視点・論点 「皇后さまと子どもの本の世界」[字][再]

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年10月18日(木) 3:50~ 4:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

オープニング映像。

視点・論点 (バラエティ/情報)
03:50~

末盛千枝子氏は声を出せずに静養されていた皇后様から「でんでんむしのかなしみ」の物語を教えて貰ったり、一方で日本人の作家として初めて国際アンデルセン賞を受賞したまど・みちお氏の絵本「どうぶつたち」の英訳を要請するなど皇后さまと親交がある。平成10年、国際児童図書評議会の世界大会がインド・ニューデリーで開催されることになり、皇后さまは基調講演を依頼された。その矢先、インドは核実験を実施。皇后さまの出席は難しくなったが、基調講演に穴を開けることは主催者に迷惑がかかるとビデオメッセージが現地で流された。皇后さまは自身がこれまでにどのような著作に親しみ、何を得られたのかなどをお話になった。平成14年、国際児童図書評議会の50周年大会には出席され、皇后さまは読書をはじめ、悲しみの多い世界においては喜びを感じ取ろうとする明敏さ、喜びを志向する心を養成することなどを語られ、貧苦に喘ぐ子供、紛争地で暮らす子どもたちに思いを馳せられたという。

末盛氏は10年前に岩手へと引っ越し、東日本大震災後には絵本を子どもたちに届けるプロジェクト「3・11 絵本プロジェクトいわて」を立ち上げた。皇后さまはお気に入りだった絵本を送ったり、盛岡での展覧会開催に貢献。天皇陛下とともに被災地へ訪問されている。末盛氏は「お務めを全うされ、安心して象徴のボタンをお渡しになるのを心より願っております」とコメント。

キーワード
でんでんむしのかなしみ
皇后さま
3・11 絵本プロジェクトいわて
国際児童図書評議会
日本国際児童図書評議会
まど・みちお
どうぶつたち
国際アンデルセン賞
天皇陛下
東日本大震災

エンディング (その他)
03:59~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 10月18日 放送
  3. 次回の放送