視点・論点 イスラエル建国70周年とパレスチナ問題

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年4月25日(水) 3:50~ 4:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
03:50~

オープニング映像。

イスラエル建国70周年とパレスチナ問題 (バラエティ/情報)
03:50~

防衛大学の立山良司名誉教授はイスラエルの独立はパレスチナ人にとって社会が崩壊し、多くの市民が難民となったことを意味し、イスラエルの独立記念日にあたる5月14日の翌日、パレスチナではナクバ(大破局)の日とされていると説明。さらに今年はアメリカがイスラエルにある大使館をエルサレム移転することを計画している。イスラエルは歓迎している一方、パレスチナ側は強く反発し、死傷者も出した。かつてアラブ諸国はパレスチナ解放を志向し、イスラエルと対決してきた。だが、サウジアラビアなど主要アラブ諸国はイスラエルとの関係拡大に注力していて、背景には中東で影響力を強めるイランの存在がある。さらにイスラエルのユダヤ人もパレスチナ人も和平への期待感を失いつつあり、世論調査によると殊にパレスチナ人はニ国家解決案に悲観的だという。アメリカがイスラエル寄りの姿勢を取ってきたことも和平プロセスの破綻の一因。

イスラエル支配地全域でのユダヤ人、パレスチナ人の推定人口の推移に注目すると、人口数ではパレスチナ人がユダヤ人を上回っているという。「産めよ増やせよ 地に満ちよ」という旧約聖書の言葉をパレスチナ人の方がより体現していることになる。予測データをめぐっては誤りだとする意見もあるなか、立山名誉教授は「約470万人のパレスチナ人が半世紀以上に渡って占領下に置かれていることは事実」と話す。イスラエルはこの70年間で素晴らしい発展を遂げ、同国の企業と提携する日本企業も存在する。その一方でパレスチナ問題は根強く、今後は人口問題を焦点に新しい様相を呈するという。

キーワード
防衛大学
パレスチナ問題
イスラエル
トランプ大統領
ムハンマド皇太子
エルサレム 問題
サウジアラビア
シリア
オスロ合意
ユダヤ人
ナクバの日
ユダヤ教
ガザ地区(パレスチナ暫定自地区)
ヨルダン川西岸(パレスチナ暫定自治区)

エンディング (その他)
03:59~

エンディング映像。

キャスト

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月25日 放送
  3. 次回の放送