視点・論点 「ことしの桜の花を見て想(おも)う」

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月10日(水) 3:50~ 4:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

オープニング映像。

視点・論点 (バラエティ/情報)
03:50~

日本花の会で主席研究員を務める和田博幸氏は東京都心の平年の桜開花は3月26日に対し、今年は5日早かったと述べ、2月、3月と平均気温が平年より高かったことが影響しているとみられると語った。昨秋、春に開花するはずのソメイヨシノが花を咲かせたという情報が関東南部、東海、近畿エリアで集中した。9月30日から10月1日にかけて日本列島を縦断し、被害をもたらした台風24号によって塩分が葉についた、塩害に加え、台風後に続いた高い気温が影響したという。要約すると、気候に忠実な花芽が秋の気候を春と勘違いし、花を咲かせたと言える。季節外れの開花により、花の絶対量は少なくなるものの、観賞用のソメイヨシノは花の量が多く、影響は微々たるもの。和田氏は台風によって折れるといった被害のほうを懸念し、「景観を損ねる上、損傷箇所から腐食する可能性もあることから、ケアが必要」と指摘した。

キーワード
ソメイヨシノ
台風24号
日本花の会
塩害
アブシシン酸
不時開花

エンディング (その他)
03:59~

エンディング映像。

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 4月10日 放送
  3. 次回の放送