視点・論点 「ノートルダム大聖堂の修復をめぐって」

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月16日(木) 3:50~ 4:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

オープニング映像。

ノートルダム大聖堂の修復をめぐって (バラエティ/情報)
03:50~

日仏会館の福井憲彦理事長はパリで4月15日に発生したノートルダム大聖堂での火災を語り、世界にとって重要な歴史遺産とあって様々な検証の上に修復、再建に取組むべきと感じると語った。大聖堂の建設開始は12世紀後半で、2世紀近くの時間をかけて基本形が落成した。ステンドグラス、石像などを見ると当時の職人たちの仕事ぶりに驚嘆するばかりだという。聖母マリアを意味するノートルダム大聖堂はフランス革命の際、反キリスト教運動の際に目をつけられたが、革命を引き継いだナポレオンは皇帝の戴冠式を行った。その後、ヴィクトル・ユーゴーの作品「ノートルダム・ド・パリ」で歴史的価値が改めて注目され、ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュクの主導で大聖堂の修復・保全が進められた。焼失した尖塔はこの時、つけられたとされる。福井氏は今後の修復作業で日本が関われるとしたら、木工技術面だといい、今後も人類にとってのモニュメントとして大聖堂が存在し続けることを願ってやまないという。

キーワード
パリ(フランス)
ノートルダム大聖堂
ピエタ像
ナポレオン・ボナパルト
ジャック=ルイ・ダヴィッド
ナポレオンの戴冠式
ノートル=ダム・ド・パリ
ヴィクトル・ユーゴー
ウジェーヌ・エマニュエル・ヴィオレ・ル・デュク
日仏会館

エンディング (その他)
03:59~

エンディング映像。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月16日 放送
  3. 次回の放送