視点・論点 修行の意味

視点・論点(してん・ろんてん)は、1991年10月から放送されている日本放送協会(NHK)のテレビニュース解説番組。NHKとしては公式にオピニオン番組として位置づけている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年4月13日(木) 4:20~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
04:20~

オープニング映像。

修行の意味 (バラエティ/情報)
04:20~

春は落語家志願の人も増える時期で話か希望の人が来ると語った。ただ落語界の場合には入社などとは違い入門なので修行ということになると伝えた。そのため修行について語ると立川談四楼は語った。最初は付き人をして業界のしきたりを教わる。それが終わると楽屋修行を行う。前座の仕事は色々と多い。大事なのはお茶くみで、これによって師匠の好みを知ることになる。こうしたことからコミュニケーションができるようになり、こういった積み重ねによって稽古に呼ばれることになると語った。自分の師匠だけのネタだとコピーになるので、色々な人から教わって自分独自のものを作ることになる。そして2つ目になると仕事が減り世間と戦うことになると語った。

真打ちになっても現在は安心することができない。今は真打ちだらけで、東京には約500人の落語家がいるがそのうち300人が真打ちという状態だと語った。そのため真打ちになったとしても修行は続くことになる。お客さんは修行をした人の落語を安心して聞きたいものなので、修行はある程度必要だと思うと語った。最低でも1年、できれば3年くらいは一生懸命打ち込むと、見えてくる景色が変わってくると伝えた。

キーワード
師匠!

エンディング (その他)
04:29~

エンディング映像と次回予告。この番組はNHKオンデマンドでも視聴できる。

キーワード
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月13日 放送
  3. 次回の放送