目(中継1) (スポーツ)
15:55~

横綱白鵬の土俵入りを中継。

横綱稀勢の里の土俵入りを中継。

幕内の取組予定を伝えた。

キーワード
福岡国際センター
大相撲九州場所

ニュース (ニュース)
16:00~

中国共産党・宋涛部長は習近平国家主席の特使として北京の空港からピョンヤンに向けて出発し、北京に駐在する北朝鮮のチ・ジェリョン大使も見送った。中国外務省は“党大会の結果を伝えるほか、中朝の間で共に関心を持つ事柄について意見を交わす”としていて、北朝鮮側と核・ミサイル開発について意見を交わすとみられる。

松井稼頭央選手 がきょう西武と契約し、15年ぶりの古巣復帰が決定した。背番号は7、選手権テクニカルコーチとなる。

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
宋涛部長
習近平国家主席
チ・ジェリョン大使
トランプ大統領
中国共産党
トランプ大統領のツイッター
核・ミサイル開発
北京(中国)
松井稼頭央選手
西武
所沢市(埼玉)

大相撲 九州場所 六日目(中継2) (スポーツ)
16:03~

片男波部屋が宿舎をかまえるのは朝倉市の廃校になった高校。敷地内には九州北部豪雨で出た流木が今も積まれている。地元の人はことしは災害があったが例年通り来てくれて安心していると話した。力士たちは東林田地区を訪ね、実際の被害の状況を見学した。また被災した人たちを励まそうと仮設住宅も訪れた。

地方場所での活動について鏡山親方は地元の方とちゃんこを囲むこともあったと話した。九州場所のこのあとの展開についてトーク。

東【前頭十五】錦木(4勝2敗)。西【前頭十五】妙義龍(3勝3敗)。錦木の寄り切り。

稀勢の里が熊本・玉名の寺を訪れ土俵入りを奉納した。このあとは子どもたちとのふれあいも行われた。稲川親方は子供の頃に曙関の胸を借りたことがあると語った。

東【前頭十三】豪風(2勝4敗)。西【前頭十四】大奄美(2勝4敗)。大奄美のはたき込み。

朝乃山が選ぶ今年の一番は初場所の朝日龍戦。

東【前頭十四】琴勇輝(2勝4敗)。西【前頭十二】輝(3勝3敗)。琴勇輝の押し出し。

東【前頭十三】安美錦(5勝1敗)。西【前頭十一】朝乃山(2勝4敗)。朝乃山の上手投げ。

東【前頭九】遠藤(3勝3敗)。西【前頭十二】隠岐の海(5勝1敗)。隠岐の海の小手投げ。

最近は大学で相撲を経験してから角界入りする力士、外国人力士が増えており、中学からのいわゆる叩き上げが減っていると話した。

東【前頭十】勢(3勝3敗)。西【前頭八】千代丸(3勝3敗)。千代丸の突き落とし。

幕下上位の成績を伝えた。

東【前頭七】大翔丸(2勝4敗)。西【前頭十】魁聖(4勝2敗)。魁聖の寄り切り。

正代が熊本・益城町の避難所を訪ねた。

東【前頭九】大栄翔(3勝3敗)。西【前頭七】正代(2勝4敗)。大栄翔の突き出し。

幕下上位、十両の結果を伝えた。

旭大星-豊山の取り組みを紹介した。

東【前頭六】千代翔馬(3勝3敗)。西【前頭五】荒鷲(5勝1敗)。荒鷲のはたき込み。

幕内のここまでの結果とこれからの取組み予定を伝えた。

稀勢の里のきのうの取組を紹介した。鏡山親方が全体的に受け身だと解説した。

キーワード
九州北部豪雨
朝倉市(福岡)
片男波部屋
福岡国際センター
大相撲九州場所
稀勢の里
八角部屋
玉名市(熊本)
朝乃山
朝日龍
正代
益城町(熊本)
旭大星
豊山

ニュース (ニュース)
17:00~

小笠原諸島固有のラン「シマクモキリソウ」は昭和13年の確認を最後に記録が途絶え、その後も見つからず絶滅危惧されていた。ことし6月に「シマクモキリソウ」とみられる植物3株が南硫黄島で見つかり、栽培が続けられ1株の花が咲いた。形状などから79年ぶりに「シマクモキリソウ」と確認された。あさってから国立科学博物館 筑波実験植物園「つくば蘭展」で一般にも公開される。

今月14日千葉・南流山駅でつくばエクスプレス下り列車が定刻より20秒早く出発したと会社がホームページで発表。利用客からの苦情はなかったものの、“メロディーが流れる前に発車”などと謝罪している。アメリカやイギリスのメディアは“正確さや謝罪を重んじる日本社会を象徴”と伝えている。

為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
シマクモキリソウ
南硫黄島
国立科学博物館
国立科学博物館 筑波実験植物園
首都圏新都市鉄道
英BBC
つくばエクスプレス
南流山駅
ニューヨーク・タイムズ

大相撲 九州場所 六日目(中継3) (スポーツ)
17:03~

東【前頭四】千代の国(1勝5敗)。西【前頭五】宝富士(3勝3敗)。宝富士の突き落とし。

博多港の様子を紹介。あすの十両・幕内取組を伝えた。

東【前頭六】栃ノ心(3勝3敗)。西【前頭四】逸ノ城(5勝1敗)。逸ノ城の寄り切り。

東【小結】琴奨菊(2勝4敗)。西【前頭三】北勝富士(5勝1敗)。北勝富士のはたき込み。

東【前頭一】玉鷲(4勝2敗)。西【関脇】嘉風(2勝4敗)。玉鷲のはたき込み。

データ放送であなたも参加 みんなでつくる大相撲中継。

東【関脇】御嶽海(5勝1敗)。西【小結】阿武咲(1勝5敗)。御嶽海のはたき込み。

東【大関】豪栄道(5勝1敗)。西【前頭二】千代大龍(2勝4敗)。千代大龍の突き出し。

東【前頭一】貴景勝(4勝2敗)。西【大関】高安(4勝2敗)。貴景勝の押し出し。

東【横綱】稀勢の里(4勝2敗)。西【前頭二】栃煌山(0勝6敗)。稀勢の里の突き落とし。

東【前頭三】松鳳山(2勝4敗)。西【横綱】白鵬(6勝0敗)。白鵬の上手投げ。

白鵬のこれまでの取組について話し、豪栄道・高安はこれ以上負けると厳しくなるなどとした。

豪栄道に勝利した千代大龍は大関戦4年ぶりの勝利について「嬉しい」とコメント。ずっと自分の相撲を取れていなかったが、落ちたくないの一心で押したと話した。けがをしないように自分らしい相撲を取りたいとした。

高安に勝利した貴景勝は胸を借りる気持ちで行ったとコメント。自分の相撲を取ることだけを頭に入れ、また次の相手に向かって頑張ると話した。

聡ノ富士が弓取りを行った。

結びの相撲を振り返った。

幕内の結果を伝えた。

あすの幕内取組を伝え、エンディングの挨拶をした。

あすの放送予定のテロップ。

キーワード
福岡国際センター
大相撲九州場所
博多港
  1. 前回の放送
  2. 11月17日 放送
  3. 次回の放送